キープ自然学校の子どもキャンプ「やま もりキャンプ」

標高1350mの清里高原を舞台に、森で、牧場で、渓谷で育つ子どもたちの世界を、少しずつお伝えしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やまもりキャンプ報告2019年度第3回(2019.8.20~22)

2019年09月02日 | キャンプ日記

                                             

【1日目】

今回のテーマは、「渓谷トレッキング ~秋のはじまり編」。

森では、まさに「秋のはじまり」を告げるかのように

栗やドングリ、サルナシなどが実り始めました。

初日の午後、さっそく森へ出かけます。

はじまりの会では、ドキドキ緊張している様子の子どももいましたが、

森へ出ると表情が和らいできたようでした。

こちらではササ舟大会!

はじめに作れた子どもが先生役となり、作り方をみんなに教えてくれました。

一方で、「川のはじまり」を探しに探検のグループも!

川をさかのぼるとササ藪やぬかるみもたくさんありました。

バランスを取りつつ、どんな場所が通りやすいか考えながら歩きました。

川の始点に到着すると、「ここから海につながっていくんだね。」ということを共有しました。

 水生昆虫探しやクラフトなど、思い思いの時間を過ごしました。

あっという間に時間はすぎて、夕食タイム♪

ハリスホールへ戻りました。

夕食後は、ナイトハイクへ出かけました。

ハリスホールから歩いてすぐのケネディグラウンドへ行くと、

そこでは、ホタルに遭遇!

灯りを消した暗闇の中を飛ぶ、柔らかなホタルの灯りに

みんなの目は釘付けになり、つい息をひそめて見つめてしまいました。

 

【2日目】

朝起きて一番初めに、渓谷トレッキングへ備え、2チームに分かれて

箱眼鏡づくりと竹水鉄砲づくりの作業をしました。

作業が始まると表情が真剣になり、自分で考えて試行錯誤しながら、

夢中になって作っていました。

 

朝食後には渓谷トレッキング前に作戦会議!

渓谷での要注意ポイントや役割、スローガンをみんなで決めました。

 

スローガンはこちら「みんなで楽しく元気に ケガをせず安全に 渓谷であそぼう!」。

に決まりました。

渓谷ハイキングに出発!

 

のんびり道草を食いながら、一歩一歩進んでゆきます。

時には、倒れ掛かった木をみんなが通りやすくひょいっと持ち上げてくれたり、

途中「お助け係」が疲れてしまった子のリュックを担ぐ場面もありました。

助け合いながら、ゴールの渓谷を目指します。

 

道中、みんなが元気になるように「おやつ係」の出番です。

手際よく、いきわたっていない子がいないか確認しながら、

おやつを配ってくれました。

 

 ついに渓谷に到着!

カバンをおろして記念撮影をしたら、楽しみにしていたお弁当タイム♪

お気に入りの場所を見つけて、ご飯を食べました。

 

腹ごしらえをしたところでお待ちかねの川遊び!!

川俣川の水の温度は1年を通して10℃前後!と冷たいのですが、

そんなことはおかまいなしにビショビショになって遊びました。

出発前に作った竹の水鉄砲も大活躍です!

 

思いっきり遊びきったところで、フルーツパンチタイム♪

水遊びをしているそばで、みけと子どもたちが作ってくれました。

スイカとフルーツの甘さが染みわたります。

スペシャルおやつの後は、キャンプ場へむけて出発!

森を抜けるとそこは広い牧場!

放牧されている牛が迎えてくれました。

 

無事にキャンプ場に到着!

途中雨も降ったけど、全員で渓谷へ行き、

全員で無事に帰ってくることができました。

疲れているかな、と思いきやキャビンの中ではすでに

かくれんぼが始まっていたのでした。

子どもたちの体力は底なしです!

 

夜は雨のため、室内でフルーツバスケット!

 

少しクールダウンしながら、

「おおきなうた」とやまもりテーマソング「ふるさと」を合唱しました。

励まし合って渓谷まで行ってきた仲間同士。

この時間を通して1日目にはまでなかった一体感を、より深めました。

最後は、みんなに明日どんなことがしたいか、アンケートを取って、この日はおしまい。

 

最終日はキャンプ場から歩いてすぐの森へでかけました。

ハンモックや缶蹴りなど、希望に合わせて集まり、最後にもうひと遊び!

 

スタッフもビックリのツリーハウスづくりも始まりました!!

最初は、なんだか頼りなかったものの、協力して木を一本一本差していくうちに完成!

子どもたちの中で「工場長!」「副工場長!」と呼び合い。

「工場長、この木はここに差し込んでよろしいでしょうか?」などと

すっかりいいチームができていました。

最大で3人の子供が乗れてしまうほどになりました。

時に子どもは、大人の想像のはるか上のことを成し遂げてしまうのですね。

 

今回のキャンプでは、渓谷トレッキングを通して、

助け合い、協力し合うことで、一体感あるキャンプをつくりたい。

そんな思いがありました。

そんな中で非常に活躍してくれていたのが、中学生や高学年たちでした。

彼ら彼女らは、子どもたちと時には一緒に全力で遊んだり、

時には行き過ぎでしまった際に、愛をもって声をかけてくれていました。

 

スタッフの私たちは、今まで彼らに特別な何をしていた訳ではありません。

自分たちが低学年の頃、してもらったことを

今自分たちが与える側になって自然にできるのです。

今後もこのような子どもたちの育ちあいがつづくよう、助けになれたらと思います。

 

かんちゃん

ここに載せきれなかった写真は、こちらのページに入っています。

アルバムをご覧になるには共通のパスワードが必要で、参加者にのみお知らせしています。

パスワードはこれまでと同じく、[こうかんノート]と[事前資料]に記載されておりますので、

ご不明な点は、キープ自然学校(gakko@keep.or.jp)までお問い合わせください。


2019年度より、写真閲覧サイトが変更になりました。

旧サイト:コイデカメラの写真閲覧サイトサービス終了にともない、

新サイト:NIKON IMAGE SPACEに移行させていただきます。

 

※閲覧方法は今まで通り、やまもりブログ内にあるリンクから閲覧サイトに入り、

 パスワードは、同様に【こうかんノート】に記載されているものをご利用ください。

 

※コイデカメラのマイフォトボックス内に保存されている写真につきましては、

 8月末日をもって閲覧することができなくなってしまいました。

 どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

NIKON IMAGE SPACEにて、閲覧することができる写真の

 保存期間は1年間とさせていただきますので、ご了承ください。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« やまもりキャンプ報告2019年... | トップ | やまもりキャンプ報告2019年... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンプ日記」カテゴリの最新記事