Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

凄い所に来たものだ

2018-05-28 16:55:01 | Australiaに住む
パースに住んで長い時間が
経った私ですが
本日初めて歩く事となった
そう ミッドランドの駅周辺。

いや 天気もどんより〜〜と
グレーがかっていて
これで晴天ならまた雰囲気も違う
だろうに.....よりによってこの天気。
想像はしていたがだよ
いや ミッドランドは
想像以上に
濃かったです。
はい。

駅を出たらまず 居るわいるわ
絶対に普通ではない状態の
アボちゃんの軍団。


ミッドランドの特徴は白人が多い。
でもその白人の人達というのが
パースで一番底辺に暮らす白人
みたいな人ばかりが目に付く。

待ち時間が2時間もあったので
駅周辺からぐるっと
新しいショッピングセンターまで
ミッドランド散策をして見たけれど
もうね 経ったの10分の間に
お金くれと3人に聞かれ

余談だが私の前を歩いていた
白人のおばちゃん。
金くれと言われたら
はっ??今のこのご時世で
キャッシュ持ち歩いている人が
いると思ってるの!!まったく!!

と言い放ってスタスタ歩いて行った。
凄いぜ ミッドランド一般住民。
慣れを感じさせてくれます。


とにもかくにも
まともな人が極端に少ないですって。
アボちゃんと荒んだ感じの
白人の人たちしか
すれ違わないのだーー。

待ち時間はカフェでゆっくりとか
考えていた私はミッドランド舐めてました。

とりあえず時間もあり過ぎるほど
残っているし
この荒みきった場所から
退避したいーーと


到着しました。
新しい感じのショッピングセンター。
小腹も空いたし
やっと安全な場所に辿り着いた感で
頼んだラクサ シーフードヌードル。

いつも思うのだが
フードコートのチャイニーズ系の
シーフードヌードルは
シーフードとは言わずに
カマボコ系

ヌードルと呼んでほしい。
シーフード何て何処にあるのさ??

やっとこさ アポイントメントの
時間も近づき

クリニックに入った私。

パース在住歴も長いのに
かなり安心してしまった。

凄いぞ この街
ミッドランド。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいワンタンが半額ですー!

2018-05-26 18:02:56 | Australiaに住む
寒いです❄️
日に日にパースの冬が
近づいて来た感がある本日

パートナーの大好物
ポーランドの煮込み料理ビゴスを

コトコトと煮込んで

あめ色になった3時間後
まだまだ完成してません。
まだ水分が残っている状態なので
明日また煮込んで出来上がりとなる
結構手間がかかる料理なのです。
それなのにさ
ガツガツ食べてこれが足りない
あれが足りないとか
ブツブツうるさい奴がおりますがね。


これから自分用のご飯を作るのも
億劫なので
お気に入りの冷凍食品を
今晩はいただきました。


ゼイ肉の付きやすい中年期の
私は自宅ではほぼ揚げモノ料理
を断念しているこの頃です。
トースターでチンです。

冷凍食品はあまり好きではないのですが
このWoolworthsで販売されている
海老ワンタン 美味しんですよーー。


それも今週は半額半額っ!!
いつもは$7以上するのに
$3ちょいで買えるということで
3つ買っておきましたわい。

手抜き料理バンザーイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転マナーを想う

2018-05-04 17:46:47 | Australiaに住む
オーストラリアで
運転していると どこにでもある
ラウンドアバウト。

方向指示器を出さなければ
まじで危険な事になるのですが
いるわ いるわ

方向指示器 完全無視で
突っ込んでくるドライバー。

これは絶対に
ウエスタンがダントツ多いのだ。


ウエスタンの特に若い男性は
運転がめちゃくちゃ荒い。

女もちらほら見かけるがね。

何をそんなに急いでいるのか?
親の死に目でも迫っているかの如く
狂った運転。


なぜ そんなに前方を走る車に
ビッタリとくっ付いて運転するのか?

どうしたってムリじゃないの?
ってところから超危険な追い越しに走る。

今日 仕事からの帰り道
赤信号で停まっていたら
右側の車線に
ききききっーーーと
若いウエスタンの男が
前方に停車中の信号待ちの車に
突っ込むんじゃ無いかと思うほどの
近距離で停止。


そしてその男!
せっかく停止して
突っ込まなかったのにだよ!

まだ赤信号で停車している
前方のさっきの車に
さっさと行けっーー!
みたいな感じで後ろから
ドッカーンと体当たり!


隣で一部始終を目撃した私は?????
こっ これはポリスが来た時に
証人になった方がよいのかね??

