ピザ窯のある里山の古民家民宿

岩手県一関市東山町
日本百景猊鼻渓(げいびけい)のある町の里山の古民家民宿で、只今、奮闘中です!

一関市東山町「第12回唐梅館絵巻」本日開催①!

2012年09月30日 | 東山町・唐梅館絵巻

Dscn1379_3

第12回唐梅館絵巻が本日、特別出演の俳優の三田村邦彦さんが鎧姿の総大将役で台風前の晴れ間の中を白馬に乗って軍議参上に登場しました。

Dscn1407

多くのお客様が来られた軍議再現は、総大将の前で参上の挨拶でしたが、今年は大将も言葉を考えて何時もに増して凛とした中にもリラックスした雰囲気で、約400年前を再現した荘厳な時代絵巻でした。

Dscn1400

Dscn1398

(一関市東山町「唐梅館絵巻」が本日、開催されました、雨が降るかと思いましたが台風前の一時の好天でイベント会場も多くの方で賑わい盛会でした!)

</object>
YouTube: 名勝 げいび渓舟下り 岩手県一関市

コメント (2)

一関市東山町 唐梅館絵巻9月30日(日曜日)開催です!

2012年09月29日 | 東山町・唐梅館絵巻

001

第12回唐梅館絵巻が「心はひとつ・がんばろう東北」をメインタイトルにして9月30日(日)一関市東山町唐梅館総合公園で開催されます。

特別出演は、俳優の三田村 邦彦さんで、午前11時に長坂商店街からスタートします。

001

当町内は、上り旗で準備が整い当日の午後6時のイベント終了まで時代絵巻一色です。

003

Dscn9804

(写真:「SCK」 平成24年3月10日宮城県気仙沼市にて許可を得て撮影)

唐梅宵祭りのイベントに特別出演で「盛岡さんさ踊り」と宮城県気仙沼市のご当地アイドル「SCK GIRLS」の参加があり、「心はひとつ・がんばろう東北」の主旨に期待がさらに膨らみます!

</object>
YouTube: 1日目7:東北六魂祭(盛岡さんさ踊り)

</object>
YouTube: 【SCK GIRLS】 SCK Tube Vol001 イオン気仙沼 [公式]

コメント   トラックバック (1)

キズナ強化プロジェクト 台湾の高校生が一関訪問!

2012年09月27日 | 一関市

001_2

日本の農村、郷土料理体験

キズナ強化プロジェクト 台湾の高校生が一関訪問

(岩手日日新聞社 平成24年9月18日の記事より)

台湾から東日本大震災で被災した三陸沿岸地域の被害の実態や復興地の取り組みを学ぶために約100名の高校生が一関市の4地域に農村学習と郷土料理づくり体験をテーマとして訪問しました。(記事より一部引用)

農家民宿 三澤 には、約30名の高校生と関係者の訪問がありました。

通訳の方が2名いらして説明等では苦労はありませんでした。地震と古民家の建築方法の説明をしました。

とにかく質問が多かったですが、家族全員日本語とボディランゲージで奮闘 しました。

ピザづくり体験がメニューでしたが、全員が役割を持って積極的に行動する姿に感動しました。ピザ焼きは、私の担当でしたが途中から少し台湾の高校生に変ってもらいましたが、手さばきは上手で楽しそうでした。

散策コースは、一関市東山町田河津矢ノ森地域の金山址(藤壷の滝)です。

途中で室根山が見えた時に「あの山の方向が気仙沼です!」と話すと皆さん写真を撮っていました。

皆さん必ず熱心にノートに記録をしていました。

Dscn1270

東山地域の散策コースは、奥州平泉藤原氏ゆかりの矢ノ森金山址です。

Dscn1273_2

懐中電灯を持って金山址内を詳しく見学しました。

散策地の矢ノ森金山址と藤壷の滝の案内板近くで記念写真です。

(古民家に訪問した台湾の高校生達の素敵な笑顔が「世界共通語」です、次世代を担う若者達が沿岸の姿を見て互いの共有財産として将来の活躍を期待しています、ピザ作り体験は後日、必ず投稿します!)

