コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆【経営コンサルタントの独り言】  卜部兼好という人をご存知ですか? 215

2020-02-15 17:03:00 | 経営コンサルタントの独り言

【経営コンサルタントの独り言】  卜部兼好という人をご存知ですか? 215

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。

 

■ 卜部兼好という人をご存知ですか? 215

 徒然草を知らない人はいないでしょう。

 その作者の兼好法師もよく知られています。

 私達は、吉田兼好と呼んでいますが、俗名は卜部兼好だそうです。

「とべ」ではなく「うらべ」と読みます。

 

 某TV局のアナウンサー「水卜」さんは、本名は「みうら」さんですが、「ミトちゃん」の愛称で人気ですね。

 ですから「卜」は、カタカナの「ト」などと誤って読む人は少ないかもしれませんね。

 これは、失礼しました!!

 

(ドアノブ)

 

 【カシャリ! ひとり旅】を映像にして紹介しています。

   ユーチューブで見る

 

 

◆ ツイッターでのつぶやき 

konsarutanto

 

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】

 ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職

 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語

 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅

 


■【今日は何の日】 2月15日 吉田兼好 徒然草執筆だけではなく、ラブレターを代筆??

2020-02-15 13:10:14 | 今日は何の日

【今日は何の日】 2月15日 吉田兼好 徒然草執筆だけではなく、ラブレターを代筆??

 一年365日、毎日が何かの日です。

  季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。

  これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

■ 兼好忌  ラブレターの代筆??

 1350(正平5)年2月15日に、「徒然草」の作者として知られる吉田兼好(1283~1350)がなくなりました。ただし1352年にはまだ存命だったいう説もあるようです。

 通常「吉田兼好」と呼んでいますが、俗名は卜部兼好です。兼好の生家が京都吉田神社の神官をしていたことから、その子孫が吉田姓を名乗ったために「吉田兼好」という呼び名が広まったのです。

 兼好は、鎌倉時代末期の人で随筆だけではなく歌も作ったようです。

 兼好には、「ラブレター代筆事件」というのがあるそうです。
【Wikipedia】
足利幕府の執事高師直は、侍従という女房から塩冶高貞(塩谷判官)の妻が美人であると聞いて、急に恋心を起こし侍従に取り持ちを頼むが上手くいかない。いっそう思いを募らせた師直は「兼好とひける能書の遁世者」に艶書の代作をさせ、使者に届けさせる。しかし判官の妻は、その手紙を開けもせず庭に捨ててしまったので、師直は怒って兼好の屋敷への出入りを禁じてしまったのだという。


■ その他
◇ 全国緑化キャンペーン
◇ 涅槃会
◇ 高野山常薬会

(ドアノブ)

趣味・旅行のブログ

 


◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 鎌倉五山巡り 五山とは何か?

2020-02-15 12:03:00 | お節介焼き情報 カシャリ!一人旅

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 鎌倉五山巡り 五山とは何か?

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 

 鎌倉は、東京から1時間強で訪れることができる京都や奈良と並べられる古都です。

 東京にいながら、京都や奈良と比べてファンが少ないような気がします。

 その理由として、京都や奈良ほどには修学旅行生が行かないので、知名度が高まらないからでしょうか。

 しかし、訪れてみますと、立派な寺社が結構あります。

 光明寺は、鎌倉五山にはランクインしていませんが、七堂伽藍で、池泉式廻遊苑だけではなく、石庭もあります。池には、古代ハスもあり、その背景にはユニークな大聖堂も控えています。

 また、それ以外でも、「ひなびた」と言っては失礼かもしれませんが、再び行ってみたい寺社も多数あります。

 

 

 

 神奈川県鎌倉 

 カシャリ!一人旅 鎌倉トップページ 

 

 神奈川県鎌倉11 

 啓運寺 向福寺 妙長寺 元八幡 

 

 神奈川県鎌倉12 

 九品寺 五所神社 実相寺 来迎寺 

 

 神奈川県鎌倉13 

 光明寺 総門 山門 大殿 開山堂 庭園 石庭 
 連乗院 千手院

 

 神奈川県鎌倉14 

 補陀洛寺 長勝寺(概要 山門 本堂と前庭 法華堂) 

