現実ブログ 「遺品が語る真実」 遺品整理ブログ
遺品整理屋は見た”天国へのお引越しのお手伝い” 孤独死 自殺 遺品整理 不用品 遺言 ・・キーパーズ




平屋の炊事場で、2週間ぶら下っていたのです。

2年前に、同居していたお母様が亡くなるまでは、兄弟が生活資金を補助していたのだそうですが、独りになってからは自立してくれと兄弟も相手にしなかったそうです。

58歳の独身男性の生活を、それぞれの世帯を持った兄弟が延々に生活の援助を出来る訳が有りません、自分で仕事をし生計を立てるのが普通です。

しかし、故人は結婚したこともなく生まれてからずっと母親の元を離れた事が無かった為、社会に出て勤める事すら出来なかった訳です。



そして10月の半ば、遂に自殺(縊死)してしまったのです。


お兄様の奥様は、しっかりしておられました。

「臭いがきついでしょ、すみませんね。」

「大丈夫ですよ、私たちのほうが慣れていますから。」

「作業日までに、もう少し片付けておきますので。」

「心配しないで下さい、そのままで構いませんから。」

「いいんですか?」

「それが仕事ですから!」

ここまでは、いつもの会話ですよね。。


それから奥様が話し出しました。

「2週間も経つと、外人のミイラみたいな顔になっていて本人かどうかなんて判らないんですよね」
「他人のような顔をしていましたので、少しショックは少なかったです。」
「2週間もよくぶら下っていましたよね、もう少しで千切れていたかもと警察が言っていましたけれど、その状態を見なくて済んでよかったですわ。」


さらに奥様は、昨晩の出来事を話されました。


「棺桶って言うのは、あまりしっかりと作られていないんですかね?」

「しっかり密閉されていませんでしたか?」

「朝までに、蛆虫が84匹出てきたんですよ。」

「どこから出てきたんですか?」

「蓋の隙間から、ポトポト・・と」

「主人が数えていたんです。」

「こんな場合は、蓋をしてガムテープなどで少なくとも外に出ないようにするはずなんですが・・」

別に怒っているわけでもなく、本当に不思議そうに私に質問されました。
私の管轄でもないのですが、思わず”すみません”って言いそうになりましたよ。

でも普通は出てこないようにするんですよね、”お葬儀屋さん?”


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


蛆の話も大変ですが。


やはり58歳にもなって自立が出来ず引きこもっている方々の余りの多さには、絶望感すら感じてしまいます。

本当にどうする事も出来なかったのでしょうか?

最終章で、引きこもり~自殺という最悪のシナリオは、10年以上前から判っていたのではないでしょうか・・

気付いてもどうしようもない事は、ありますけど・・・






コメント ( 30 ) | Trackback ( 0 )



« 勇気ある甥と... 隣の部屋との... »
 
コメント
 
 
 
葬儀屋より (フューネラル)
2006-10-30 20:00:45
毎回、大変なお仕事の様子が伝わり、死体を扱う御同業としても、頭が下がります。

ご遺体が、腐乱している場合、葬儀屋としてはまず、納体袋という、大きな黒いビニール袋を用意し、スッポリ繰るんでしっかりチャックをしてしまい、そのまま棺に入れ、上からドライアイスを置き、凍らして臭いを消すようにします。そこまですると、蛆虫が這い出す事は無いはずですが、今回の葬儀屋さんは、よほど、しまりの悪い棺を使用したのでしょうか?

どちらのせよ、引きこもり、孤独死、自殺、とあらためて他人事でない世の中になったと実感しています。

どのような、ご遺体になろうと、仏様には変わりなく

しっかり御骨にしてあげようと思い、毎回仕事についています。
 
 
 
58年かけて (蔭山(ゼンゾー))
2006-10-30 21:44:07
何だか58年かけた自殺という感じですね(引きこもり始めたのが何歳からだか分かりませんが)。
 
 
 
Unknown (ニートの娘を持つ母)
2006-10-30 23:52:59
娘がニートです。大学を中退して以来4年、職につかず、家事手伝いのまま、日々を過ごしています。

