からっぽ

寝る子は育つ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふぐ えい ごんずい

2006-08-30 01:00:28 | Weblog
家族旅行に行ってきました。
伊豆の別荘に家族で・・・と言ったら相当聞こえがいいけれど、
そんなたいそうなもんじゃないです。
想像を絶するボロ屋です。
行くたびにどこかしら修理してるし、なにかしらの巣がこしらえられた形跡があるし、虫は大量発生してるし、携帯は常に圏外だし。
そんなとこで毎年過ごしてりゃーそりゃ虫ごときでキャーキャー言わないぐらいたくましくもなりますわ。

それでもちいさい頃はいとこ達や別荘地の友達とお弁当作って1日中海で遊んだりプール行ったりテニスしたりカブトムシやクワガタつかまえに回ったりと、毎日がキラキラで、私の夏休みの中の一大イベントだったのですが、最近はみんな大きくなって予定も合わなくなって、行けたら行こうかーって感じになってしまったのが寂しいです。

でも今年は忙しくていけないと思ってたので行けて良かったです。
犬を泳がせるために海には夕方頃から行くので、朝寝でもしてだらだらすればいいものを、母親がNHKの連続テレビ小説が見たいがために朝8時には起こされる為に時間がありすぎる。
そこで、CDラックを作りました。枕元にぴったりはまるようなのが欲しくて、下絵は描いてあったのですがずっと作れずにいたのです。
父親がいろいろ作ったりしてるのを見たり手伝ったりしたことはあったけど、何気に自分でここまでやったのは初めてかもしれない。
色は部屋の家具に合わせて白く塗りました。
ちょっと安定してないけどなかなかうまくできたと思います。満足。
まだ部屋に運び入れてないので、イメージどおりに行くかどうか楽しみです。

海ではイブと一緒に泳ぎました。
シュノーケル着けて海中を見ても、フグとゴンズイとエイしか見つけられませんでした。全部刺すじゃん。もっといろんな色のきれいな魚やでっかい魚が見たかったな。海に浮いてるだけで気持ちいいので充分だけどね。

そういえば、私はちいさい頃あんまり泣かない子で、それでも何故かカナカナが鳴く時間になるといつも泣き出していたそうです。
前世はカナカナだったのかしら。
カナカナが鳴いているのを聞いてふと母親が話してくれました。
今でも夏の夕方が(カナカナが鳴いてたりするとなおさら)なんだか苦手なのはそんな幼児体験のせいなのでしょうか。
覚えてなくても心に染み付いた感情ってあるんですねー。

ひさしぶりにこんなにゆっくりのんびりしました。
来年はもっと大勢でいけるといいなー。
コメント   この記事についてブログを書く
« うさぎどん、おいらを笑いの... | トップ | なつやすみ読書きろく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事