西岡事務所へようこそ!

仕事 マラソン 日々のできごとetc...税理士・西岡のオンとオフを記しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未使用ポイントの損金算入時期

2020年07月09日 | 税務・会計
航空会社のマイレージ、ドラッグストアのポイント等々、財布の中には色々なポイントカードが入っていますね。一説にはそれらを金額に置き換えると、1兆円ないし1.5兆円にもなるそうです。発行会社からすると、それらは将来無償の役務を提供しなければならない債務ですね。

この度、それらの債務を発生時期の事業年度の損金(経費)に算入できるかどうかが争われ、納税者側の訴えが認められず、国側(税務署)の勝訴となりました。

この会社のポイント制度は他でもよくある制度とほぼ同じで、
① ポイントカード会員に商品の購入時に一定のポイントが付与される。
② 1ポイント=1円で次回以降の購入時に代金充当、あるいは景品交換できる。
③ ポイントの換金は不可。
④ ポイントカードの最終利用日から2年過ぎればすべて失効する。

国側は、ポイントを付与した時点では税法上の債務の確定には当たらず、そのポイントが使用された時点の損金とすべきであると主張し、裁判所もこれを支持しました。
 ポイントは知らない間に失効していたりすることが良くありますね、早く使い切るようにしましょう。