Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

戻る

2018-06-19 06:05:17 | 家族のじかん
トンネルを抜けるたびに

故郷の香りが徐々に近づいて来ます。

一年ぶりの畳の匂い。
ただそこに居るだけで
なんだかヌクヌクの温泉に
浸かっているようです。

年に一度だけの小さな時間。

退院して来てガリガリに
痩せ細ってしまった父。

幼馴染の友人達との再会。

一年で一度のこの故郷での
時間だけは

仕事の事もスッポリと
頭から抜け

昔と全く変わらない
幼馴染との会話に
腹の底からゲラゲラ
笑って

母の作ってくれた料理に
たまには甘えてみる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東京Deepな夜 お終い | トップ | 生卵ごはん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家族のじかん」カテゴリの最新記事