因縁多き女が・・結婚・・悟りの世界(愛の世界)へまっしぐら

この世には男と女しかいない・・・男と女が織りなす因縁と・・・その果ては

すべては愛を求める叫び・・・

2015-08-01 06:11:27 | 日記
おはようございます。
因縁多き女と因縁多き男・・・・かななかのつわものだと思う・・
こんなに因縁で苦しんだり喜んだりしているが・・生きている・・・
親の因果が子に移りというが、本当にその通りである。夫は子供に対して、両親に育てられたように接している。
親のいう通りに従うこと・・自分の意見は言わせない・・いい子でいるように仕向ける・・・
夫の量両親はとても愛の深い人である。愛が深いゆえに、子供をがんじがらめにしていまう。
子供は自由に動けなくて、でも、両親の愛はよくわかっていて、それに従おうとする。
子供が親に歯車を合わせ用途頑張る、親に認めれられようと頑張る。
そして、非行に走るか、引きこもるか・・切れる子供になってしまう。
自分解放されるものを求めて、本当深い親の愛があるがmそれにきずかず、愛を求めて、魔性の女ようになっていったり、不倫をしたりと・・・形はちがうが・・・愛を求める叫びである・・・
本当の自分に出会うまでの、私の人生は親の愛を求める私の心の現れだった。
真我で生まれた息子を救うのは私しかいない・・・・いやいや、夫も反面教師で私にどこに手を付けるべきかを教えてくれている。
コメント