荻窪鮫

元ハングマン。中野で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望みはミニマリストになる事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

孤独の巻、よたび。

2017-09-09 19:13:34 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを
今日は体調とリンクしちゃったのか、異様な孤独感に苛まれました。

西陽が当たる部屋は、その思いを更に増長させます。

まぁ、世の中『ひとりになりたいっ!』と、心の中で叫んでいる方はたくさんいるでしょうけど。

ないものねだり、なんすかね・・・。

なんだかんだで、誰かと暮らす事なんか出来ないしなぁ。

それが彼女でも。



ちなみに僕の部屋は東陽も南陽も当たります。

実に、陽当たり良好であります。



『孤独とは生命の要求である』セーレン・オービエ・キェルケゴール(デンマークの哲学者・1813~1855)

過去の関連記事。
孤独の巻。
孤独の巻、ふたたび。
孤独の巻、みたび。

ジャンル:
かなしい
この記事についてブログを書く
« 体調の巻、20170908。 | トップ | 体調の巻、20170910。 »
最近の画像もっと見る

聖なるブログに名も無きカテゴリを」カテゴリの最新記事