一向に仕事を見つけようとしない娘に、

『何でも良いから仕事を見つけて自立して欲しい』というと、

『お母さんだって、仕事にでてないくせに。専業主婦なんて、無職と同義語でしょ。人のこと言える立場?』

『でも…』

『うるさい! うるさい!! うるさい!!!』

耳をふさいでしまう娘の姿に、いったい、どうしてこんな事になってしまったのか、と心痛む毎日でした。

 家事全般は私よりもきちんとこなす娘ですので、本人がやる気にさえなれば、きっと何か仕事はあるはずなのですが。

家人にも、おまえが甘やかしたせいだ、と罵られ責められ、辛い思いでいっぱいでした。

どうしたら、やる気になってくれるだろう?

このままの状態でずっと年をとってしまったらどうしよう…。

堂々めぐりのような悩みを吹っ切る為に、思い切って、専業主婦の座は娘に明け渡し、自分が近くのスーパーでパートとして働く事にしました。

50にそろそろ手が届く自分です。

これから、家のことは全部あなたに任せるから。頼むわねと一方的に言い渡しました。娘はまったく返事をしませんでしたが。

初日、一日中立ち尽くめで、むくんだ足をひきずりながら家に帰ると、いつもは自分の分だけ作って食べてさっさと自室に引っ込む娘が、夕飯を用意して待っていてくれました。

娘がニートなのは相変わらずですが、自分と一日中顔をあわせれば言い争いばかりしていたころから見ると、少し関係が変わってきたように思います。

このままではいけないのは百も承知ですが。

ずるずる問題を先延ばしにしたら、このブログの故人のように悲惨な未来が待っているかもしれない。

将来に漠然とした不安を抱きながら、今日もパートに出かける愚かな母親です。

 でも、内心では、いつかきっと娘が自分の足で歩き出す日が来る事を信じています。

 根拠のない希望を持つ愚かな母をどうぞお笑いください。
 
 
 
横レス失礼します (名無し)
2006-10-31 00:44:07
>ニートの娘さんをもつお母様

まさかお小遣いをあげたりしていませんよね?

電気ガス水道もろもろの引落を止めて、娘さんを残して全員で出ていくのが、部屋を与えて追い出すより効くらしいです。

もちろん生活費なんて渡してはダメです。



管理人様、お邪魔しました。
 
 
 
すみません、横レスです。 (ジャイ子)
2006-10-31 10:33:57
ニートの娘を持つ母さんへ

貴女さまの決断と行動は、間違っていないと思います。
自立して欲しいと百遍言うよりも、お嬢様の心に響くのではないかと思いました。
また、その決断をなさるのには、貴女さまご自身、相当迷い悩んだことと思います。
本来なら悩みを共有すべき家人に罵られるなんて、どんなにか苦しいことか。
ご自分を責めないでください。貴女さまのせいではないはずです。
貴女さまが外の世界で懸命に働き、また、家族(お嬢さま)を守るため・輝かせるために必死になっている姿を、お嬢さまは必ず見てくれるでしょう。そして、ご自分も外の世界と再び繋がりを持つ日がくるはず。
「根拠のない希望」などでは決してありません!
ひとは「情」によって動くと私は信じています。

貴女さまより、ひとまわりも下の若輩者でありながら、生意気なことを申しました。
でも、貴女さまの努力が実る日が一日も早く来ることを祈っています。

キーパーズさん、勝手な横レス申し訳ありませんでした。
 
 
 
未来 ((-_-))
2006-10-31 10:48:12
高卒して19からひきこもりになって今30歳だけど
俺の未来はこうなのか・・・
今回の人は58歳まで1回もまともに働いたことないのかなぁ
 
 
 
(フューネラル)さま (管理人)
2006-10-31 13:05:46
参考なコメント有難う御座います。

棺から蛆は、まずいですよね。

どんな人でも、故人のご供養はしっかりしてあげたいですよね。

お互いに頑張りましょう!
 
