坂浜日記

稲城市のかたすみ、緑の中の小さな画廊。
管理人のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新しいサイトはこちらから

2020-02-15 20:11:53 | 日記
ようやく新しくホームページを作りました。
ブログもそちらに移行いたします。

画廊業務はほぼ休眠状態でしたが、再始動いたします。

今後ともよろしくおねがいします。


http://sakahama-gallery.com/?p=1

コメント

2019/10/07

2019-10-07 11:34:32 | 日記
皆様こんにちは。

このブログはずいぶん更新せずにいました。坂浜画廊は時が止まったようにひっそりと存在しております。
この秋、思うところがありまして、また活動を再開したいと思っています。
何をどうしたらいいのか、模索の連続ですが、まずはこの坂浜日記を書いてみます。
なんの更新もしなかった月日も、何十人かの方々が訪れてくださっていました。ありがとうございます。





コメント

積雲画廊 鈴木和道個展

2018-06-02 18:58:13 | 日記
お知らせが遅れました!
いま、原宿の積雲画廊で、鈴木和道画伯の個展が開かれています。







3回目ということもあり、ご近所の方で、覚えていてくださった方もおられるようです。

来週の月曜日までです。お近くにいらっしゃいましたらどうぞお寄りください。


・・・・・・・・

坂浜画廊は今年も蔦の葉が繁ってきました。

お庭にはハーブの花が咲いています。
エルダーフラワーの木にたくさん花が咲きました。
コメント

鈴木和道油彩画展  お知らせ

2017-10-03 10:42:16 | 日記
まるで時が止まったように、と書いたのは3年前!

信じられない速さで歳月が流れて行きますね。

いつの間にか、画廊には蔦が絡まるようになって、玄関もこんな風に趣が出てきました。




展覧会のお知らせです。

鈴木和道 油彩画展
2017年 11月2日(木) から 11月7日(火)
11時から18時  最終日は16時まで

場所は、国立駅徒歩1分

コートギャラリー国立

です。


夜の微笑 鈴木和道 テンペラ 樹脂油絵の具606× 500

同時に別のブースで、画伯の弟子たちの作品展も開催されます。

空曜日の画家たち展


どうぞご高覧くださいませ。

コメント

皆様お元気ですか?

2014-09-26 22:58:13 | 日記
ずいぶん、一年かな?更新を怠っています。

積雲画廊からもうすぐ一年がすぎるのですね!
早い。。。



坂浜画廊はひっそりと存在はしております。

まるで、時の止まった美術館です。

でも、ときどき、ピアノが奏でられたり、ヴァイオリンが奏でられたりして、部屋いっぱいに聴衆が集まることもあります。そんなときには、日々退屈ぎみの絵のなかのおじいさんたちがお昼寝から目覚めて。。。




画廊の下は、おおきな木というハーブのお店で、週に三回、ハーブ講座がひらかれています。アロマのお勉強もできます。 
その講座の一部は画廊の部屋で行われることもあります。

いつも開いてはいませんが、ご連絡の上、どうぞ遊びにおいでください。
コメント

原宿 積雲画廊  鈴木和道油彩画展

2013-11-20 10:25:38 | 日記
すっかり秋も深まってまいりました。
街のあちこちの街路樹がきれいに紅葉していますね。
でも風邪ひきさんもちらほら、みなさまお気をつけてください。


今月末から、縁あって原宿の積雲(せきうん)画廊にて展覧会をいたします。


2013年11月27日(水)~12月2日(月)
11:00~19:00 (最終日は17;00まで)

積雲画廊は原宿駅竹下口から横断舗装をわたって少し左に行くとあります。
工事中のビルのむこうです。


クリスマスシーズンにふさわしい作品もあります。

油彩画とジクレー版画の両方を展示しております。


表参道の散策などかねて、どうぞおいでください!

コメント

コートギャラリー

2013-10-21 03:05:55 | 日記
国立での展覧会は
とても静かで暖かい雰囲気です。
どの作品も時間と心をこめたもので、見つめればいつもあらたな発見。
見ごたえがあります。

きのうは雨でした。
一雨一雨寒くなっていく季節ですね・・

まだごらんになってないかたはあと2日ありますのでぜひどうぞ!
コメント

ご無沙汰しました

2013-09-28 06:52:19 | 日記
すご~~く
更新しませんでした・・・すみません。

寒い冬がきて、春がきて、暑かった夏も過ぎて
また秋ですね・・・


ウィーンの展覧会
いまさらのご報告ですが
いろんな人に見ていただけて、絵葉書もすべてなくなって、
小さな種を植えてきた感じです。
娘のお友達のお父さんが経営しているドイツのレストランにも
3枚のジクレー版画を残してくることができました。


2年ぶりに、国立のコートギャラリーでの鈴木和道展が開かれます。
鈴木和道 メルヒェンの扉
2013年10月17日(木)~22日(火)
11:00AM~6:00PM


そのあと引き続き
原宿の積雲画廊にて
11月27日(水)~12月2日(月)まで
11:00AM~7:00PM

新作が楽しみですね!
コメント

ウィーンで展覧会をしてきます

2012-09-22 09:09:57 | 日記
半年ぶりになってしまいました。
ご無沙汰、ごめんなさい・・・


娘の滞在しているウィーンを訪問することになり
そこの日本大使館併設の日本広報文化センターで
ジクレー版画による鈴木和道絵画展を開かせていただくことになりました。

旅行自体、日取りが決まったのが9月になってからだったので
ばたばたしています。
(これはわたしの反省点)
ちょうどうまく広報センターの展示の予定がなくてあいていて
すぐにオーケーしていただけました。


思いがけない苦労をしているのが
パンフレットの制作。
ドイツ語でお願いします、と言われてあわてています。
なんとかヤフー翻訳で作ったものの、たぶんすごくへんなドイツ語になっているはず。
娘に頼んで、だれかに添削をしてもらうことになり、ただいまそれを待っているところ。

15枚のジクレーは軽いアルミフレームに入れて持って行くことにして
きのうは額の注文。
きょう届いたら、世界堂でマットをお願いして・・・


ウィーンは鈴木画伯が青春の3年間を過ごした街。
郵便貯金局(オットー・ワーグナーの建築物)には作品も所蔵されている。
30年前、まさにこの広報文化センターで、個展も開かれたとか。

2012年10月1日~5日

どんな展覧会になることでしょうか・・・楽しみです。

コメント (2)

若葉台アイプラザギャラリーでのグループ展

2012-03-21 09:44:33 | 日記
若葉台駅前、稲城市アイプラザには
とてもきもちのよい空間のギャラリーがあるのですが
地下で、まったく通りからは見えない場所なので
利用者がほとんどいません。

今(3月22日まで)、「アトリエMOEGI」のグループ展をしています。
ほとんどが鈴木和道先生の絵ですが。

新作の花の絵もあります。


初日に来てくださったお客様が
坂浜のモザイク工房のかたでした。
ご近所にそういう場所があるなんてびっくり。
こんどぜひ壁画の制作現場を見せていただきたいです。

やっぱり展覧会は出会いの場ですね!
コメント