Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

オージー男性もキレやすいか

2018-03-30 14:30:21 | Australiaに住む
オーストラリア在住歴も
長ーくなって来た私が初対面の
日本人の人から聞かれる質問と言ったら
もう長いんですか?在豪歴が。
その次に決まって来るのが
旦那さん オージーですか?

この二代 質問に間違いないっ!

オージー旦那。

私は大昔にオージーとお付き合い
した事はある。
また国籍を問わずパースの友人も
オージー旦那と所帯を持っている
人も数多くいるがっ

オージー旦那を持ったばかりに
揉めに揉めているカップルは
余るほど見て来た気がする。


国民性だろうが
オージー男性は一般的に
キレやすい。

ははは 先日オージー女性はキレやすいと
ブログに書いたばかりだが。


女癖.....はっきり言うが悪い。
東南アジアに囲っている
彼女やらあちこちで聞く。


あとこれは私が特に思うのだが
人の気持ちを汲んで落ち着いて
関係を見直すとか
そういう事が苦手な人が多く
一度でも関係が悪くなったら

ええーい!!
もうどうでもいいわっ!!

とモラハラに走ったり
ぐっちゃぐちゃに関係をどんどんと
悪い方向には加速させる

つまりは自分自身に
耐久性が乏しい人が多く目に付く。
諦めやすいですな。一般的に。

オージー男性と女性も!
人生を一緒に進んで行く事は
そんなに容易な事ではない。
実体験や周りをぐるっと見回しても
個人的にはそう思うのですな。

ははは.....はっきり言うと
そうなんです。

オージーは男女ともにキレやすい。

コメント

キレるオージー女性

2018-03-27 08:02:31 | Australiaに住む
ALD Iって
大手スーパーの売れ筋商品を
上手い具合に自社製品としてコピー。
大手スーパーの商品にも劣らない
クオリティなものだから
最近の週一の買い出しは

まずALD Iから始めて
バババッ〜と必要なものを買い

その後にALD Iでは揃わない
シーフードやアジア野菜を買いに
他スーパーで買い足す。
これが最近の買い物のパターン
になって来ております。

そんなALD Iの駐車場で
これぞ オージー女性だっ!
という場面に遭遇しましたっ。

「マザーっ ファックーー!!!」
の女性の大声のする方向には

高齢の母親と30歳くらいの娘に
5歳くらいの男の子の3人連れ。

推定体重100キロ越えの
30歳代くらいのオージー女性

ガンガンって 車の後方部分を
手で叩きながら

ファック ユーー!!
出てこいっ!
私の息子が轢かれる
ところだったんだぞーーーーー!!!

とギャンギャン喚いておりました。

どうやら車がバックをして
駐車場から出ようとした時に
ちょうどその真後ろを3人連れが
横切ってトラブルになっているらしい。

実際には車との接触はなかった様子。
でもこのオージー女性の
尋常ならぬ怒りっぷり💢
は運転席から出て来ない男性に
これでもかと向かっております。


あの〜お子様の前では
少し控えた方が良いのでは.....
と思わせるFワードの連呼に

これまた お子様の前で
他人の車をガンガン手で叩き続ける母。

オージー女性ははキレやすいか。

私) めちゃくちゃYes

これは長い事ここで暮らして来て
実際の経験から基づく私の正直な感想ですが。
コメント

普段決して使わない英語を知る毎日

2018-03-23 18:53:51 | ひとりごと
父の今回の入院で
普段の会話ではほぼ100%使用する
事がないであろう英単語
をネットで発見する毎日である。

それもこれも仕事場の人から
説明を求められるからなのだが......
だって
大動脈??
英語でなんて言うか知らんってー!!

とりあえずスマフォでタタタターっと
大動脈 英語で打ってみると

aorta や aortal
と出て来るが発音は
エィオー(ル) タァ
となるらしい。

とりあえずブツブツとひとり
エィオータァ
とそれっぽく発音してみる。

次に今回の手術に至った父の病
大動脈瘤
日本語でも意味わかんないぞ!

を探してみたところ
aortic aneurysmsと出て来たが

は 発音が??????

エィオーテック アニュリズムぽい
感じでまたひとり ブツブツと発音練習。

父の今の現状やらが
ここ数日頭から離れずに
ぐっすりと眠るなんて無かった今週。

手術中の父の側には姉と母が
付き添っている。

エィオーテックやらエィオータァと
ひとり 悶々と聞いた事がない英単語の発音
を頑張っていると

少しは気が紛れると言うか
自分の発音に熱が籠っちゃって

実に良い気晴らしになります。

コメント

落ち着く色合い

2018-03-21 16:26:27 | ひとりごと
父の病状が気になって
いるんだろうが
ここ最近 なんだかショボショボとし
気持ちが沈んでいる。

あの祖父譲りの運の強い父だから
大丈夫という気もするのだが
父の身体が着々と限界に
近づいているんだと言う事は強く思う。

最高気温35度の本日
汗ダラダラで帰宅後アップルサイダーを飲む。

少し元気になった。
たっ 単純や〜〜。


夕方になってもまだ暑い。
でも私の食卓に欠かせない野菜料理の
作り置きがなくなってしまっているので


ザクザクと緑の野菜を刻んでゆく。


グリーンだらけな本日のブログ。

グリーンって落ち着く色合いで
大好きなのだ。

こんな時こそ平常心を忘れないよう
いつも通りに暮らしていこう。
コメント

父に会いに行く

2018-03-17 17:57:54 | ひとりごと
私の父という人は
裏表がまるでない性格なもので
人からは好かれるか嫌われるか
両極端な人だと思う。

竹を割ったような性格という言葉が
しっくりくる人なのかもしれない。

父は十数年前に生きるか死ぬかの
大病をしてICUに2週間入り
見事にこの世に帰還した。

父の父 すなわち私の祖父もICUで
生きるか死ぬかの瀬戸際があったが
2人とも帰還後に同じような経験をして
話してくれた事がある。
昏睡状態の時の記憶らしいが

三途の河の抜こう側から
死んだ兄弟だったり知り合いだったりが

こっちに来ーい。
と呼んでいるのを
「まだ行きたくないっ!」


と断って戻って来たんだと言う話を
かなりの時間差だが
祖父から そして父からも聞いた。

ただこれはICUに入る程の極端に
酷い身体弱症の真っ只中にいた訳で
こう言った夢を見ると言うのは
人間の心理的な物も大きいのかもしれないが。

そんな父が近年 母に対して
あの状況から帰還して十何年も
生きて来られたのだから
いつ死んでも悔いはない

と言っていたらしい。

父は先週から県でも一番大きな
病院に入院している。

それ程病状が良くないらしい。

危篤状態などでは無いが
父はやっぱり父で
来週に行われる手術のサインも
父らしく淡々と済ませて
マイペースを崩さないようだ。

オマケに母には
娘らの余計な負担になるから
いちいち連絡するなと怒ったらしい。

6月の帰国時に父とまた時間を
過ごせるのならば
私はきっと父と過ごす今年の時を
一生忘れる事はないのだ。

いよいよ もう 時間が無いと思っている。

昔聞いた三途の河の話の真相も
ぜひ聞いて見たいが

父なら

「はははっ 忘れた」

の一言で終わりそうでもあるが。


コメント