荻窪鮫

元ハングマン。中野で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望みはミニマリストになる事です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お酒の巻、拾参たび。

2018-04-29 03:49:14 | 日毎ニュースに正義の理想を


TOKIOの山口達也ネタが花盛り。

そんな山口達也ですが、以前から酒癖がよろしくなかったとか。

まぁ、お酒をたくさん飲むヒトって結局酔うんですよね。

たくさん飲んでもケロっとしているなんてヒトは稀です。

『いくらでも飲める』と言っているヒトは、存外酒量が少ないもの。



僕もお酒は結構飲む方でした。

ただ加齢と共に酒量は落ちましたね。

なので、ベロンベロンになるまで飲む事もなくなりました。

てか、お酒の場に行く事が激減したせいもあります。

自宅でベロンベロンになるまで飲むなんて事は、なかなかありませんからね。

自宅で缶チュー飲むなんて、たかが知れています。



『「絶望」は人間だけが持つことのできる黄金である。同じ意味で「酒」とよく似ている』山本周五郎(ニッポンの小説家・1903~1967)

過去の関連記事。
お酒の巻。
お酒の巻、ふたたび。
お酒の巻、みたび。
お酒の巻、よたび。
お酒の巻、いつたび。
お酒の巻、むたび。
お酒の巻、ななたび。
お酒の巻、やたび。
お酒の巻、ここたび。
お酒の巻、とたび。
お酒の巻、拾壱たび。
お酒の巻、拾弐たび。
ジャンル:
お酒・お茶
この記事についてブログを書く
« 徒然の巻、20180428。 | トップ | 徒然の巻、20180430。 »
最近の画像もっと見る

日毎ニュースに正義の理想を」カテゴリの最新記事