コンサルタントのためのコンサルタントが、長年の経験に基づき、経営やコンサルティングに関し、毎日複数のブログでお役立ち

戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本で最初にできた「経営士」資格付与と育成の経営コンサルタント団体

◆【今日は何の日 経営情報】 12月12日 バッテリーの日 あなたのアンテナ感度が高まる

2016-12-12 14:08:03 | 【経営マガジン】

◆【今日は何の日 経営情報】 12月12日 バッテリーの日 あなたのアンテナ感度が高まる

 【今日は何の日】は、ウェブサイトと連動して、関連情報やその他の情報も併せて【経営マガジン】としてお届けしています。

 そちらも併せてご覧下さると幸いです。

  http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html



    ※ 前日のマガジン ←クリック

 一年365日、毎日が何かの日です。
 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
 独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス
  
日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 ■ バッテリーの日

 1985(昭和60)年に「カーバッテリーの日」というのが日本蓄電池工業会(現在の電池工業会)により制定され、1991(平成3)年に「バッテリーの日」と改称されました。

 「バッテリー」という言葉は、電池を指すだけではなく野球でも使われます。
 
 ピッチャーを表す守備位置番号が「1」、バッテリーを組む相手方であるキャッチャーが「2」であることから、12月12日が選ばれました。
 
 
11 ■ 国際山岳デー(国際山の日) ・・・・・<続き
12 ■ 漢字の日・・・・・<続き
13 ■ うるしの日・・・・・<続き
14 ■ 義士祭(ぎしまつり) ・・・・・<続き
15 ■ 年賀郵便特別扱い開始・・・ なんとなく・・・・・<続き
16 ■ 電話創業の日・・・・・<続き
17 ■ 年の瀬・・・・・<続き
 
 
 
 
  ※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。


◇ 深夜発信 午前1時頃
今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信

◇ 早朝発信 午前7時頃
今日は何の日 経営マガジン
【今日は何の日】【映像に見る今日の話題】【一口情報】など、ビジネスに活かせる情報を満載したマガジン

◇ 午前発信 午前9時頃
経営コンサルタントの独り言】
 前日のつぶやきのトピックスから、その日の思いつきでひと言


◇ 正午発信 毎日異なったテーマでお届け
セミナー情報】 経営コンサルタントによるタイムリーなテーマ

◇ 気紛れ便
 日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。

 
 
 
 ◆ 外部ブレインを使いこなせない社長は引退せよ 2016/12/05

 技術革新は、ICT(IT)分野に限らず、あらゆる分野で行われています。

 それも革新のスピードはますます速くなってきています。

 その波に巧みに乗って成長している企業を見ますと、その視点の素晴らしさに感嘆します。

 しかし、そのような企業は一握りに過ぎません。

 多くの中小企業経営者・管理職とお話していますと、旧態依然としている人が多いのです。

「井の中の蛙」という言葉がありますが、企業内だけを見ている「内向き」な状態にいるようです。

 一人の人間では限界があります。

 社内だけの人材では充分に対応しきれません。

 例え有能な人材がいても、人間関係の難しさから、その人の力が充分に発揮されていないために機会損失を起こしてしまっていることも多々あります。

 外から風を入れてみましょう。

 風を入れることは、投資をしただけの価値があります。

 投資対効果の見合う風を入れることが契機となり、企業は、井の中の蛙ではいられなくなり、大きくジャンプすることができる可能性が出てきます。

 あなたの会社も、外からあなたの会社に即した風を入れてみませんか?

WEB版の経営マガジンは、内容が一層充実していますので、覗いてみてください。

  http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html

 
カシャリ!一人旅

ケイタイやスマホのカメラで撮影したものもありますので画質があまりよくありません。
私の限られた感性での写真ですので、たいした作品でもありません。
自分自身の作品を、自分のために整理したものです。

 都道府県別インデックス

 目的別概要付きインデックス

 

 ←クリック

  http://www.glomaconj.com/glomacontoha/glomaconkenkyukai.htm

  プロコンサルタントがあなたの登録をお待ちしています。

 

 経営者のための情報

 経営トップへの提言
 独立起業のABC
 経営トップ15訓
 経営戦略を考えるツボ - 時代の見方
 今日は何の日
 元気な会社・成功企業事例紹介
 経営四字熟語
 日本の名言、世界の名言
 経営者のための経営コンサルタントの選び方

 

コメント

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 最も奥の横川エリアへ行かれました?