 
 
(蔭山(ゼンゾー))さま (管理人)
2006-10-31 13:07:17
そういう事にもなっちゃいますよね。。

引きこもりは、本当に難しい問題ですね。
 
 
 
(ニートの娘を持つ母)さま (管理人)
2006-10-31 13:12:19
こんにちは。

お話を聞いているだけですが、娘さんは問題視されているニートではないような気がします。

優しさや、お母さんの事を客観的に見ることは出来ているのではないでしょうか?

今のようにお母様が積極的に行動されている姿を見せていれば、いつか気付いてくれるようになると思いますよ。。

頑張りましょう!
 
 
 
(名無し)さん (管理人)
2006-10-31 13:14:27
こんにちは。

おっしゃることも一理ありますね。

私は、もしかしたらそういう行動も選択するかも知れません。

今後とも皆様の参考になるアドバイスを宜しくお願いいたします。
 
 
 
(ジャイ子)さま (管理人)
2006-10-31 13:17:03
同感です!

>ひとは「情」によって動くと私は信じています

この言葉を信じて生きたいですよね!

ありがたい横レスどうもです。。
 
 
 
((-_-))さん (管理人)
2006-10-31 13:28:28
こんにちは。

仕事も面白い事いっぱい有りますよ。
お金払っていくわけじゃないんだから、一度働いてみてもいいかもですよ!

今回の人のことはそこまで詳しく聞けなかったけれど、少しはバイトなりをしていたようですよ。

じっとしているとしんどくないですか?

私は、じっとしていられない性格なので・・

不思議です。。
 
 
 
弟の話かと思ってしまいました (わのくぅ)
2006-10-31 17:39:14
またこんにちは。
今日の話はうちの弟のことかと思ったくらいでした。
うちの弟は48歳なので、まだあと10年ありますが、すでに2年働いていません。
親が相次いで死に、そのあと私に生活を依存しつつ、アルコール依存症でもあり、借金ぐせもあり、部屋に一日こもって、ゲームやDVD観賞、エロサイト渉猟、アダルトチャットに明け暮れていました。そしてお定まりのゴミ部屋。。
地獄でした。
きっかけをつかんで、お金を都合しマンションを買わせ、出て行ってもらいました。
引っ越しの前後で、8畳間から45Lゴミ袋200個ほど出て、まだ家具など残っています。

まだ、働き始めたという情報は入りません。
電気ガス水道も止められた部屋で、オタクの弟がいったい何をして過ごしているのか・・・
自立をうながすために、こういうことにしました。それしか方法がありませんでした。
追い詰められれば働くんじゃないかと。
安いマンションを買って、余ったお金で派手に女遊びをして使い果たしたらしいです。

ほんとに今、何をしているのか・・・・
立ち直る可能性があるのか・・・・・・
でももう、どうなろうと、これ以上心配することもできません。。。
 
 
 
Unknown (ニー子)
2006-10-31 18:13:19
ニートの娘を持つ母さんへ

私も横レスで、すみません。
私もニートの娘を持つ母さんの娘さんと同じように、大学を途中でやめてしまって
ちょっとの間、家事手伝いという名のニートになっていたことがありました。

私のことなので、ニートの娘を持つ母さんの娘さんとは違うかもしれませんが
私の場合は、やはりニートの時はとても心苦しい毎日を送っておりました。
親の前では、無視したり強がったりしていましたが
やっぱり世の中に置いてかれている、友達がどんどん前に進んでいる
などという気持ちで、どんどん自分を追い込んでしまいました。

私の場合は結局、母親が強引に近所のアルバイトを探してきてくれて
親の前ではイヤイヤながら働き始めることにしました。
それが転機となり、今ではきちんとした会社で正社員としてずっと働いています。

ニートの娘を持つ母さんの娘さんは、私と違って家事がとてもできる方のようですし
家事という、ちゃんとした役割を与えてもらえて、きっと今はイキイキとその仕事をしていると思います。
それに、そのことが転機となって、きっときちんとした社会人になっていくと思います。

親が子供を甘やかすのと、言いなりになるということは、大きく違うと思います。
ニートの娘を持つ母さんの娘さんは、きっと今、母親に甘えていたいのだと思います。
そして、十分それを感じられたとき、きっと素敵な社会人になってくれると思います。
あまり悲観的にならないで、娘さんを信じてあげてください。

