キープ自然学校の子どもキャンプ「やま もりキャンプ」

標高1350mの清里高原を舞台に、森で、牧場で、渓谷で育つ子どもたちの世界を、少しずつお伝えしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やまもりキャンプ報告2019年度第1回(2019.6.22~24)

2019年06月07日 | キャンプ日記

                 

2019年5月、今年度1回目のやまもりキャンプが開催されました。

テーマは「春の高原で ピクニック♪」。

2日間天気にも恵まれ、新緑の森で33名の子どもたちと共に過ごしました。

 

1日目:518日(土)】

一日目の最初、みんなが仲良くなるきっかけになったらいいな、

という思いで「ひらがなシャッフル」という遊びをしました。

ゲームはとっても簡単。

五十音カードを1枚ずつ引いて、組み合わせて23文字の単語になるように仲間をさがす、

というものです。

 

始まってみるとあれよあれよという間に、垣根を越えて言葉をつくる子どもたち。

こちらは「ひ・な・ん」。

子どもたちの柔軟なあたまで、大人が思いもしなかった組み合わせがたくさん出来ました。

 

少し気持ちがほぐれたところで、森に出発!

今年は5月中旬でもまだ桜が咲いていたほど。

清里にのんびり訪れた春を探しに行きました。

 

森までの道中は、芽生えたお花をつんだり、動き始めた虫を探したりしました。

 

この日到着したのは、「リスの森」です。

あたたかい日だったので、この日は小川のある場所で遊びました。

 

こちらは家づくり。

せっせと長い木を運んできては、「よいしょっ」と木をかけてゆきます。

学年関係なく協力して作っていました。

 

こちらは家の「カンバンづくり」。

全く違うことをやっているようで、同じ方向を向いて遊んでいるのですね。

 

ダムづくりは、岩と岩の隙間に石を挟み込んでゆきます。

どうやったら水が止まるかな、と様々な石を合わせて、工夫しながら作業をしていました。

 

クラフトや顕微鏡をつかって草花の観察をするなど、思い思いに時間を過ごしました。 

思いっきり遊んだら、自然学校へ戻って2日間生活を共にするグループ決めをしました。

 

 

夕食後は、「月明かりのピクニック!」夜の草原へさんぽに出かけました。

天気は曇りで月は隠れたままで、草原は真っ暗でしたが、だんだん目が夜の森に慣れてきました。

草原に到着すると、闇ジャム当て大会!暗闇の中で3種類のジャムを味覚や嗅覚だけで当てよう。

というものでしたが、子どもたちは3チームとも見事に、いちご・マーマレード・ブルーベリーの3種類を判別していました。

 

明日はいよいよピクニック!サンドウィッチづくりに胸を躍らせて、今日はおやすみなさい。

 

2日目:519日(日)】

2日目、まさにピクニック日和で天気は快晴です!

朝食後、ピクニック用に自分たちでサンドウィッチを作りました。

レタスにトマト、ハムやたまごなど、好きな具材を挟み込みます。

調味料によって味を変えてみたり、中には「具無しサンド」なんていう

びっくりサンドウィッチもありましたが、つくっているだけで、

ピクニックに向けてワクワクが高まります。

 

さて、サンドウィッチをリュックに詰め込んだら出発!

この日は、森と牧草地を抜けて「ふれあい広場」という広い草原を目指して歩きました。

ピクニックの途中、森の中でひと遊び。

クラフトやかくれんぼ、木登りなど森の素材を使って、遊びを生み出していきます。

この時間になると、昨日初めて出会った子ども同士とは思えないほど、いろいろな輪が出来ていました。

 

こちらでは森で出会った丸い石、どうやったら持っていけるかな、と一工夫。

石も大切な宝物です。

 

ひと遊びした後はいよいよ「ふれあい広場」へ。

広場までは、やぶこぎ探検です。

5月のこの時期、シカが年に一度、角を落とす季節でもあります。

探検しながら森をあるくとなんと、動物の骨が見つかりました。

 

森を過ぎればそこは360℃大パノラマの草原!

子どもからも思わず「気持ちいーよー!こっちおいでよー!」と後方の方へ呼びかける声がとび出しました。

 

青い空に、雄大な八ヶ岳と青々した牧草地、そして自分で作ったおいしいサンドウィッチ。

一緒に歩いたみんなと食べると、その味は何倍にも増しておいしく感じました。

 

自然学校に戻ったら、サンドウィッチを包んでいたバンダナに寄せ書きタイム。

2日間一緒に過ごした友達と思いを分かち合いました。

 

今回は、年度初めということもあり、他の回と比べても

学校や習い事、友達関係など環境の変化に少し疲れてしまっている子どもも多かったようです。

環境がガラッと変化して、戸惑いを覚えるのは大人も子どもも同じですよね。

そんな時こそ、やまもりキャンプが心と体を思いっきり開放して、

「また明日から、がんばろう!」と思えるような場所でありたいなと思います。

みんな、いつでも戻って来てね~!

 

かんちゃん

 

ここに載せきれなかった写真は、こちらのページに入っています。

アルバムをご覧になるには共通のパスワードが必要で、参加者にのみお知らせしています。

パスワードはこれまでと同じく、[こうかんノート]に記載されておりますので、

ご不明な点は、キープ自然学校(gakko@keep.or.jp)までお問い合わせください。


2019年度より、写真閲覧サイトが変更になりました。

旧サイト:コイデカメラの写真閲覧サイトサービス終了にともない、

新サイト:NIKON IMAGE SPACEに移行させていただきます。

 

※閲覧方法は今まで通り、やまもりブログ内にあるリンクから閲覧サイトに入り、

 パスワードは、同様に【こうかんノート】に記載されているものをご利用ください。

 

※コイデカメラのマイフォトボックス内に保存されている写真につきましては、

 8月末日をもって閲覧することができなくなってしまいます。

 どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

2018年度第7回やまもりキャンプ写真につきましては、

 NIKON IMAGE SPACEにて閲覧ができるよう、設定しました。

 大変お待たせしまして、申し訳ござません。

 

NIKON IMAGE SPACEにて、閲覧することができる写真の

 保存期間は1年間とさせていただきますので、ご了承ください。

コメント   この記事についてブログを書く
« やまもりキャンプ報告2018年... | トップ | やまもりキャンプ報告2019年... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンプ日記」カテゴリの最新記事