</object>
YouTube: 【南いわて・ゆいたび】いわいの里の金山跡めぐり矢ノ森坑道探検.m2ts

コメント

古民家の花 9月Ⅰ 秋海棠(しゅうかいどう)!

2012年09月25日 | 古民家の花

Dscn1288

古民家の庭先の数カ所に秋海棠の花が秋を告げる花として咲いています。

花の時期が長く7月下旬から咲き始め一端は咲き終えたかに思っていましたが種を付けて来年の準備を始めようとしています。

写真下の花が雌で上の黄色い花弁は雄です。薄紅色の花色が広がって咲いています。

受粉して10月下旬には、雌花がピンクの色を落として種を抱いて薄茶色になります。

今、何で咲いてるのと思って調べて見ましたが、俳句の季語は秋です。

「秋海棠 西瓜(すいか)の色に 咲きにけり」 松尾芭蕉 が有名でした。

Dscn1287_2 

花の無い時期に薄紅色の秋海棠(しゅうかいどう)の花が、里山の初秋に色を添えています。

花の名前は、覚えるのが大変ですが、雌雄一体の花が種を付けるために咲き時に心得た様に咲くのを知って、環境の大切さと自然に向き合う知識の必要さを実感しています。

今日は、暦で彼岸明けです。

食欲の秋を楽しむためにも体調管理をしっかりしたいですね。

(古民家の庭先に、秋の初秋の花の秋海棠が疎らに咲いています、里山にこれから咲く花が楽しみになって来ています!)

</object>
YouTube: 遥かな人へ〔in LONDON '94〕高橋真梨子 Mariko Takahashi

コメント

古民家のある里山は秋の農繁期で賑わっています!

2012年09月23日 | 古民家

Dscn1292

古民家のある里山は雨模様の天気が続いていますが農繁期で収穫の秋の到来です。

(写真:平成24年9月22日撮影)

稲穂が黄金色になって里山の水田が稲刈り時期を知らせています。

急ピッチで稲刈りが始まっています。

Dscn1293

中山間地の「たんぼ」も元気です。

毎年の9月の稲刈りの風物詩ですが、古民家の休耕田は秋の草刈りを終えて、雑草で一杯の田んぼの姿は無く、周囲に馴染んでいます。

「家でゴロゴロしているなら、鍬(くわ)を持って田んぼの周りを歩いて来い! それだけでも、周りの人達は稼いでいると見るもんだ!」と言われた経験があります。

水路が傷んでいたり、休耕田に水が入っていたりします。(だだ帰って来る事が多いですが・・・)

古民家は東日本大震災で、水田を失いましたが管理は続いています。

(古民家のある里山は、秋の農繁期の真最中です、今日の雨での刈った稲束を掛けていましたが天候が良くなれば、美しい田舎の田園風景が広がります!)

</object>
YouTube: JEFF BECK LIVE Cause We've Ended As Lovers

コメント (2)

古民家の蔓科の果樹園の葡萄に果実が初めて成りました!

2012年09月21日 | 古民家の果樹園

Dscn1183

古民家の蔓科の葡萄に、今年初めで果実を付けました。

果樹に特化して、休耕田を土壌改良してから、数年掛かると思っていましたが、葡萄の房を見た時に蔓科の目標が軌道に乗って欲しいとの思いが叶った気がしました。

実が成る速さに驚きと共に伸び続けている蔓に期待しています。

まだ、すっぱいので果実が成った事で、来年の収穫の量が多くなって欲しいと願っています。

この土地は、ドジョウの養殖池として最初は始めましたが、水の管理が難しく方向転換した場所です。

下草を刈っています。葡萄棚が完全に収穫可能になって、将来は、散策しながら葡萄刈りが出来たら良いと考えています。

(古民家の庭先に挿木等で葡萄の苗木が増えていますので、植樹して、古民家の蔓科の果樹園が、収穫の楽しさを私達に分けて欲しいです、今年の暑さは葡萄の結実を早めたかも知れませんが、実際に果実を見ると嬉しいです!)

