コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆【経営コンサルタントの独り言】 費用対効果でコンサルティングを活かす A17

2019-10-17 17:03:00 | 経営コンサルタントの独り言

【経営コンサルタントの独り言】 費用対効果でコンサルティングを活かす A17

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。

 

■ 費用対効果でコンサルティングを活かす A17

 

 経営コンサルタントという職業を、胡散臭く思う人が結構いらっしゃいます。

 TVドラマの影響もありそうです。

 ドラマに出て来るコンサルタントというのは、悪者の仲間であったり、入れ知恵をしたり、自分がコンサルタントという立場を利用して悪いことをしたりするというストーリーが多いですね。

 一方、温泉旅館とかホテルをコンサルティングするシリーズドラマがあったり、コンサルタントが脇役で活躍したりするドラマもあります。

 前者の旅館やホテルのドラマで、あるシリーズ作が始まる前に、私のところに、そのようなコンサルタントを何と呼ぶのでしょうか、という相談がありました。

 コンサルタントを利用するには、高額なお金がかかるという誤解も結構蔓延しています。

 確かに、やすくはないですが、投資対効果を考えれば、ホンモノのコンサルタントならキチンと結果を出してくれるでしょう。

 また、契約のしかたで、費用を低く抑えることもできます。

 そのようなお話をブログで書いています。

  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/6c4eac81184f42e44a668e360d90f92a

ドアノブ)

 

◆ ツイッターでのつぶやき 

konsarutanto

 

【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】

 ◇ 経営コンサルタントへの近道・資格取得  ◇ コンサルタントバンク人材銀行  ◇ 経営コンサルタントになろう  ◇ 経営コンサルタントQ&A  ◇ 独立・起業/転職

 ◇ 心 de 経営  ◇ 経営マガジン  ◇ 経営コンサルタントの独り言  ◇ 経営四字熟語

 ◇ 杉浦日向子の江戸塾  ◇ ニュース・時代の読み方  ◇ 時代の読み方・総集編  ◇ 経営コンサルタントの本棚  ◇ 写真・旅行・趣味  ◇ お節介焼き情報  ◇ 知り得情報  ◇ 健康・環境  ◇ セミナー情報  ◇ カシャリ!一人旅

コメント

■【成功企業・元気な会社・頑張っている社長】 VR展示商談会システムで地方企業を支援 94179A17

2019-10-17 12:03:00 | 成功企業・元気な会社

■【成功企業・元気な会社・頑張っている社長】 VR展示商談会システムで地方企業を支援 94179A17

 経営コンサルタントを40年余やってきた経験から、すこしでも皆様のご参考になればとお届けしています。

 成功企業・元気な会社・頑張っている社長】は、皆様から寄せられたり、私が支援したり、見聞したりした企業の事例を紹介していますが、お陰様で、毎回拍手をいただいています。

 また、あなたのクライアント・顧問先やお知り合いの会社で、ここで紹介したい企業・団体等がありましたら、是非ご連絡ください。

■ VR展示商談会システムで地方企業を支援 94179A17

 

 セキュアロジック(横浜市青葉区)は、VR(バーチャルリアリティー=仮想現実)技術を駆使して都市部で開催する展示会への出展が困難な地方の企業が手軽に商品を展示できるだけでなく、来訪者との商談や商品閲覧のログを記録する機能も併せ持つシステムを開発し、インターネット上での展示商談会開催サービスを展開している。立体画像のパノラマVR技術で展示会場のイメージを再現しており、来訪者が展示会を疑似体験できる。パネル展示や商品陳列はもちろん、商品の360度回転や詳しい説明のポップアップ表示、デモ動画の再生、出展企業の商品購入サイトへのリンク、商品説明パンフレットのダウンロードも可能。ヘッドセットを使えば360度視野のバーチャル〝空間〟だって体験できる。

 

 出展企業がブースの作り方で困らないように、CG(コンピュータグラフィックス)で制作したテンプレートを複数用意し、商品に馴染むブースを選ぶだけで出展できるように配慮した。要望に応じてブースのデザイン変更も受け付ける。関連する企業やグループ企業がまとまって小規模展示会を開催できるなど出展の仕方に豊富なバリエーションを設けている。

 

 出展規模を制限していないため、クルーザーや大型ヨット、高額医療機器、ビンテージカーなどリアルな会場には持ち込みにくい商品を出展し、細部を詳しく紹介できる。リアルな展示会の会期は3日程度だが、バーチャル展示会だから会期を限定することなく誘客やアフターフォローも可能。工場や建設現場など危険が伴う場所や歴史的建造物の訪問、アーカイブ(記録保存)にも応用できるという。

 

 同社が中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(ものづくり補助金)を活用して制作したクラウド型展示会場のプラットフォームが同システムの原型になっている。システム利用にアプリケーションのインストールは不要。パソコンやスマートフォンで簡単にアクセスできる設計にしてある。

 

 日本には優れた技術や製品・サービスを持ちながら、拠点が地方にあるために都市部で開催される展示商談会への出展を諦めている中小企業・小規模事業者が少なくない。平井靖代表取締役は「インターネットサイトが乱立している昨今、企業が自力で情報を発信して集客することは困難だろう。当社の展示会システムは、出展が困難な企業に出展の機会を提供できる支援ツール。まだ知られていない企業の優れた技術や商品を当社のバーチャル展示会で広めたい」とシステムの開発目的を説明。展示会を主催している業界団体や運営事業者らとの共同事業を模索しており、中小企業の支援強化策も念頭に置いている。

