Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

ホリデーから持ち帰ったものもの

2017-08-08 07:10:14 | ベトナム 青いパパイヤの香り
ベトナムから帰って来て
早いもので2ヶ月が経とうとしております。

またベトナムに行きたいかーと
聞かれたら
絶対に答えはYes!!

あの国は何度でも足を向けたくなる
魅力が私の中では溢れておりますー。

今回のベトナム旅で購入したものもの。
ホーロー雑貨。

ハノイの旧市街地に位置しています。
シンチャオ(こんにちわ)と挨拶して
早速店内へー!ワクワクします。

小さな小さなお店なのですが

もう 可愛いホーロー雑貨に
こっ 興奮しますっ!!


もうどれもこれも可愛すぎて
どんどん買っちって
我は満足じゃいって気分です。

今回パースに持ち帰ったものものです。

私はチープなアジアン雑貨大好きなんですー。

こう言った値段のない
アジアの雑貨を購入する際は
余程ふっかけられている感じがしなければ
私は一切値段交渉はしないんですよ。

だってここ東南アジアだから!
現地の人と同じ値段で
売ってもらおうなんて最初から
期待してないのだ。

こうして旅先から
持ち帰ったものものたち

パースの自宅で大いに活用させて
頂いております。
コメント

ハロン湾とタムコック ムカムカを少し書きだめ2

2017-07-22 18:00:36 | ベトナム 青いパパイヤの香り
分かるのだ。
お金に余裕がない人々の
切実なお金に対する執着心。

しかしだよ....
タムコックで出逢った
おばあさんは

業突く張りババさん
みたいな感じで可愛げも何も
あったもんじゃなかったのよー。

のんびーり時間が過ぎて行く
タムコックで出逢った先頭さんは
もうかなり年配のベトナム🇻🇳女性で
すいませんねー おばあちゃんに船こがして
と思っていたのが

おばあちゃん
業突く張りババにヘンシーン!!
私たちが乗る小舟を
物売りの小舟にピタッと付ける
その様は正しく息ぴったり!!


そして実にくだらない駄菓子やら
売りつけようとするのだが

なんと漕ぎ手のおばあちゃんに
ジュースや駄菓子をパスして
これも一緒で$10だ!

ばあちゃんに買ってやりなよー!!
みたいなゼスチャーをする。

私は貧しい国に行ったら
正規料金ではなくとも
そう言った雰囲気でお金を多く支払う
のは全く気にならない。

しかし後ろを振り抜き
先頭ばあさんの
あったりメーだろ!!
よこせコラ!

みたいな顔を見ちゃったら

業突く張りババさん
参上ーーー!!

みたいな感じで
もう思いっきりしっラーーーーー。

おまけに何だか最初から
気になっていた
ばあさんの足元にあるバケツを
ぱかっとばあさんが開いて
ワンダラー ワンダラー
船上物売りばあさん
にまたまたヘンシーン!!

あーもうこの業突く張りババさんとは
さっさとおさらばしたいのだー!!

と船着場が見えてきて
ホットしていたら

マダーム!
チップ チップ!!

だってよ。

チップはこういったお国柄だから
最初からあげるつもりで
持っていたにだが

実ーに可愛げない
ババさんに辟易。


それでも数ドルほどだから
かなーり いやーな気分なのだが
パパッとチップを渡したら
指先に唾をつけて
すぐ様お金の額を確認!!

マジで可愛げないぞー!!
タムコックの漕ぎ手は!!!


ちなみに前回のベトナム旅では
ハロン湾に行ったので
今回はタムコックにしてみたのですが

どちらが良いかと聞かれたら
業突く張りバァさん無視で素直な感想。

ハロン湾でしょうな。

ツアーの時間はハロン湾の方が
凄く長くなりますが
ダイナミックさではハロン湾の方が
断然良いと思いましたよ。
コメント

旅先で怒った事を少し書きだめ

2017-07-02 19:10:17 | ベトナム 青いパパイヤの香り
今回のベトナム旅で
あーバカバカばかー!!
と自分で自分を怒りたくなる
出来事が少々あったので書いてみたい。

まず!これからベトナムに
行こうとしている方
タクシーは酷いって!
ホテルから呼んでもらった
大きなタクシー会社でも
信用なりません!!

だってそもそも大きな会社が公式に
使用しているタクシーメーターの
桁が本来支払うべき額の
10倍増し設定だもの。

大きな会社でこうならどうしたら
よいのだ??
ハッキリ言うがタクシーは使うべきじゃない。
揃いも揃って詐欺師集団みたいでしたよ。
英語が言えるなら悪名高いシクロ
の方がよっぽど安心だと思う。


あんまりにも露骨に詐欺るので
ブッチーンと切れた私は
ふざけんなっー!!
どこの会社だ!!
ビジネス名はなんだ??
お前は名前なんて言うんだー!!
そもそもホテルにって言ってるのに
ATMの前で止まるとか
なめるのもいい加減にしろッー!!!