</object>
YouTube: 長渕剛ALL RIGHT 【2010-2011 TOUR TRY AGAIN at YOYOGI】

コメント

古民家のある一関市東山町松川地域の穀倉地帯の稲刈りの風景です!

2012年09月19日 | 一関市東山町

Dscn1161

一関市東山町松川地域のJRドラゴンレール大船渡線の陸中松川駅が田園の前にあります。

日曜日は、農繁期で家族が集まる日で、天候も晴れていたので行って見ました。

黄金色の稲穂と稲刈りを始めた光景が目の前一杯に広がっていました。

Dscn1162 

(写真:平成24年9月16日午後4時頃撮影)

Dscn1164 

かつては、水害で少しの雨でも砂鉄川が増水して水没していましたが、平成14年7月11日の大水害以来、大規模な水害対策が行われ現在は、水害はありません。

稲穂が頭を垂れています。今年の収穫の秋は美味しいお米が食べられます。

Dscn1165

コンバインが活躍しています。

Dscn1167 

Dscn1168 

水田には、稗(ひえ)等の雑草が付きものですが、一面に稲穂だけが太陽の光を浴びて綺麗な田園風景です。

Dscn1170 

石灰岩の山肌が数km続いていて、道沿いからの風景は散策の初秋の隠れた名所です。

Dscn1172 

コンバインと軽トラックです。

コンバインに溜った籾(もみ)は軽トラックで運ばれて精米されるのもあり、すでに新米を食べた方がいらしゃるかもしれません。

機械化が進んでも、家族は一緒にいて、お米の出来を見ています。

お年寄りの方が、椅子に座っていますが、仕事は心得ていて隅の稲を刈ったりと忙しいです。

Dscn1174 

畑と田園風景の中で小屋には、稲束を掛ける木が入っています、

素朴で懐かしい光景が東山町松川地域に広がっています。

稲刈りが終わると景色は、秋色にゆっくり変っていきますが、都市部で働いて将来をこの地域で「自分達の楽園をつくる!」仲間がいます。

里山の田園風景が心を引き付けるのは、「共通の心の中の原風景」だからかもしれません。

(古民家のある一関市松川の野平地域周辺から見た秋の農閑期を迎えた景色は、休日にはこの地域の各地で見られますが、穀倉地帯と言えるまでになったのは、水害と戦った多くの方々の知恵と汗の結晶です!)

</object>
YouTube: フレンズ 高橋真梨子 '98

コメント

古民家に6歳の孔雀が2羽仲間入りして合計6羽になりました!

2012年09月15日 | 古民家の孔雀

Dscn1131

古民家に平成24年9月11日に大人6歳の孔雀が飼い主から電話があり「育てられ無いので飼って欲しい!」との話で育てる事になりました。

(写真:平成24年9月12日撮影)

古民家の孔雀の4羽の3カ月雛は、餌場を自由に歩いて落ち着いていますが2羽の孔雀は来たばかりで、落ち着きが無いので撮影は、ガラス越しに行いました。

2羽は雄と雌の話しがありましたが雉(キジ)の雄雌を想像していましたので見分けが尽きませんが、尾が長いのが雄と言う事でした。

Dscn1142

古民家の孔雀は、東日本大震災の復興のシンボルで震災と和歌山県を含んだ近畿地方の豪雨の時に羽化率が低い中の6羽が到着していました。

孔雀は2羽残りましたが、事故でいなくなり、新しい4羽の雛に大人の羽根が綺麗に開くのを期待していましたが、東日本大震災から1年6カ月の日に新しい綺麗な羽根の大人の孔雀の到着でした。

6歳の孔雀は環境が変わったために餌は、少しずつしか食べていませんが、里山の空気に早く慣れて欲しいです。

(古民家の愛鳥家の代表にとっては、6歳の大人の孔雀の到着は、退院後のビッグ・サプライズです、孔雀が合計6羽になっていますが害獣対策等を考える代表の表情は楽しそうです!)

</object>
YouTube: Eric Clapton - Layla

コメント (2)

一関市東山町「第12回唐梅館絵巻」9月30日(日)開催!