私もまだまだ子供で、そんなに偉そうなこと言えないのに
長々と書いてしまってすみません。

ブログ、いつも読ませていただいております。
これからもお仕事、がんばってください。
 
 
 
Unknown (ニートの娘を持つ母)
2006-10-31 22:18:38
管理人様、名無し様、ジャイ子様、親身なアドバイスを有難うございました。
皆様の下さったレス、涙が出るほど嬉しかったです。ぜひ、参考にさせて頂いて、これからの娘との関係を前向きに築きあげていくつもりです。
皆様、本当に有難うございました。
 
 
 
週刊朝日 (じゅん)
2006-10-31 23:33:26
お疲れさまです。
電車の中の広告を見ていましたら”遺品整理屋さんは見た!”を見つけ、週刊朝日買って帰りました。

身内だけでなく、
先をしっかりみず、事件にならなければ動かない&適正判断が出来ない役所人間や警察の方もいますし、孤独死など皆が考えなければですよね。。。
 
 
 
(わのくぅ) (管理人)
2006-11-01 09:46:08
コメント有難う御座います。

そこまでしてあげれば、後は本人に任すしかないでしょう。

しかし、絶対に甘えは禁物です。

彼は、まだ何とかしてくれるんじゃないかと言う気持ちを持っているんだと思いますよ。

私は、最悪の場合本人がそんな事ならば孤独死しても仕方ないと思いますが、ご近所や遺族に迷惑がかかるのでそんな身勝手な死は困るのです。

縁起でもないことを言いまして申し訳有りませんでした。

 
 
 
(ニー子)さん (管理人)
2006-11-01 09:50:49
アドバイス有難う御座います。

そうですね、今娘さんはお母さんの愛情を求めているのかも知れませんね。

これからも宜しくお願いいたします。



 
 
 
(じゅん)さん (管理人)
2006-11-01 09:54:00
有難う御座います。

私もまだ雑誌は直接読んでいませんが・・

電車の中刷りに出ていたんですか!

それはすごい!

ご連絡有難う御座います。
 
 
 
さっき電話で・・・ (わのくぅ)
2006-11-01 19:04:06
こんばんは。
お返事ありがとうございました。
ほんとに、あとは本人次第・・・・
で、さきほど、待っていた連絡が入ったのです。
弟は、なんと2-3日前、東京に働きにいったそうです!!
今回は3ヶ月の短期だそうで、そのあとどうなるのか、いつまで続くのか、まったくわかりませんが、とにかくにこにこと発ったのだそうです。
いい方に期待しつつ、少しでも信じられる部分は信じて、本人がしっかりなるのをじっとまとうと思います。
今日はうれし涙でびしょびしょです。
ほんとにありがとうございました。
 
 
 
私は所謂ニートなのですが (きゃい)
2006-11-02 13:04:45
わのくぅ様のニュース、大変ほっとした思いでお聞きしました。信じる気持ちは、とてもプラスに働くと思います。

所謂とつけたのは訳があります。
一度、「ニートっていうな!」という新書を読んでみてください。今のニート定義や、ニート問題が、どんなふうに扱われているかわかっていただけると思います。
このサイトは大好きなのですが、ニート問題についてかかれるときだけ、違和感を感じます。

私自身、30代で定義ではニートです。就職していた年数は短いですし、実家で暮らしています。家族との仲は良いです。両親が私を甘やかしているとも感じません。現在は語学の勉強をかね、語学ボランティアをしています。翻訳には文化の裏づけがいるので、とにかく多くの国の方とふれあいたく、しばらくはこのままボランティアを続けていくつもりです。何を職にしていこうかと決めるまで、数年かかりました。けれど、それは有意義な数年だったと言えます。その数年に、社会から落ちこぼれる、先行きが……と、私を責めずに信じて考える時間をくれた両親に感謝しています。