なんて考えていたら
青信号になった途端に
突っ込まれた車が
すスッーーと発進。

少し進んだところで停車して
話し合いでもするのだと思っていたら

突っ込まれた車
何もなかったかのように また
すスッーーと右折してどこかに
行ってしまいました。


そして突っ込んだキチガイじみた
運転の男は相変わらずの
猛スピード運転で私の視界からは消え....。

も もしかして
突っ込まれた車の運転手.....

気付いてないのかね?


いやいや
あれだけ後ろが凹んでいたら
かなりの衝撃があった筈?

うーーーん
謎だ。

しかし私の中で謎ではないもの。

ウエスタンの運転は
アジア人の10倍は雑で
周りを見ていないこと。


あっ だから気がついていなかったんか?
いやいや気付くよなぁ。
あれだけの衝撃。
うーん 不思議な出来事でしたわい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰国の時に家族からリクエストされるものもの

2018-04-20 17:59:36 | Australiaに住む
オーストラリア🇦🇺ドルなんですが
帰国が迫って来た最近
少しずつですが上昇気味です。
タイミング良いぞっー!
もっとガンガン上がって欲しい〜。


そして私なのですが日本に帰国の際って
本当に何を買って帰ったら
良いものなのか
悩む。
こう言っちゃあなんだか
オーストラリア製品って大したものがない
と言うか日本が揃いすぎ。


でもこれは以前までの悩みでして
最近は家族にはっきりと
何かリクエストある??
と聞いています。

そんな家族から毎年お願いされるもの。

オーストラリアの手作り石けん。

部屋に置いておくだけでも
良い香りが漂って来ます。


今年もまた スワンバレーにある
House of Honey 🍯
で購入して来ました。


私が毎朝ミニエクササイズを
行う部屋にとりあえず帰国まで保管
しているのですが

部屋に入ると石けんの
爽やかな香りが良い感じです。


この石けんが家族も元に届くまで
1ヶ月と少し。

私も香りを楽しませて貰って
おります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

移民の国オーストラリアならではの話

2018-04-11 18:40:00 | Australiaに住む
この国はもともとイギリスからの
囚人達が流刑の地としてここに流れ着いて
基板を作った国。
歴史は大変に浅い。

その後様々な国から移民を受け入れ
現在の多国籍国家 オーストラリアがある。

多国籍国家の中で私が暮らして来て
オーストラリアって良いなぁと思うものの1つに
世界各国の移民の人達からの
直の声が聞ける事が大きいのだ。


実際に一緒に働いてみて実に様々な
国からやって来た人達の
国民性も少なからず理解出来たし

何より
本当に数年前までその国に
暮して来た人からのダイレクトな
その国特有の現状
を聞くのは実に興味深い。


例えばケニアのナイロビからやって来た
元同僚。
帰る時間が一緒だったのでバス停まで
一緒にテクテク歩きながら質問をする。
治安が最悪と言われる都市の1つ
ナイロビは本当にそうなのか?
と聞いたなら

思いっきり真顔になって
怖いってー。
本当にそうだ。
こんな風に普通に歩いてバス停まで
行ける訳がない!
完全に強盗に襲われるぞ!
とのこと。
ヒェーーーっ!
ナイロビ舐めてましたっ!


そしてコロンビアから来たカップルと
一緒にランチ。
す...すごいぞ〜!コロンビア!!
近所の金持ちのティーンエイジャーの
娘が誘拐され
これしょっちゅうあるらしい。
身代金要求と共に送られてきた
ビデオレターには
何と誘拐された娘の首に
爆弾が巻かれていたという!!


そして別の日彼女がナイトクラブに
出向いたら
隣り席の軍団と喧嘩になった
他の軍団が拳銃をコメカミに
突き付けた場面を
隣りで一部始終を見ていたらしい。

私は関係ないからねーーーと
そそそっとーーーと低姿勢になり
クラブから抜け出して来たとのこと。

パキスタンみたいな超絶に保守的な
国からの移民女性が
実は薬の常習者だったのにも
意外性で度肝を抜かされ事もあった。

私のパートナーのポーランド人も
親が反政府者として逮捕され
1年間 投獄された時は彼はまだ13歳だったそう。

その間 近くに住む祖父母の手助けを得て
13歳で一人暮らしを一年やり遂げた
というから これもまた凄い話だ。

一緒に暮らして長い時間が経つが
今だに夜中大きな声でうなされているのは
この時の記憶か?
アーミー時代の東ティモールでの
経験からなのか?

何となくいまだに聞くことを躊躇う
自分がいる。

様々な国々の人達の話を
吸収することが出来る。

これは多民族国家オーストラリアに
住んでいてラッキーだったな
と思う事の1つでもあるのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加