ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

The Good, The Bad & The Queen

2017年03月31日 | オルタナティヴ・ロック

The Good, The Bad & The Queen (2007)

固定バンドよりも何かとサイド・プロジェクトが多いブラー(Blur)のデーモン・アルバーン(Damon Albarn)による2007年のプロジェクト。クラッシュ(The Clash)のポール・シムノン(Paul Simonon)、ヴァーヴ(The Verve)のサイモン・トング(Simon Tong)らによる単発アルバム。プロデュースは同じくデーモンのゴリラズ(Gorillaz)、ブラック・キーズ(The Black Keys)、レッチリ(Red Hot Chili Peppers)などを手掛けたデンジャー・マウス(Danger Mouse)。どういう経緯でこのメンバーが集まって演ろうとしたのか全く知らないのだが、ポール・シモノンが入っているとなれば一度は聴いてみたかった。と言っておきながら今頃安値で中古盤を買っているのだが…。ま、自分も当時その程度の興味だったという事だろう。パーソネルは以下の通り。

Damon Albarn – lead vocals, keyboards, back cover
Paul Simonon – bass, backing vocals, illustrations
Simon Tong – guitar
Tony Allen – drums

Danger Mouse – producer

歌詞の世界が掴めないのだが、曲調はブラー、というかデーモンらしいカーム(calm)な雰囲気の曲が並ぶ。彼のポップな面とは違う面で、これがブラーのアルバムのアルバム未収録曲だと言われても分からないだろう。もっとばんばんにロックするのかなと予想していたので意外。どこかでイカせてくれるのかなと思いきや、終始深く静かに進行していく。おのずとポールのベースが耳に残る曲が多いのが(ファンとして)ちょっと嬉しい。キャッチーな曲がほとんど無いので、一気にグッと引き込まれることは無いが、流しているとなんとなく心地良くなるのが不思議なアルバム。 

ブックオフにて購入(¥108)

  • CD (2007/1/23)
  • Disc : 1
  • Format: CD, Import
  • Label : Virgin Records Us

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 蕎麦正まつい @愛知県犬山... | トップ | 庭園レストラン ヒーロ(大... »

コメントを投稿

オルタナティヴ・ロック」カテゴリの最新記事