西岡事務所へようこそ!

仕事 マラソン 日々のできごとetc...税理士・西岡のオンとオフを記しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新型コロナ給付金

2020年05月08日 | 税務・会計
新型コロナウイルスのまん延で世界中が大変なことになっています。
各国の政府は、先ずはまん延を食い止めるためにロックダウンや外出規制といった方策をとって来ました。その一方で経済を維持するためにいろいろな給付金や大規模な資金提供を行っています。
わが国でも、新型コロナ給付金として「全国民に一律10万円の給付」が決まり、その申請手続きも始まっています。
この制度は、当初「特定の世帯に30万円の給付」の予定でしたが、急遽「全国民一律10万円」に落ち着いたようです。その予算規模は12兆円余りですが、こういった給付金としては過去になかった規模ではないでしょうか。
今回のコロナ禍に対する対策では他にも色々な特例措置が設けられておりますが、使い勝手が良くないという評判のものも多いようです。そんなこともあって「一律10万円」がすんなりと受け入れられたのではないでしょうか。

なおこの給付金は所得税、住民税は非課税とされています。通常、収入は税金のことを考えて全部を使うことは無理ですが、この給付金は全部何かに使えるのです。
生活の足しにするのはもちろんですが、景気回復に資する使い方をしたいですね。
この記事についてブログを書く
« 新型コロナ対応の税務上の取... | トップ | 新型コロナ 休業手当、休業... »