ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

Pete Shelley (Buzzcocks) 1955-2018

2019年01月07日 | パンク・ニューウェーヴ

 

 

昨年末にバズコックス(Buzzcocks)のピート・シェリー(Pete Shelley)が亡くなった。最初は死因が不明だったが心臓発作だったようだ。1976年にハワード・ディヴォート(Haward Devoto)と一緒にセックス・ピストルズ(Sex Pistols)を観てすぐにバンドを結成し、ヴォーカルを担当していたハワードがすぐに脱退するも、ピートがヴォーカルを引き継ぎ、その飄々とした表情と声と、短くも印象的でアイデアいっぱいなメロディーでロンドン・パンクを代表するバンドのひとつとなる。でもパンクと言っても彼らの場合、曲に政治的な主張はほとんど見られずラヴ・ソングや日常の出来事が主題だった。

自分は一時期パンクをかなり熱心に聴いていた時期があったので、後追いで彼らのアルバムやシングル盤をレコードで集め、今でもレコード棚に残っている(あぁ、もうほとんど聴いていないのに大量のレコードが手放せない…)。ハワード在籍時に出したファーストEP「Spiral Scratch」は当時(80年代終わり)かなりの貴重盤で高値が付いていたが思い切って買った。何しろ最初の3枚のアルバムは文句なしに名盤だ。今から聴くなら素晴らしいメロディーが楽しめる名曲が揃った「Singles Going Steady」か「The Complete Singles Anthology」(これは3枚組なのでちょっとだれるが)がお勧め。

実際に彼らのライヴを観たのは豪シドニーの「Marquee」というクラブ。兄のアパートに数か月居候していた時、地元の音楽誌かなんかにライヴ告知が出ていて急遽兄を誘って行くことに。”ジントニック”を初めて呑んだのもそのクラブのバーだった(←なぜかこんな些細なことを覚えている…)。こじんまりとしてすぐ目の前にステージがあるようなクラブで、ステージに出てきたメンバーは当たり前だがちょっと老けていた。小柄なピートは上下スウェット姿で出てきたのでズッコケるも、ライヴが始まればそんな容姿は関係なく、あの声、あの音、あのメロディーで1時間程のライヴにはとても満足した覚えがある。あの時はオリジナル・メンバーだったのかどうか忘れてしまっていたが、後から調べるとオリジナル・メンバーで再結成した直後だったようだ。R.I.P.

 

          Pete Shelley (1955-2018) 

 

『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« とり安 @愛知県瀬戸市 | トップ | ソバキチ @名古屋市熱田区... »

コメントを投稿

パンク・ニューウェーヴ」カテゴリの最新記事