2012年09月13日 | 一関市東山町

001

第12回唐梅館絵巻が、平成24年9月30日(日)に一関市東山町唐梅館総合公園で、長坂商店街を午前11時スタートで開催されます。

(写真は、広報いちのせき Iーstyle 2012№168 9.15内に入っていたパンフレットを使用しています)

特別出演は、「渡る世間は鬼ばかり」等で活躍の三田村 邦彦さんです。

心はひとつ・がんばろう東北 

   第12回唐梅館絵巻(からうめだてえまき)

今年は、「盛岡さんさがやってくる!」で、長坂商店街で11時過ぎと唐梅館総合公園で14時頃に2回、見る事が出来ます。

鎧姿の武将と艶やかな催し物で街は、今年も午後6時頃まで賑わいます。

Dscn1226_10505

(写真:平成23年9月25日撮影)

昨年の開催は、9月25日(日)で特別出演の総大将は、辰巳 琢郎さんでした。

002 第12回唐梅館(からうめだて)絵巻の日程表です。

交通規制案内図と周辺観光地をお楽しみ頂きたいです。

Dscn1235_10514

軍議参上行列に、勝部 修一関市長が鎧姿で馬に乗り笑顔で手綱を握って参加されています。

Dscn1271_10550 軍議再現は、総大将への挨拶の口上が大将毎に違い楽しみが増えています。

Dscn1279_10558

昨年の会場全体は、東日本大震災の慰霊碑建立と一関市と藤沢町の合併が祭りに盛り込まれて意味深かったです。

今年も、一関市東山町「唐梅館絵巻」で約400年前にタイムスリップして時代絵巻で賑わう季節がやって来ます。

003

「唐梅宵祭り」が、9月30日の15時から18時まで、唐梅館イベント広場で、餅まき1000個等のイベントと特別ゲストの盛岡さんさの踊りがありアトラクションが一杯です。

無料送迎バスの案内は、当地域分です、JR大船渡線猊鼻渓駅が一番近い駅です。

(一関市東山町の唐梅館絵巻が9月30日の日曜日に開催されます、唐梅宵祭りも出店が60店と食べる楽しみも増えています!)

</object>
YouTube: げいび藤美連-2012年すりさわYOSAKOIまつり 午後の部

コメント

古民家のある里山は実りの秋で農繁期を迎えます!

2012年09月11日 | 古民家

Dscn1109

古民家の休耕田の下の水田は、稲穂が日差しを一杯に浴びて頭を垂れています。

昨日は、暦で「ニ百二十日」です。収穫の秋は雨が降らずに水泣きですが里山の稲は立派に成長しています。

子供の頃にどじょうを獲った水田が手前で、雑草に覆われた傾斜の下が小川でサワカニがいます。

時代と共に水田の形は変わって行きますが、農繁期の秋は、いつもの変わらぬ景色を伝えています。

写真中央が、束稲山(596m)です。稲束を掛けて干している形にこの地域では見えています。

Dscn1112

(写真:平成24年9月9日撮影)

今日は、東日本大震災から1年6ヶ月ですが私達が住んでいる家の石垣が崩れた場所の工事内容が今日の朝にやっと決まりました。

崩れた場所が家から1.5m位まで雨とその後の地震で迫って来ていましたが、業者さんに一切をお任せする事にしました。

しかし、東日本大震災の復興はこれからです。肝に銘じて忘れてはいけない事実です。

Dscn1115

古民家の休耕田から、ススキが輝いて見えます。日差しは秋色の黄金色です。

季節は、秋模様です。また、農繁期で忙しくなる里山の風景が実りの秋を伝えてくれます。

(古民家の水田は、東日本大震災で地盤が傾き、稲作を諦めましたが、次世代に渡すために徐々に別の形にしていきます、里山の秋は、収穫の秋ですが、子供達にとっては、トンボやバッタ、イナゴ等の昆虫採集の時期で自然に触れる時間が長くなります!)

</object>
YouTube: 遥かな人へ〔in LONDON '94〕高橋真梨子 Mariko Takahashi

コメント