 

 神奈川県鎌倉15 

 安国論寺(山門・御法窟 熊王殿・御小庵 本堂御荼毘所) 

 

 神奈川県鎌倉16 

 妙法寺(山門 本堂 苔寺 鐘楼) 

 

 神奈川県鎌倉21 

 東慶寺(山門 本堂 本堂周辺 用堂女王墓) 

 

 神奈川県鎌倉22 

 浄智寺(山門 本堂・庫裏 七福神・布袋尊 仏殿・観音堂) 

 

 神奈川県鎌倉23 

 鎌ケ谷切通 薬王寺 岩舟地蔵堂 

 

 神奈川県鎌倉24 

 海蔵寺(山門・鐘楼 仏殿 庫裏 本堂 十六井戸) 

 

 神奈川県鎌倉25 

 浄光明寺(本堂 楊貴妃観音・不動堂・鐘楼) 

 

 神奈川県鎌倉26 

 英勝寺 寿福寺 

 


■【きょうの人】 0215 武田豊 一遍上人降誕会  本日、ゆかりの人をご紹介

2020-02-15 09:03:00 | 【きょうの人】

■【きょうの人】 0215 武田豊 一遍上人降誕会

 本日、ゆかりの人をご紹介します。

 そこに歴史や思想、人物、生き方などを感じ取っていただけると幸いです。

 

 武田豊

 たけだ ゆたか
 1914年1月6日-2004年2月15日

 日本を代表する実業家の一人で、新日本製鐵代表取締役会長、経済団体連合会副会長、日本鉄鋼連盟会長などを歴任した、宮城県高清水町の出身です。

 新日鉄社長時代に、急激な円高と鉄鋼不況に見舞われました。それに対応するため、1万9000人の人員削減と設備集約を柱とする、思い切った合理化を実施しました。

 日本の鉄鋼産業が、価格重視の後発国に淘汰されずに残った契機ともいえます。

 産業界での活動だけではなく、全国交通安全協会会長、日本野球連盟(社会人野球)会長などの要職を兼任して社会貢献もしています。

 女性職業財団理事として女性の職場進出を推進したり、あしなが育英会会長としても活躍されました。

 また、大脳生理学研究者としても知られ、著書に「自己開発法」があります。 

 

■ 一遍上人降誕会

 鎌倉時代中期の僧侶で、時宗の開祖です。

 延応元年(1239年)伊予国(ほぼ現在の愛媛県)の豪族、別府氏に生まれました。道後温泉の近くです。

 各地を行脚し、信濃国で踊り念仏を始め、民衆を極楽浄土へと導きました。踊り念仏は尊敬していた空也上人に倣ったものといわれています。

 正応2年(1289年)2月15日、享年51歳で摂津兵庫津の観音堂(後の真光寺)で没しました

【Wikipedia】 一遍(いっぺん)
 鎌倉時代中期の僧侶。時宗の開祖。「一遍」は房号で、法諱は「智真」。「一遍上人」、「遊行上人(ゆぎょうしょうにん)」、「捨聖(すてひじり)」と尊称される。近代における私諡号は「円照大師」、1940年に国家より「証誠大師」号を贈られた。俗名は河野時氏とも通秀、通尚ともいうが、定かでない。

 

◆ バックナンバー

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/c/b57a13cf0fc1c961c4f6eb02c2b84c9f

 


◆【話材】 昨日02/14のつぶやき ■【きょうの人】  西行 俗名:佐藤義清

2020-02-15 07:52:23 | ブログ

◆【話材】 昨日02/14のつぶやき ■【きょうの人】  西行 俗名:佐藤義清

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

毎日複数のつぶやきをブログでしています。

本日の【今日は何の日】も、つぶやき済ですので、そちらもどうぞ

  ■【今日は何の日】 2月15日 吉田兼好 徒然草執筆だけではなく、ラブレターを代筆??

晴れ b5

 ロウバイがおわりに近くなり、香りが弱くなってきました。

 白梅は今を盛りに咲き誇り、その絨毯の上を歩きました。

 

■ 昨日は、下記のリストのようなことをつぶやきました。

konsarutanto   昨日のつぶやき