goo

Sakura TimeLapse



初めての桜。
動画の連投になりますが、購入したビデオ用三脚のテストを兼ねて
動画撮影とインターバル撮影を行って来ました。
桜の元で宴をを楽しむ人々を常に羨ましそうな表情で撮り続けました。




また今回はケツメイシの曲を拝借し、DTMにて編曲しました。
題して「Sakura Remix」(ここは声に出してお読みください)

例の如く回線速度と性格に難がある方は再生ボタンを押したら一旦机の下に潜り余震に備えて下さい。
しばらく様子をみて揺れが来ないのを確認できたら、近所の人が迷惑がる程の大音量でお楽しみ下さい。





染井義男
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

横手山 TimeLapse 微速度撮影

TimeLapse3作目は横手山と大涌谷で撮影した6.000枚位の写真を動画にしました。
使ってないカットを含めると10.000前後は撮影しているかと思います。
このペースで行くと5D2を購入して1年でシャッターが10万回に到達してしまいそうです。
こんな傍若無人な使い方をしてて良いのだろうか。
傍若無人の使い方がこれであっているのだろうか?




music:WindSphere

およそ3ヶ月ぶりにコメ欄を開けました。
どさくさに紛れて「貸した金返せ」などと書かれそうで怖いのですが、
お時間のある方やボウリングでフックボールを得意げに投げれる方、及び
「二次会はボーリング行こうよ」と言って地下水脈を掘り出した事のある方は挙って書き込み下さい。


コメント ( 38 ) | Trackback ( 0 )

星空



夜な夜な動画用のインターバル撮影を開始。暗がりの中、再び山頂をウロウロ。
あんなに仲良くなった用心棒2匹に吠えられまくる。
あまりに五月蠅いので「ほら僕だよ僕」と中腰で近寄るとサーっと小屋へ逃げてく。
これを何度繰り返した事か。

夜になると気温は-15度位までさがる。
数時間放置撮影していたカメラを回収に行くとカメラが真っ白に凍ってました。

ビビって撮影終了。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

用心棒



山頂の宿にて飼われている2匹の用心棒。
宿の入り口には「噛まれても自己責任です・・・」的な張り紙が貼ってありました。
なかなかの風貌ではありますが相手の目を見ればどんな性格か直ぐに分かります。
寒さに動じない落ち着き様、優しさと冷静さの奥に研ぎ澄まされた鋭い眼光、直ぐに分かった。
間違い無い、こいつは狼だ。(犬でした)
あのムツゴロウさんも認めた程動物好きのke-taですから一瞬で仲良くなれます。
取り敢えず名前が分からなかったので「ウルフ1号」もう一匹は「お蝶夫人」と命名。





1日の半分は寝ていたお蝶。
宿の方すみません。
夜中に表で「ウルフ!お蝶!」と奇声をあげていたのは僕です。
その甲斐あってか近寄って行くと2匹ともサーっと逃げて行く程仲良くなりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリオン



今、モニターが汚いなーと思った方、拭かないで下さい。
それオリオン座ですから。
本来目を疑う程の星達が輝いておりましたが、ke-ta氏の現像によって数多くの星が消えました。
代わりに薄っすらと浮かび上がる4号炉が。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スキーブーム



北アルプスをはじめ無数の山々が眼下に広がる。
「おおー!あれが北アルプスでこっちが旭山かー」等とひとしきり山男っぽい気分を楽しむ。
ん?b?
正直どれがどの山だかさっぱり分からない。





ここ横手山スキー場は1987年スキーブームの火付け役となった原田知世主演映画
「私の父をスキーに連れてって」のロケ地としても有名な場所です。

お父さん、自分で行って欲しいです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

無線中継所



鉄塔好きの方、おまたせしました。
と言っても当ブログに足を運んで下さる方の8割が鉄塔好きの方、
或いは鉄塔に携わる仕事をされている方だと思いますが、
本日は横手山頂にあるNTT無線中継所の鉄塔をご紹介致します。
現在この鉄塔は現役を引退、空中線撤去後の今も尚凛々しく聳え立っております。





反対側から撮ると水素爆発で吹っ飛んだ建屋みたいに見えます。






天気は快晴、日中の気温は-2度。
朝方に鼻毛を凍らしながらスノーモービルで迎えに来てくれた山頂ヒュッテのご主人曰く
「今日なんかはポッカポカだよ~」だそうです。

このおじさんがロボットだと気づいたのは数時間後である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

横手山



標高2.307m
2月の末、長野県の志賀高原に属する横手山に行ってきました。
午前中はスノーボード、そして午後から夜中まで写真撮影を敢行。
カメラ2台とレンズ4本、そして三脚を2脚、更にスノーボード用具一式という
我ながらアホ丸出しの重装備で山頂をウロウロ。





暖かい気候が続いた為か、モコモコの樹氷こそ拝めませんでしたが
山頂からの眺めが素晴らしく、息を飲む絶景が360度広がってました。

この時期よそ様のブログでは桜の写真が旬の様ですね。
当ブログは現在冬真っ盛りです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

さよなら京都



京都駅のホテルから撮影。
刈り込んだ庭木の様に綺麗に並んだビル郡。

いつまでも関西に居る訳にはいきません。
これにて神戸・京都の旅、終了です。


------------------------------------------------------------------------------------------
夜中の3時に突然鳴り響く携帯の音、「こんな時間に誰だよ」と眠気眼で携帯を取ると
声の主はzen氏でした。
「こんな時間にごめんね、どうしても気になる事があって、眠れなくなっちゃって」

余震も頻発するなか、恐らく余程の事があったのだろうと察し、聞き返した。
「何かあったんですか?」
すると暫く黙り込んだ後、zen氏はゆっくりと口を開いた。


「・・・あのさぁ、アンパンマンの顔の中身ってさぁ、こしあんなの?」

-ピッ-


寝た。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

京都TimeLapse

と言う訳で京都観光の合間に少しばかり微速度撮影をしてきました。
ボリュームが足りない為、御殿場「時之栖」のイルミネーションと
富士山が全く姿を現さない精進湖の写真を無理やり詰め込んで動画に致しました。
フジヤマめ、何時間粘ったと思ってんだこんにゃろ。

480P~720Pでの再生をお勧めします。
例の如く回線速度の遅い方は頑張って働いて光回線を引いて下さい。
逆に「うちはとっくに光ですからぅ」とかシャクレながら自慢する自称金持ちの方は
募金して下さい。



vimeo



-------------------------------------------------------------------------------------------
追伸:
「もうちょっと塩下さい」って頼んだ時、割と嫌な顔されました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