kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

母の絵手紙 今日は初七日

2018年05月11日 | 猫ら&家族
今日はどうやら、三途の川のどの辺りを渡らせてもらえるかの審判が下る日のようだ。応援らしいことを記事にしたためておこう。

閻魔様、うちの母にもこんな殊勝な絵手紙をよこしたことがありますんで、よろしくぅ〜、って。

しかしこのメッセージ、なにが母をしてそう思わせたのか、今となっては謎。そしてなぜ、あたしの仕事に対する感想と、このむさ苦しいおっさんダルマこけしの絵という組み合わせなのか、さらに謎。

でも、謎のままでいいや。

弟夫婦も仲良く過ごしてるって言ってたし、三途の川、緩やかな流れの浅瀬を渡させてもらえることだろう。うまくいくと舟で渡らせて貰ったり、橋を歩いて渡らせてもらってるかも。それでも幅4,000キロなので大変よね~。

追記というか訂正:す、すんません。幅は400キロみたい(恥)。ちなみに東京から400キロは神戸や盛岡、だそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の絵手紙 続続続編 | トップ | カラフルな食卓 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kebaさんへ (くりまんじゅう)
2018-05-11 02:07:18
この閻魔様の またステキなこと!
もうすっかりkebaさんママのファンになった私です。
えっ 三途の川って幅が4,000㌔もあるの!
4000キロ! (よう)
2018-05-11 07:45:12
そうだったんですか~~知らなかった。経験ないので(笑)
足腰鍛えておかなくては ですね。
kebaさんのお母さまなら きっと閻魔様も「よし!」と
通行許可の太鼓判を押してくれます。
くりまんじゅうさま (keba)
2018-05-11 13:58:38
う〜?これって閻魔様?
だとすると「むさ苦しいおっさんダルマ」とか書いたから
来週の母の閻魔様の試験は暗雲立ち込める?
きゃぁ〜

母が亡くなって以来色々とネットで調べてるのですが、
三途の川が4000キロって、あたしも初めて知りました。
ようさま (keba)
2018-05-11 14:00:29
そう、経験も知識もないので、驚きの新事実てんこもりです。
義理の妹が新たな知識を仕入れてメールで知らせてきて
あたしもとんちんかんな質問して「ど〜でしょ〜ね〜」的やりとりがあったり(苦笑)
悪戦苦闘しておりまする、ぷぷぷ。

今日は母が亡くなった日のようにいいお天気。
緩やかな流れの三途の川をちゃぷちゃぷ渡って行ったかも
だるまさん (みどり)
2018-05-11 15:48:55
七転び八起きで頑張ってね、っていう意味だったのかな。
お母さま、kebaさんのこと、応援してたのでしょうね。
今はkebaさんが応援する番。
母と娘の関係って、一方が亡くなると記憶が洗い直されて、どんどん良くなるみたい。
みどりさま (keba)
2018-05-11 15:56:49
そうですね、惜しみ無く応援してもらいました
問題はその全てをちゃんと感謝しなかったことです。
父母が高齢化し、母が認知症になって、頑張って取り返そうとはしたけど、
母にはそのときどきにちゃんと感謝すべきでした。

今は楽しかったことや嬉しかったことしか思い出しません。
みどりさんのおっしゃる通りかも~。

コメントを投稿

猫ら&家族」カテゴリの最新記事