初心者の老人です

75才になって初めてVISTAを始めました。

白黒テレビ受像機とカラーテレビ受像機

2017年07月23日 22時08分11秒 | Weblog


いつのまにか、テレビ放送は

全日カラー番組になりました

以前、カラー番組と白黒番組が

混じっていたときは

キレイに盛り付けられた料理や

素晴らしい夕景のモノクロ画面を指して

アナウンサーの

「カラーでお見せできないのが残念です!」の

常套句はなくなりました。



カラーテレビ受像機になって色彩は鮮やかに

再現されますが、白とか黒がキレイに見える

ようになりました。

私の居間にはしばらくカラー受像機とモノクロテレビ

を並べて見ていました

モノクロテレビの黒の描写は

あいまいな灰色に描写されて気に入りませんでした



カラーテレビ受像機の映像回路にいろいろ

改良が加えられたのでしょう。

黒や白の色調がよくなりました

画面で黒がしっかり黒に再生されることを

技術用語で「直流再生=ちょくりゅうさいせい」が

優れているといいます

白黒番組をカラーテレビ受像機で見た方が

黒が引き締まって見えるので、白黒テレビ受像機は

見なくなりました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュース取材にスポット露出計 | トップ | カラーテレビ放送、本格化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事