Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

少しも感情移入が出来ない映画

2018-08-30 01:51:14 | Movie
子宮に沈める

大阪2児置き去り事件を
元にした映画らしいが
これっぽっちも感情移入出来ず。
このマヨネーズを頬張る少女のシーン
以外何かあるのかね?
この映画って??

子供は最初から最後まで
健康的な顔色に体型。
甘いものでも渡して子役に一生懸命
動きの支持をしたのかなみたいな
延々と意味のない行動を
あっ監督以外ね。
ずっと見せられている感じ。


終わり近くに母親が出てくるが
人が落ち切った時って
夜叉のような雰囲気を持つのでは
無いのかと勝手に想像するのだが

母親の演技からは
相変わらず何も汲めない。

2人の亡骸を椅子に座らせ
窓を開け放して
どうにもこうにも
清々しさいっぱいな
死体のあるアパート。


嘘だろ。
こんなのさ。

人が落ち切った時
地獄に一歩二歩
脚を入れてしまって
底なし沼の如く抜け出せない
踠きとか

別世界に足を入れた人特有の
常人には理解出来そうにも無い
闇の雰囲気が一切ない。

見終えた後もやはり感想は

うそだろ。
こんなのさ。

そんな映画でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 作り置きに赤い花 | トップ | あっちもこっちも潰れてゆく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Movie」カテゴリの最新記事