私のように、会社で体を壊し、退職して療養中でも、友人のように、留学の為に語学を独学で学んでいても、歌手になるために頑張っていても、大学で教育に疑問を持ち、ボランティアに精を出しても、そもそも、進路のために数年、迷っていても(オウム事件で理系の優秀な学生が多く関わっていた際、理系大学のカリキュラムの厳しさが取り上げられ、比較的ゆっくり書籍で思想にふれ、友人と遊ぶことのできる文系カリキュラムが人間性を育てたという話を覚えてらっしゃいますでしょうか? 数年、人生に迷う時期は許されないのでしょうか?)、「だめな人間」としてニートって呼ぶのが今の世間です。

そもそも、「働かない人間には価値が無い」という考え方の恐ろしさを知ってください。ニートの心が問題とされますが、働かない・働けない人間を見下す心はもっと恐ろしいと思うのです。

また、ひきこもりのいくつかの例は、その後ろに病があります。治療で治るものが心の問題、家族のせい、とされるのにも、いつも恐ろしさを感じます。
社会問題を作り上げ、そのたびにゲームのせい、教育のせい、家族のせい、と、自分の主張を繰り返すチャンスだと考える学者達こそ断罪されるべきです。(一度、彼らが他の問題でも同じことを語っていないか、チェックしてほしいです。自閉症が先天性障害と医学的に判明した後も、家族のせい、母のせいだといいつづけ、家族を地獄に追いやった人が何人いたかも!)

人は、世間が言うほど、悪くなってはいません。貴方や貴方のご家族が迷う数年、あるいは、他人には足踏みにしか見えない数年か十年を取り上げて、ニートだと今、騒がれている側面もあります。どうか、長い目で、心穏やかに見てください。長文を横から失礼いたしました。
 
 
 
(わのくぅ)さま (管理人)
2006-11-02 19:27:55
良かったですね!

信じてあげましょうね。

信じる事から始まるのだと思いますよ。

弟さまも分ってくれているのかも知れませんね。
 
 
 
(きゃい)さま (管理人)
2006-11-02 19:52:24
おっしゃることは良くわかります。

ニートの解釈は、それぞれの問題であり内閣府や厚生労働省の定義も一つの考え方だと思うしかないですね。

私が思うのには、延々とそのままの状態では良くないのではないかという事ですね。
自分の意思を持ってニートと言われるような生活をし、回りの方が納得して下さればOKです。

また、絶対数が余りに多いと社会的に労働者不足にもなるでしょう、仕方の無い事なのか何かしないといけないのかは、それぞれで判断してください。

ここにコメントを下さる方々の中には、ニートといわれる家族によって精神的なダメージを受けている方もおられます、ニートもいいですが自分以外の人間に継続的な迷惑を掛けているのだとしたら改善すべきでしょう。

それが出来ないから悩んでいるニートの方。
世間はそんなに冷たいものではないですよ、自分から声を上げてください、きっと協力者が出てくれます。
諦めずに頑張りましょうね。。

きゃい様
コメント有難う御座いました。
このようなコメントを通じて皆さんが、問題意識を持って取り組めればブログの管理人としては幸いです。

今後とも宜しくお願いいたします。

 
 
 
Unknown (きゃい)
2006-11-03 01:20:14
ニートが多いのかは、個人問題ではなく、社会の経済問題だと言うのはあたりまえですね。ただ、この問題は個人の心の問題ではなく、経済システムの問題でもあります。その責任が、あまりに個人に押し付けられているアンバランスさを感じます。

精神的負担は、誰が作り出すものなのかも考えないといけないと思います。悩む時期や、就労しない時期もある、と考えることが許されない世間の目や社会も、精神的負担を作っているのではないでしょうか。元凶たるニートがいるからそんなことを言われるんだ!と仰る方もいるでしょうけれど、すべては受け止め方に過ぎません。そもそも、人生の歩み方など全く個人差があることのはずなのに、何故そこまで立ち入られなければならないか、そこから問いたくさえあります。
高校中退から数年後に大検を受け、現在大学院にいる人も、大学中退から留学し海外で就職した人も、高校中退から数年引きこもった末に就職し、現在管理職にいる人も、私の知っている中にはたくさんいます。その一時期の悩みや挫折を取り上げて、悲惨だ、と言うことが、最近はやたら多いと思うのです。

