現実ブログ 「遺品が語る真実」 遺品整理ブログ
遺品整理屋は見た”天国へのお引越しのお手伝い” 孤独死 自殺 遺品整理 不用品 遺言 ・・キーパーズ




最近は、メディアのゴミ屋敷の話題も落ち着いてきたように感じますが「片付けられない人たちは確実に増えていっています。

自覚症状の無い方も当然多く、まさか自分がなんて思っている人も多いのです。

”ゴミマンション” < ”ぷちゴミ部屋”

ゴミ屋敷には”ぷち”はありませんそんな可愛いものはゴミ屋敷とは言いませんから!

ぷちゴミマンションは、至る所に発生しています。

雑誌が山のように・・・・・・・・・・・・・・!
床上、20cmまでなら何とか”ぷち”の仲間に入れますがそれ以上を超えると本格的なゴミマンションの仲間入りです。


私のお客さんでぷちゴミマンションから進化してしまった方や変な習慣がついた方が大変多くなって来ました、いわゆるリピーターさんです。

ある東京の女性(20代)の方は年に4回もご依頼が有ったのです。
?と思われるかも知れませんが、3回は同じ部屋です4回目は引越した先で2ヶ月目でアウトになりました。
一応2回目以降はぷちゴミ部屋なんですが。

4回目に私は聞きました、私がお手伝いしてから以降ゴミの処分日には何回ぐらい出されましたか?と・・・・

すると
「生ゴミは10日に1回は出していましたが、分別ゴミは出していません」
「だって分けるのは面倒だし、一杯になったらおたくに電話したらやってくれるじゃないですか!」

・・・・・・・と言う事でした。

お仕事ですので有り難いのですが、なにか複雑な心境ですね。

分別が複雑化になっていく事は、人間がどんどん楽するようになった時代に反比例している訳でニートな若者が増えていく中、結構まずい状況に有ることを知って何とか対策を立てていかないといけませんね。



ちなみに、完全にゴミマンションから抜け出した方も沢山おられます。
こんな方が自らの経験を語ってくれれば有りがたいのですが。
どなたかおられませんでしょうか?





コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 少子化社会に... 13階の自殺現場 »
 
コメント
 
 
 
はじめまして!! (らん)
2006-01-12 02:05:05
TBありがとうございました。

実は、お姑さんが、掃除できない人です。

物が捨てられないみたいで、なんでもとっておくから、どこもかしこも物であふれてます。

主人は、「母は、少しでも空間をみつけると、埋めたくなるんだよ」と言ってました。

子供の時、物がない時代に育ったから、物で周りを埋め尽くすことで、満足感が得られるみたいです。

若い方の単に面倒とか無気力さと比べると、正反対のような気もします。
 
 
 
はじめまして (さくら)
2006-01-12 18:54:27
TBを頂いて、訪問させていただきました。

大変なお仕事ですね。

興味深く拝見いたしました。

どうぞ頑張って下さい。
 
 
 
ありがとうございます。 (管理人)
2006-01-12 21:32:12
さくらさんご連絡ありがとうございます。

頑張りますのでたまには遊びに来てやってください。
 
 
 
はじめまして (ねるねんこ)
2006-01-23 21:22:37
TB有り難うございます。

かたずけられない方々の話、以前TVで見てびっくりしました。自分ではちょっと考えられませんが、そういう人もいるんだなあ、と。大変でしょうがお仕事頑張って下さい。
 
 
 
はじめまして。 (善射)
2006-05-30 06:14:21
TBありがとうございます。

片付けという科目を小学校から大学まで

科目として設定したらどうかなぁと思うこの頃です。

でも結局高偏差値の家の子が高得点とりそう。



お仕事がんばってください。
 
 
 
トラバありがとうございます(^^♪ (MIDORI)
2006-05-30 08:23:57
最初は何事かとびっくりしましたが、私の記事を見つけてくださってありがとうございました(*^_^*)もうひとつ、最近私の身の回りでゴミ屋敷騒ぎがあり、そちらは完全なゴミ屋敷!大家さんから退去勧告も出ています。私はなんとか(?)そうならずに暮らしています☆彡
 
 
 
(善射)さま (管理人)
2006-05-30 08:40:42
なるほどです。。

実際に学校で清掃は行っているはずなんですが、時間と生活の自己管理ができない方が社会に出ると難しいようですね
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。