Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

突き刺さる言葉

2017-02-22 17:54:54 | ひとりごと
仕事場で
年配の男性が

君はチャイニーズ?
と聞いてきたので

ジャパニーズです。
と答えたら

老人特有のギョロッとした目で
いきなり

戦争の事 知ってるのか?
と聞かれ

周りも私も

しばし絶句。

人種差別的 経験は何度もしたが

戦争に関して年配の人から
ここまでハッキリ言われたのは
初めての経験だ。


言われたこっちは
どうすりゃ良いのだ?

それも大勢の他人の目前でさ。

なんか気分は

バスんって

心臓に矢が刺さったの如く
ショックだった。

向こうにしてみたら
ただの一言だけど

矢を向けられたこちらは
体に刺さった矢をボッキリと折って
我が身から抜かすのに時間が必要なのだよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 君は頼りになる男だい | トップ | ジョブ インタビューまで漕ぎ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとりごと」カテゴリの最新記事