と英語で捲し立てたら

わかった 分かったよ〜みたいな感じで

$40ほどの請求額を
十分の1の$4の正規の料金で
お釣りまでくれ
何だかポッカーンみたいな.....。
自分でも分かっておるのですがね、
ブッチーンと切れたら
どわっーと怒るこの性格 直さないと。


特に観光地で客を待ち構えている
どう見たってシンプル過ぎるメーター
とか社名やIDが掲載されていない
車は絶対に乗るべきじゃないと言うか

乗って気がついたなら
すぐ様降りるのが得策。


だって最初から騙すために
そう言った場所に大勢で
待機しているのだから。

これはもう次回使用するならば
ネットで完全に
ベトナムのタクシーの基本料金と
メーターの見方を熟知して尚

英語を言えないタクシードライバーと
いちいち言い合えるパワーが
有るならばチャレンジして見ても
良いかもとしか言えません。

ベトナム タクシーは
ムカムカ
しながら使用する。

これが正直な感想ですー。
コメント

ココナッツ村でベトナムを感じる

2017-06-13 09:00:03 | ベトナム 青いパパイヤの香り
ホイアンって
良い街なのですが
夜に灯されるランタンと共に多くの人々で
賑わい始めるホイアンは
まるで千と千尋の世界なんですー。


オプショナル ツアーは
かなり限られております。


市内観光なんて個人で出来ちゃうし
古都 フエに古城を見に行くのも
家族は興味ないようだし......

そこでネットで見つけた

ココナッツ村 エコツアーなるもの。

なんでもホイアン近郊のココナッツ村
に出向きバンブーボートなるものに
乗って地元漁師の漁を見て
自分で釣りも体験出来ちゃうツアーらしい。

早速予約して行って来ました〜。

総勢15人くらいで
なんともベトナムチック🇻🇳な
古〜い船に揺られること40分。
村が見えて来たっ!

あれがココナッツ村かっ!
バンブーボートがたくさん待機していて
私達の乗るボートに
「こっちに来いー」
と手招きしております。

小さなボートなので定員は2人。
漕ぎ手のベトナム人達は大変陽気で
ヘーラ!ヘラヘラ〜!
の大合唱をしながら
漕ぎ手のおばちゃ達と共に
ココナッツ村の奥へと進んで行きますー。

しばらく進んで行くとピタっと止まり
おばちゃん 小さな棒切れに糸
がダラーんと付いた物を
私に手渡すでは ないですか??


そしてフィッシング!と一言!
どっひゃー パンフにあった
魚釣りって
これかーい??
仕方ないから苦笑いしながら
なんとも頼りない釣り糸を取り敢えず
垂らして見るが

こんなんで
釣れるわけないでしょー!

そしておばちゃんは
ごそごそと何かを作り始めたっ!

手渡されたのは笹の葉を簡単に丸めて
作った指輪だ。
正しくエコツアーだ。いや エコ過ぎる。

そして我が一行のバンブーボート
一同に集まった!

何が始まるのかもうここまで
来たら違う意見で
めちゃくちゃ期待が高まって来たっ!

バンブーボートの片隅から
網を取り出して仲間のベトナム人の漕ぎ手
にパスしたっ!

するとっ
ガンガンガンガンとオールで
ベトナム人達がバンブーボートを
叩き始めた!

どうやらパンフにあった
地元漁師の漁を見せてくれるらしい。

網をベトナム人🇻🇳が引き揚げると
所々に引っかかった金魚程もない
大きさの小魚に
イェーイーイェイえー!!
の大歓声!

ベトナム人達のテンションの高さと
ツアーのユルさ
ベトナムを大いに感じさせて
いただき
何だか


このツアー許せる。

と言うか今回のベトナム旅行の中で
一番笑えたかもよ。

ホイアンに出向いた際は
是非このココナッツ村エコツアー
参加して見てください。

なんと言いますか......
ある意味思いっきりベトナム🇻🇳らしくて
笑えます!でも本当にオススメですよ。

コメント (2)

ゆるく過ごす。mango rooms cafe

2017-06-10 18:30:52 | ベトナム 青いパパイヤの香り
一般的に東南アジアは
ユルイと言われるが
ベトナムも相当ユルイ。

しかしホイアンがある中部の
湿度の高さは決してゆるくない。

熱いとかそんなんじゃない!
もう街全部がサウナ状態?


余談になるがハノイのエステで
豪勢に4時間のセットメニューで
ノンビリしてやるぞーと手始めに

スチームバス
なるものを体験した。

マジでぶっ倒れるかと思うほどの
藁?かなんかで燻される感じ??

どうなっているかは
煙もくもくで
わからなかったが
ブッほーと
数分おきに尋常じゃない量の煙が
藁みたいな所から出て来て
息継ぎ出来んーーー!!

スチームバスって言うから
ノンビリバスタブに浸かりながら
バラの香りなんかのスチームで
癒されるかと想像していたら

狭いシャワールームに二脚パイプ椅子
みたいなのがあって家族と2人向かい合い
げほーゲホっ言いながら
燻に耐える修行みたいでしたわい。

もちろん途中でギブアップです。
あれを最後まで耐えられる人はいるのであろうか??

あれはスチームバスでは無いですーー!
もうね
修行道場みたいでしたよ。


そんなある意味ユルイベトナム🇻🇳
ホイアンで
出会ったカフェ。

Mango rooms

会計の際に分かったのだが
ここ開店から夜の7時まで
カクテル半額ですよ。

なんちゅー長いhappy hourなのだ。

そしてこのhappy hour中は
ドライマティーニ通の私が
文句の付けようがないっ!!
と思ったカクテルが
一杯300円ほどで頂けちゃうのです。


トゥボン川のほとりにある

実にノンビリとした空間で
お気に入りの席はもちろん

お座席でマッタリです。

そしてこんなところがベトナム🇻🇳っぽいのですが

トイレが厨房のど真ん中に
位置してるため

トイレに行く度に
ベトナムクッキングも拝見出来ちゃいます。

ゆるーく時間を過ごせますが
カクテルは本格的でゆるくないです!


また絶対に戻りたい。

そんなオススメのホイアンで
出逢ったお店でした。
コメント