キープ自然学校の子どもキャンプ「やま もりキャンプ」

標高1350mの清里高原を舞台に、森で、牧場で、渓谷で育つ子どもたちの世界を、少しずつお伝えしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やまもりキャンプ報告2019年度第2回(2019.6.8~9)

2019年06月10日 | キャンプ日記

 

                     

1日目:68日(土)】

 

2019年度、2回目のやまもりキャンプが開催されました。

テーマは「めざせ!牛はかせ!」。

牛のお世話をしたり、牛のことを調べたり、牛づくしの2日間です。

清里高原も初夏をむかえ、心地よいお日様をあびて、キャンプがはじまりました。

 

一日目、さっそく牛に会いに出発!

 

まずは、牛への草やり。

この日はまだお母さんになる前の「育成牛」と、妊娠中の牛「乾乳牛」たちに草をあげました。

 

牛は刈り立ての緑の草が大好き。

気持ちのいいほどモグモグ草を食べてくれる牛に、

子どもたちも一生懸命草をあげました。

 

草をあげ終えたら、今度は牛の身体測定のはじまりです。

子どもたちは、「牛かんさつシート」を手に、

体長や体温など測った結果を熱心に記録を取っていました。

 

体温をはかると、なんと39.5度!

牛の平均体温は38.5度と言われていますが、実はこれには訳がありました。

今回身体測定させてもらった牛(NO,644:ななこちゃん)は、出産予定日が612日。

元農場スタッフのなべっちによると、これは体調不良のでは?…とのこと。

無事にあかちゃんが生まれますように♪

 

あっという間に時間はすぎて、自然学校に戻って夕ごはんを食べたら、

ヤマネの部屋で「牛をもっと知ろう!」の時間。

 

実物を交えて、牛の食べるエサのこと、写真スライドで牛の一生や体の仕組みについて紹介しました。

子どもたちは知っていることを教えてくれたり、考えてみたり、

時に「これってなんでなの~?」と様々な疑問をぶつけてくれました。

 

明日は5時起きです。

お風呂に入ったら、今日はお休みなさい♪

 

2日目:69日(日)】

2日目、外はまだ少し薄暗い中、5時に起床していざ牧場に出発です。

朝から少し雨も降っていましたが、ひんやりして体を動かすには、気持ちのいい気候です!

 

牛舎に到着すると、牛は出発はまだかと牛舎のゲート前にすでに集まっていました。

子どもたちも準備ができたら、放牧に連れていきます。

 

真っすぐ放牧地まで進む牛もいれば、道草を食いながらのんびり歩く牛もいます。

そんな時には、牛のおしりをペチペチと愛情込めてたたいて

「こっちだよ、いくよ!」と声をかけます。

怖がってしまう子もいましたが、それも当然。

こんなに大きな生きものが、一度にたくさん移動するのを、目の当たりにすることなんて滅多にありません。

 

無事に牛を放牧地まで連れていくと、ふれあいタイムのはじまりです。

「僕この牛がお気に入り~♪」と一頭一頭の違いを見分け、

より好きな牛を見つけていた子もたくさんいました。

 

牧草地では、休みなく草を食べる牛たち。

子どもたちもさあ、自然学校に戻って朝ごはんの時間です。

 

朝ごはんの後は、牛たちのお昼ご飯のためによつ葉広場で草刈り。

刈ってみると「何これ、たのしい~♪」と草刈り面白さに目覚めた子どももいたようです。

よつ場広場と呼んでいるこの場所。

近頃オオバコや牧草が元気すぎて、クローバーが少し減少ぎみなんです。

子どもたちの頑張りによって、少しでもクローバーが増えますように♪

 

草を刈ったら、牛をむかえ(集牧)にいきます。

「おーい、帰るよ~!」と呼ぶ前に、

放牧地近くに到着すると人の気配に気づいたのか、

深い霧の向こう側からドス・ドス・ドスと牛がやってきました。

 

ゲートを開放すると、勢いよく牛舎まで帰る牛たち!

日々のリズムで、牛舎にエサがあることを分かっているため、一目散にすすみます。

子どもたちもお気に入りの牛を探しながら、牛舎まで戻りました。

 

牛舎へ到着すると、朝ごはん後に刈り取った草を牛にあげました。

刈りたての草に、牛も「待ってました」と言わんばかりに、

ムシャムシャ草を食べていました。

 

 

最後はお楽しみの乳しぼり。

子どもたちは、お乳に触れてみると「あったかーい」などの声もあり、

牛の体温を肌で感じていたようでした。

 

今回は朝早くからの様々体験で様々なことをしましたが、あっという間の2日間でした。

子どもたちに感想を聞いてみると「牛飼いは楽しかったけど、うんちは臭かった。」と話す子もいました。

楽しいだけの体験は、時に忘れてしまうこともありますが、

五感を使ったリアリティある体験は、きっと子どもたちの心と体に刻まれたのではないかと思います。

期間中は子どもたちから牛へ、やさしい声掛けもたくさん見られたことが印象的でした。

いつまでも命に対しての慈しみをもち、このまんま育ってほしいと心からそう思いました。

 

かんちゃん

 

ここに載せきれなかった写真は、こちらのページに入っています。

アルバムをご覧になるには共通のパスワードが必要で、参加者にのみお知らせしています。

パスワードはこれまでと同じく、[こうかんノート]と[事前資料]に記載されておりますので、

ご不明な点は、キープ自然学校(gakko@keep.or.jp)までお問い合わせください。


2019年度より、写真閲覧サイトが変更になりました。

旧サイト:コイデカメラの写真閲覧サイトサービス終了にともない、

新サイト:NIKON IMAGE SPACEに移行させていただきます。

 

※閲覧方法は今まで通り、やまもりブログ内にあるリンクから閲覧サイトに入り、

 パスワードは、同様に【こうかんノート】に記載されているものをご利用ください。

 

※コイデカメラのマイフォトボックス内に保存されている写真につきましては、

 8月末日をもって閲覧することができなくなってしまいます。

 どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

2018年度第7回やまもりキャンプ写真につきましては、

 NIKON IMAGE SPACEにて閲覧ができるよう、設定しました。

 大変お待たせしまして、申し訳ござません。

 

NIKON IMAGE SPACEにて、閲覧することができる写真の

 保存期間は1年間とさせていただきますので、ご了承ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« やまもりキャンプ報告2019年... | トップ | やまもりキャンプ報告2019年... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンプ日記」カテゴリの最新記事