Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

お家じかん

2018-04-28 17:53:20 | My home
ユーカリの
なんとも言えない
くすんだ緑色が大好きです。

メガネを新調しました。
去年と同じ
カイリーミノーグ ブランドです。

あと ユーカリって枯れ始めて来ると
なんとも言えない良い香りがするんです。

職場のガーデンで見つけた赤い実
を付けた植物。

一輪だけ頂いて来て
帰宅後
アンティークの小瓶に挿して。

何も毎週のように
花束を購入せずとも
こうして身近な植物を家の中に
飾るだけで

なんとも良い気分で
お家時間を過ごせます。
コメント

サメって美味しいんです

2018-04-24 16:57:12 | おウチ ごはん
近所に出来た
オーストラリアの大手スーパー
Woolworths。
買い物途中にふと柿を見つけました。

思えばここオーストラリアは
今は秋にあたるんですね。
紅葉とか四季がないオーストラリアでは
季節というものは雨季と乾季だけでして
目に入った秋っぽい柿が
とても新鮮に思えました。


そんな柿の隣には
フェイジョア??
見たことも聞いたこともない緑の果物

オーストラリアのスーパーって
こんな風に見たことも聞いたこともない
食べ物がふと陳列されている事が多いです。

そして嬉しいことに
このご近所Woolworth の
鮮魚コーナーは良いです。
いつも新鮮で回転率も高く
安心してシーフードが買えるんです。


そして本日見つけた
サメ🦈。
サメって新鮮ならば(古いのは臭いですぐ分かります。)
とっても美味しいんですよ。

いつもの食べ方は醤油とみりんに
一晩つかせて

後日トースターなどで焼くだけ。

サッパリと和風で頂くのが
最近の私のサメ肉の食べ方です。

とっても簡単なので是非試して
見てください。

コメント

帰国の時に家族からリクエストされるものもの

2018-04-20 17:59:36 | Australiaに住む
オーストラリア🇦🇺ドルなんですが
帰国が迫って来た最近
少しずつですが上昇気味です。
タイミング良いぞっー!
もっとガンガン上がって欲しい〜。


そして私なのですが日本に帰国の際って
本当に何を買って帰ったら
良いものなのか
悩む。
こう言っちゃあなんだか
オーストラリア製品って大したものがない
と言うか日本が揃いすぎ。


でもこれは以前までの悩みでして
最近は家族にはっきりと
何かリクエストある??
と聞いています。

そんな家族から毎年お願いされるもの。

オーストラリアの手作り石けん。

部屋に置いておくだけでも
良い香りが漂って来ます。


今年もまた スワンバレーにある
House of Honey 🍯
で購入して来ました。


私が毎朝ミニエクササイズを
行う部屋にとりあえず帰国まで保管
しているのですが

部屋に入ると石けんの
爽やかな香りが良い感じです。


この石けんが家族も元に届くまで
1ヶ月と少し。

私も香りを楽しませて貰って
おります。
コメント

韓国人は良くも悪くも逞しい 浮浪児1945

2018-04-17 17:29:04 | 読書の時
野菜料理に長けている
韓国料理のなかでも
しょっ中作るのがチャプチェ。

冷蔵庫の余り物野菜を
刻んで牛肉の細切れかミンチ肉に
焼肉のたれ味を絡ませ
最後にごま油を混ぜて適当に
作って行く。

今読んでいる最中の本。
浮浪児1945。

東京大空襲の後にひとりで
残された孤児達が上野駅に集まり
戦後直後の東京で浮浪児として
どうやって生き延びて来たのか

そして

今も日本の極道会 芸能界 様々なところに
表向きは日本人として幅を利かせている
韓国人が何故に現在の日本での場所を
作っていったのか
凄く納得が出来る本でもある。

話は逸れるが
戦後の日本の闇市のたくましさも

すごい。

浮浪児達はアメリカ軍の兵士に
気にいられるとジープに乗って基地内に
入る事が出来たそうだ。

そしてアメリカ軍の基地の残飯には
残り肉がたんまり入ていて
残飯をゴミ箱からゴッソリと盗んでは
闇市のスープ屋の元にもってゆく。

そして闇市のスープ屋は浮浪児の
残飯を買い取り
ごちゃ混ぜスープとして売り捌き
大繁盛だったと言う。

しかしこの残飯スープ
時には使用済みのコンドームや猫
の死骸が売り終わった後の
スープ鍋の底から出て来たと
当時の浮浪児が証言しているから凄まじい。

そして戦後の闇市を
あらゆる方向から仕切っていたのは
韓国人が大変に多く
テキ屋に極道に芸能と
戦後 日本が復興に向かって進む中

韓国人が幅を利かせ
今の日本の構図が出来たのは
当たり前のことなのだと納得もした。


まだこの本は半分しか読んでいない。
残りの半分を読み終えたら
また違うのかもしれないが

今はどうして日本で
韓国人が特に芸能界 極道会
にたくさん居るのか

簡単だったんだな

これは歴史が作った必然なのだ。

コメント

帰る場所

2018-04-15 19:01:53 | 家族のじかん
日本帰国。
私は基本毎年帰っている。
家族と一緒に過ごす時間を作る
これが一番の理由だが。

私の仲の良い友人は
実に7年間日本には帰っていなくて
最近ようやく自分の意思で
帰ると決めた。

実に7年間もの間
オージーパートナーに
自分の意見を表立って言えないような
モラハラの真っ只中に居たのだが

帰国を決心した彼女を見ていると
脱皮したと言うか
次のステップに自ら進んだというか
やっと やっと清々 彼女が居る。
もっとやったれーー!!
人の事だけど本気で思っている。


そして今回の
私自身の帰国日まで
あと少し。

父の誕生日と退院祝いに
グリーンのプリザーブドフラワーを
送った。

昔は山に出掛け野草を
ドッサリと籠に積んで来ては
家中に飾る事が好きだった母は
残念だがもう居ない。

私の実家には父と母以外誰
も近くには住んでは居ない。

今も母は言うが
子には自由に外に出て行ってもらい
好きなように生きて欲しい。

自分の父親からぎゅーぎゅーに
押さえつけられて育った母が
私達姉妹にくれた大きな人生の自由
だったと今心からそう思う。

あともう少しで帰国。
今年もまだ私には帰る場所がある。

父と母と一緒の時間を
淡々と過す。

それだけでもう良い。
コメント