 

  出典: e-中小企業ネットマガジン掲載承認規定に基づき作成

 

 
■ バックナンバー ←クリック
コメント

■【今日は何の日】 10月17日 神嘗祭 貯蓄の日

2019-10-17 09:35:55 | 今日は何の日

【今日は何の日】 10月17日 神嘗祭 貯蓄の日

 一年365日、毎日が何かの日です。  季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。  これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス】  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

■ 神嘗祭

 

 10月17日は、神嘗祭で、皇室の大祭の一つで、かつては祝日でした。五穀豊穣に対する感謝の念を込め、新米等を奉る儀式です。もともとは旧暦の9月に実施されていたのが収穫に真名あわないことから太陽暦のこの日に変更されました。

 労働の対価であるお米=お金を大切にするということから貯蓄の日として1952年に制定されました。

かつては世界に誇る日本の貯蓄率ですが、1970年代前半には25%近くあったモノが今日では5%にも及ばないと聞いています。日本人の個人投資先の多様化の流れもあるでしょうが、長期の収入源から貯蓄の取り崩しをやむなくされていることが響いているのかもしれませんね。

 1億総中産階級と言われた時代は、死語になりつつあるのでしょうか。誰もが最低限の一家団欒ができるようにありたいですね。

 

■ 貯蓄の日

 10月17日は「貯蓄の日」の日です。

 日本銀行貯蓄増強中央委員会(現在の金融広報中央委員会)が「勤労の収穫であるお金を大切にする」として、1952(昭和27)年に発足時に制定し、神嘗祭に因んで翌年から実施しました。

 1925年に、イタリアのミラノで国際貯蓄銀行協会加盟国が集まり、勤倹貯蓄会議が開催されました。地元のロンバルディ貯蓄銀行の提唱により、会議最終日の10月31日を「勤倹貯畜の日」と定めました。

 日本がこの協会に加盟したのは、1952年(昭和27年)です。日本の「貯蓄の日」は、日本独自の記念日です。

 Wikipediaによると新嘗祭は下記のように説明されています。

 新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。収穫祭にあたるもので、11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。

 「金融広報中央委員会」は、日銀内にあり、「知るぽると」というサイトを運営しています。同サイトは「くらしに役立つ身近な金融情報、お金に関する知識の情報サイト。知るぽるとの“ぽると”とは“港”、“入り口”です」と表題しています。

 

■ 【今日は何の日】その他

◇ 貯蓄の日

◇ 日光東照宮秋祭

◇ 方広寺奥山半僧坊大権現大祭

 

(ドアノブ)

趣味・旅行のブログ

 

 since 1951 特定非営利活動法人・日本経営士協会

【ブログ 経営コンサルタントの育成と資格付与】

 日本経営士協会は、特定非営利活動法人として内閣府による認証を受けた経営コンサルタント団体です。1951年に誕生し、経営コンサルタント育成と経営士・士補資格付与活動を1953年から積極的に行ってきている、日本で最初に設立され、約65年もの永きにわたりまして社会貢献をしてきています。  このブログは、主に次のような方々を対象に、時宜に即した情報を毎日、原則として複数本のブログをお届けしています。経営というのは、根底に流れいるものは、下記のいずれにも共通し、視点を変えるだけでそれを応用することができるという信念を基に、あえて三兎を追っています。

  ◇ 経営者・管理職の皆様   ◇ 経営コンサルタントを目指す人   ◇ プロの経営コンサルタント

 トップページ

 

◆ 経営コンサルタントへの道 ←クリック

コメント

◆【話材】 昨日のつぶやき 2019/10/16 采根譚 前集一 万古の凄涼を取ることなかれ

2019-10-17 07:29:33 | ブログ

◆【話材】 昨日のつぶやき 2019/10/16 采根譚  前集一 万古の凄涼を取ることなかれ

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

毎日複数のつぶやきをブログでしています。

昨日は、このようなことをつぶやきました。

本日の【今日は何の日】も、発行済ですので、そちらもどうぞ

  https://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/0c80e774c1e95e96533b88aa5a1b1f72

曇り b3

 つい先日、キンモクセイがどこからともなく香ってくると感じていましたが、花がほぼ咲ききったのか、香りが弱くなってきました。

 花の盛りが短いということでは、桜が代表的ですが、私は、キンモクセイは、その香りという点では桜より短い様に思えます。

 短期間に強い香りで自分をアッピールするキンモクセイの生き方も、強烈ですね。

 

■ 今日は何の日

 

17
神嘗祭 貯蓄の日
 
 10月17日は、神嘗祭で、皇室の大祭の一つで、かつては祝日でした。五穀豊穣に対する感謝の念を込め、新米等を奉る儀式です。もともとは旧暦の9月に実施されていたのが収穫に真名あわないことから太陽暦のこの日に変更されました。
 
 労働の対価であるお米=お金を大切にするということから貯蓄の日として1952年に制定されました。
 
かつては世界に誇る ・・・・・<続き

 

ドアノブ)

 

konsarutanto   昨日のつぶやき 

 

コメント