KAZZ BLOG

「ライ麦畑のつかまえ役」そういったものになりたい理学療法士kazzのBlog

QRコードの作成の仕方

2019年02月10日 | Weblog
QRコード作成してください!

っていう依頼があった。

QRコードってこういうやつ
 ↓


これってどうやって作成しているか知ってる?

案外に簡単で、作成サイトに行って、QRコードに埋め込みたい情報を入力したらすぐできちゃうの。

QRコードに埋め込める情報というのは
・文字
・URL(HPのアドレス)
・メールアドレス
・地図
など

メールなんかは、宛先のみならず、件名や本文の文字も埋め込めるので、セミナー案内やイベント案内などに使用できる。

例えば
———————

【件名】
  〇〇申込みについて
【本文】
  氏 名:
  所 属:
  その他:
  備 考:
   ※参加費 ○円 
   ※会 場 ○会場 
   ※持ち物 ○をご持参ください。
———————
なんていう具合に入れておくと、申込者は入力しやすいし、漏れがなくなる。

最近のスマホでは、カメラをかざすだけで読み込みできちゃうので、ポスター・チラシ、名刺などにこう行ったQRコードを加えておくと良い。(昔は、QRコードを読み込むためのアプリが必要だったんだけどね・・・)

ホームページやメールで案内を送る場合には、文字をコピペするとか、リンクを貼り付けることができるのでわざわざQRコードをつける必要ないのだけど、紙媒体のものにはQRコードがあったほうが便利。わざわざ、URLやメールアドレスを手打ちするなんては苦行でしかないからね。


若手優秀層へとリーチできる採用マーケティングツール【Wantedly Admin】





さて
その、QRコード作成のサイトなんだけども、オススメはココ

QRのススメ
※URLはもちろん、自由テキスト、アドレス帳に追加などもできる。ページ下の高機能『QRコード』では地図QRコード、メール(件名・本文あり)QRコードが作成できる。



CMAN
※ここは、メールの本文を入れる機能はない
※『自由入力』『URL用QR』『メールQR』『地図QR』から選んで作成することができる。


簡単なので、挑戦してみてはどうだろう。

んで
1つ注意事項がある。

これ、リンクが切れてしまう場合があるので、
・作成後は自分でQRコードを取り込んで確認する。
・QRコードを埋め込んだ資料を配布前に自分でQRコードを取り込み確認する。

せっかくチラシなどを配ってもQRコードに不具合があるといけないので、QRコードの下には埋め込んだ情報も入れておくと良い。

こんな具合↓



また、大量印刷をすると、リンク切れの際に困ったことになる(QRコードを読み込めないチラシが大量に余ることになる)ので、注意が必要!
名刺などにQはコードを入れる場合には特に注意が必要ね。

以上
QRコードの作成の方法と注意点でした。




ジャンル:
きいてきいて
コメント   この記事についてブログを書く
« ピカソの絵があるフレンチレ... | トップ | 有朋自遠方来 不亦楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事