2016-12-12 14:05:25 | 【カシャリ!ひとり旅】 京都

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 京都比叡山延暦寺 最も奥の横川エリアへ行かれました?

カメラ

 ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。

 それが【お節介焼き情報】です。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。

 下手の横好きで、旅に出たときにカシャリとシャッターを切った記録として【カシャリ!一人旅】をお届けしています。

新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

 京都へ修学旅行で行った人は、比叡山へ行かれたことがおありでしょう。私の経験では、根本中堂をバックに、階段のところで写真をとった記憶はありますが、それ以外、何も覚えていませんでした。

 その比叡山、山全体が延暦寺で、延暦寺というお寺はありません。

  私どもが観光として訪れる比叡山は、大きく3箇所に分かれています。比叡山観光の中心は、根本中堂のある「東堂(とうどう)」エリアですが、それだけではありません。それ以外に、西塔(さいとう)エリアと横川(よかわ)エリアとがあります

カメラ

比叡山 延暦寺 横川エリア


■■ 横川エリア


 比叡山の横川エリアは、比叡山の中でもロープウェイ山頂駅から見ると最も奥に位置します。東塔からは東海道自然歩道を使って徒歩で1時間半ほどの場所にあり、東塔から北へバスで15分強で着くことができます。

 第3世天台座主慈覚大師円仁が開祖で、遣唐使船をモデルとした舞台造りの本堂にあたる横川中堂を中心としています。そのほかには往生要集著者の源信僧都が隠居していたという恵心堂や、変わりダネとしては、おみくじの発祥の地や魔除けの角大師で有名な元三慈恵大師良源を祀っている四季講堂(元三大師堂)などがあります。

 親鸞や日蓮、道元、源信等が修行した地としても知られています。

 3年前は、残念ながら時間的に廻ることができませんでしたが、今回はロープウェイ山頂駅を降りてバス停からはまず横川まで移動しました。

 

京都 比叡山  横川の入口 

  横川の中心は横川中道ですが、根本如法塔や四季講堂(元三大師堂)、恵心堂などがあります。

 その入口は、バス停の端にありました。


バス停を降りますと売店があり、その奥に横川への門が見えます。
伝教大師千百五十年遠忌の祈念として昭和46年に復元されました。
清水寺に代表されます舞台作りの代表的な寺院のひとつで、
朱塗りがまだ新しく見えました。


横川中道を正面側を望む

 

  比叡山延暦寺横川エリア その他の写真  ←クリック

カメラ

 

 

コメント

◆【経営コンサルタントの独り言】12月12日(月) つぶやき改訂版 国際山岳デーに日本林業を思う

2016-12-12 10:58:20 | 経営コンサルタントの独り言

◆【経営コンサルタントの独り言】12月12日(月) つぶやき改訂版 国際山岳デーに日本林業を思う

晴れ 東京の最低気温は2℃

平素は、ご愛読をありがとうございます。

「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

富士山

◆ 国際山岳デーに日本林業を思う

 2003(平成15)年の国連総会で、12月11日が国際デーの一つである「国際山岳デー」として制定されました。

 その趣旨は「国際社会が山岳地域の環境保全と持続可能な開発について考える日」だそうです。

 国際山の日(International Mountain Day)とも呼ばれます。


 11月末に紅葉の比叡山に行ってまいりました。

 紅葉の真っ盛りでしたが、杉などの常緑針葉樹の中にある紅葉や黄葉は一段と映えます。

 日本は面積の70%が山地や森林であると聞きます。

 豊かな森林を持ち、かつ伝統的に木造建築を好んできたにも関わりませず、林業に国際競争力がありません。

 人件費が高いこともありますが、その背景には労働力不足と高齢化があります。

 一方、知恵を絞って林業や木材を新たなビジネスとして復活しようという動きもあります。

 例えば集合材があります。

 新国立競技場は、集合材などを使った木材での建築が建設されるようです。

 智慧というのは、絞れば絞るほど出てくるのですね。


  http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/7a9397f408c123ca8962a540866c4a1b

 

 

コメント

12月11日(日)のつぶやき

2016-12-12 09:57:43 | ブログ
コメント