管理人様はお仕事の関係上、自殺を選ばざるを得なかった方や、ゴミ屋敷を作ってしまった方など、ニート(や、ニート以外の人々)がたどるもっとも悲惨な、最悪なコースを見ることが多いのだと思います。けれど、そのコースから外れて、ひとつの時期を終え、社会に出て行く人も多いですよ。そういうケースとは、出会っても気づかないと思うんですが……

どうか、管理人様も皆様も、その最悪だけに目を向けないようしてくださいね。先に絶望してはいけないです。今は真っ暗に見えても、いつどこで明かりがつくかわかんないんですし。
 
 
 
お願い (ohio1982oh)
2006-11-26 14:02:31
はじめまして。

コメントするのは初めてだと思いますが、記事はほとんど読ませていただいています。

実は、わたしのブログでこちらを紹介したところ、外国人の方で「大変興味があるが、あまり日本語が得意ではないので内容を英語に訳してほしい」と頼まれました。
わたしは英語の勉強のためにブログをしているので、翻訳した英文をわたしのブログにアップしたいのですが、よろしいでしょうか。
翻訳する記事はこの記事「ついに自立できなかった」だけです。

本を出版(おめでとうございます!)されている方でもあり、いろいろと制約があるかと思いますが、お願いします。
 
 
 
(ohio1982oh)さま (管理人)
2006-11-26 15:36:17
こんにちは。

皆さんにご興味を持っていただけて光栄です。

今回のご希望の記事、翻訳掲載していただいても結構ですよ。

私のブログなので問題はないと思いますが、その点につきましては素人ですのでわかりませんが、何か問題が有るようでしたらご連絡します、その時は宜しくお願いいたします。

 
 
 
ありがとうございます。 (ohio1982oh)
2006-11-26 22:03:52
ありがとうございます。

うまく翻訳できるかわかりませんが、すこしでもこちらのブログの雰囲気が伝わるようにがんばります。

これからも注目しています。
がんばってくださいね。
 
 
 
弟がニート (堂々)
2006-12-02 04:46:07
10歳下の43の弟がニートです。高校中退以来、一度も働いたことがありません。精神科に通い、障害年金を貰いながら父母と気楽に過ごしていました。
母は10年前に亡くなり、父も65で認知症+病気で老健に入院中です。
弟が父のお金と年金を握っており、年金で払ってるとの説明でしたが、病院から連絡があり入院費が半年以上滞納している、出ていって欲しいとのこと。
驚いて私たちの貯金で払い、弟に連絡しましたが、いつ行ってもいないと思ったら、なんとホテル暮らしをしながら、豪華旅行とパチンコ外食で2000万以上あった(これは後で通帳で知りました)父の貯金を使い果たし、年金も全部引き落として生活していたのです。
私が家に入ることを嫌がり、ゴミ屋敷状態。苦情も私に来るし、親戚は何で弟にお金を持たせたと言いますが、大柄で力もあるので、太刀打ちできません。
今は精神病院にずっと入院中ですが、父の入院費に加え弟の病院代の請求がきて参ってます。
父母も弟に何かあったら本人が困るだけだからと、暢気にしていたので、私の方が困ってます。
途中で決めました。父はともかく弟にはもう一生会うつもりはありません。死んで欲しいと皆が思ってます。
 
 
 
(堂々)さま (管理人)
2006-12-02 23:08:17
こんばんは。

本当に、御苦労されておられると思います。

このような現実が少しでも減少する時代が来る事を願うばかりです。


 
 
 
本、読みました (ジロー)
2006-12-25 02:37:13
大変なお仕事、ご苦労様です。

本を買い、ブログのタイトルを知り立ち寄りました
この本を読んでいると、自分の末路が見えて来るようで…
困ってしまいます。

「死ぬ時は綺麗に」と自分に言い聞かせました。

いつか、この本の事を自分のブログで、
とても中途半端ですが、取り上げたいと思います、
宜しいでしょうか。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。