西岡事務所へようこそ!

仕事 マラソン 日々のできごとetc...税理士・西岡のオンとオフを記しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

会社が負担したワクチンの費用

2020年12月07日 | 税務・会計
  新型コロナウイルスの感染状況はまだまだ沈静化する様相を見せませんが、全世界が期待するワクチンもいよいよ提供が開始されることになりました。

 さて、そのワクチンの接種費用ですが、取り扱いによると、会社が負担したインフルエンザワクチンの接種費用や人間ドック費用と同様、会社の福利厚生費とすることが可能です。
これらの費用は本来個人の負担とされるものであるため、給与としての所得税の課税が原則ですが、社会通念上一般的な範囲内、業務遂行上必要などの理由から本人への課税も行われません。

 人間ドック費用については、①著しく高額なものでないこと。②対象を役員など特定の者に限定せず全社員とし、希望者が受診できる事。といった指針が示されています。
 新型コロナワクチン接種費用も上記①②を満たせば会社の費用で構わないということです。