ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

丸小 (2) @名古屋市西区・浄心

2019年01月15日 | 名古屋(中村区・西区)

旨い洋食を喰らいに浄心の精肉店「肉の丸小」へ。精肉店の奥で飲食出来るようになっている。カウンター席のみなので昼時は混み合う事も多いが、この日は少し遅い時間だったからか先客は2名のみ。掲げられた昼メニューを迷いながら眺める。この日は「ハヤシライス」の”とんかつのせ”にしてみた。お姉さんが店舗側に「とんかつです。」と伝え、主人がフライヤーで揚げ始め、雪平鍋にハヤシが入れられ温められる。とんかつが揚がり、大きな平皿にライスが盛られた時点で…、怯む(ライスを少なくしてもらうのを忘れた…)。ここは盛りもいいので食べ切れるかと心配に。たっぷりのライスと揚げたてのとんかつの上にたっぷりのデミソースがかけられ渡された。大迫力。

ヴォリュームに圧倒されながらも早速スプーンを入れていく。「ハヤシライス」のソースは肉と野菜の旨味がたっぷりでしっかりと濃い味。牛肉片もこれでもかと沢山入っていて旨いのなんの。洗練はされていないソースだが最強だ。ソースに埋まったとんかつは衣がやや硬めに揚がっているのでサクサクとした食感は残ったまま。厚みがあって噛み応えがある。ソースと共に口に入れると若干口の中を火傷しつつも(笑)スプーンは止まらない。途中で添えられたコールスローや味噌汁を挟みながら、少し額に汗しつつ一気に食べ終えた。お腹はいっぱい。次は「自家製コロッケ」か、おすすめの「豚しょうが焼き」か。店名の”丸小”を冠した”上メニュー”の数々も気になるんだよなァ。(勘定は¥1,350)

以前の記事はこちら

 


 

↓ 菓子問屋が集まっている明道町に残る「中央菓子卸市場」(建築詳細不明)。すでに営業は終えてしまっているようだが建物の両側に”らしい”意匠が残っている。ずっと前に取壊しの話を聞いたことがあるがどうなっているのだろう。裏手の隣接する建物は既に崩壊が始まっている。

 

 

 

 

↓ 裏手の道を挟んだ建物も同様のスタイル。こちらも関係する建物かな。

  

 


 

肉の丸小 浄心店

愛知県名古屋市西区浄心2-3-26

 

( 名古屋 なごや 浄心 じょうしん まるこ 丸小 肉のまるこ 洋食 食堂 肉屋 精肉店 焼肉 近代建築 菓子問屋 嫁入り菓子 引出物 駄菓子 看板建築 )

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« やまや食堂 @愛知県刈谷市 | トップ | Easy Come Easy Go / Mariann... »

コメントを投稿

名古屋(中村区・西区)」カテゴリの最新記事