ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

赤福本店・朔日餅 (頂き物) @三重県伊勢市

2016年11月04日 | その他(取り寄せ・頂き物)

縁あってほぼ毎月「朔日餅(ついたちもち)」を頂いている。そう、あの伊勢神宮参道にある「赤福」(創業宝永4年・1707)の朔日餅。不祥事やお家騒動が明るみに出てイメージダウンした赤福だけれど、現在はすっかり人気を取り戻している。ご存知の方も多いと思うが「朔日餅」とは毎月1日に赤福本店が売る、その月1日限定の和菓子。前日の午後5時から列整理券が受け付けされ、なんと掛け値なしの朝3時30分から並び、列整理券が配られ、4時45分から発売が開始されるという、ものすごくハードルの高いもの。近隣の駐車場からシャトルバスも出るというから凄まじい。もちろん現地でしか手に入らないので、他所の土地に居ればほぼ不可能なのだが、知り合いが毎月わざわざ律義に持って届けに来て下さるのだ。その知り合いがどのように手にしているのかは詳しく知らないのだが(ご苦労はわざわざ訊かない方がいいだろうナ…)、ありがたや、ありがたや。

今月11月の朔日餅は「ゑびす餅」。風情ある絵柄の伊勢千代紙で作られた包みを開けると、いつもの朔日餅と書かれた箱(写真下左)の中に菓子が並んでいる。今月はめでたい恵比寿様の絵が描かれたポストカードと本物の稲穂(写真下右)が同梱されている。すごい。これ用意するだけでも大変だろうなァ。ゑびす餅は黒糖味と柚子風味の2種類で、それぞれ「打ち出の小槌」と「小判」の焼印が押してある。黒糖味は皮も黒く、柚子味はやや黄色がかった白い皮。商売の神様、恵比寿様とお伊勢さん、それにいつも持って来て下さる某氏に(心の中で)手を合わせてから頂く。もちっとした皮の中に、赤福餅に使われているような滑らかなこし餡が入っている。黒糖の方はしっかりとした風味。柚子の方はほんのり香る程度でわざとらしくなく、どちらもとても美味しい。この味わいの後ろには色々な人のご尽力があると思うと感謝の気持ちなくしては頂けない。また次もよろしく(笑)。←バチ当たり

 

↑ 朔日餅用の箱(左)と、11月の朔日餅に入っていたえびす様のポストカードと稲穂(本物!)(右)。

 

↑ 11月の朔日餅「ゑびす餅」の説明書き(左)と、黒文字(楊枝)の包みの挿絵(右)。

赤福本店

三重県伊勢市朝熊町2015

 

( 伊勢 いせ 伊勢神宮 お伊勢さん 赤福 あかふく 赤福餅 伊勢名物 五十鈴川 ついたち餅 ついたちもち 一日餅 行列 整理券 お家騒動 偽装事件 賞味期限 不祥事 )

コメント

太陽ソース・太陽ケチャップ (取り寄せ) @愛知県清須市

2014年07月15日 | その他(取り寄せ・頂き物)

一般的に名前はあまり知られていないが、老舗洋食店で販売されていたり、一部の酒屋では即品切れの幻扱いをされていたりと気になる存在だった太陽食品工業の「太陽ソース」。なんでも地元の愛知県ではなく、静岡の「富士宮焼きそば」での使用率がかなり高いとのこと。80年程の歴史があるそうだが、現在でも製作過程は変わらず手作りで、生産量が少ないそうです。地元のスーパーはもちろん、たくさんの調味料が揃う専門店でも陳列されているのを見た事がない。清須市なら直接買いに行けばいいやと思っていたけれど、工場での直販は無く、その近隣でも買える店が限られていて、しかも入荷待ちだというので、なんだか余計に味わってみたくなってきた。すると少数ながら、セット品がネットで販売されているのを知り、さっそく取り寄せてみた。

Photo_2

購入したセットには「スーパー特選太陽ソース」×2本、「とんかつソース」×1本、それに「太陽ケチャップ」が1本の計4本。まずはケチャップから試食。ひとすくい舐めてみると…甘くてまろやか。トマトっぽさは十分に残しているが、明らかに一般のケチャップより甘めで、抑えめの酸味と相まって、オムレツなどのたまご料理にぴったり。酸味が好きな人は甘さが若干強いと感じるかもしれない。

次は太陽ソース。ラベルを貼ってある包みをビリビリと破ると…あれっ?瓶には何も貼られていない…。えーっ、ただの黒い液体が入った瓶になってしまった(笑)。瓶にもラベル・シール貼っといてよ…(ガッカリ・笑)。気を取り直して試食。ほんの少しとろみのある濃い口のウスターソース。やはりこちらも甘味を感じる。でも甘ったるい訳ではなく、コクがあるので、生のキャベツにかけて食べるだけで日本のソースらしさがしっかりと味わえる。残りのとんかつソースはまだ開封していないので、今後のお楽しみ。

常々、自分の好物のひとつは「ソース」(特に中濃、とんかつ)かもしれないと思っていたら、ある料理家も同じような事を言っていて嬉しくなった。それほどこの日本特有の調味料である「ソース」って旨いと思う。若かりし頃は、外国にも当然同じようなものがあるに違いないと思っていたが、自分の知る限り、外国や外国料理店で同様のものを味わった事はない。バーベキュー・ソースともちょっと違う。本場イギリスのウスターソースってもっと酸っぱい別物だしね。今回購入した太陽ソースもそうだけれど、小さな会社が大手メーカーとは全く別の思想で作っている商品が根強いファンを持ち、一部では幻なんて言われているのをみるのは、ある意味痛快。まだまだ日本には色々なソースがあると思うと片っ端から試したくなるなァ。(勘定は¥2,750)

太陽食品工業株式会社

愛知県清須市須ヶ口駅前1-22

 

(太陽ソース スーパー特選太陽ソース 太陽ケチャップ 日の鳥ソース 日乃鳥ソース ) 

コメント