ホビーショップK

ちょっと古いプラモデルをいじりたおそう

バイファムその14

2018-05-30 22:18:15 | バイファム
バイファムようやく完成しました。









今回はスポンジポンポン作戦でウェザリングを行いました。

結構派手目にやったつもりでしたがそれほど目立つ感じでもないです。

バイファムはこれにて終了です。

この機体で今やってるビルドダイバーズ(ビルドファイターズにソードアートオンライン足したような話)に殴り込みをかけようかな。

 武器はビームライフルしかないのでフリーダムガンダムとか最近の奴と戦ったら瞬殺されそうですがそこがまた良いのです。

 え?ガンプラ以外はダメなのですが?残念です。

次は何どっち作ろうかな?



 旧キットのアップデートはやはり楽しいですね。

来週は再び聖地巡礼に行きたいと思います。



今年も6月6日は平日ですが、どれくらい集まるかな?





コメント

バイファムその13

2018-05-25 19:37:44 | バイファム
バイファムも遂に塗装フェイズに突入。





ガイアカラーのホワイトの隠蔽力が強かったのでホワイト部分は思ったよりも早く進みました。

しかし塗り分けの方は旧キットということもありブロックごとに塗装し組み立てるというわけにはいかず、マスキングにて対応したのですが、

バイファムは曲面部分の塗り分けが多く、特に頭部は入り組んだ形状のためにエアブラシ、筆塗りにてリタッチの繰り返しで

1パーツ塗るまでにかなり時間がかかってしまいました。

なんか意外と爽やかな配色で、少し目に痛い気がするので少しウェザリングを行います。

(ウェザリングのセンスがいまいちなので雑誌を参考にしながら行っていきます。)

納期はあと1週間、残りの塗装、スミ入れ、ウェザリング、デカール貼りなどまだまだやる事が残っています。何とか間に合うよう頑張ります。

バイファムが完成したら、次の作品、また次の作品の候補を考えています。(悩んでいる間がなんだかんだで1番楽しい)



オークションでネオファムをゲット!

仮組した感想はとにかく出来が良い、本当に放送当時のキットなのを疑うくらいプロポーションが良いです。

この立ちポーズ決めて作ってもそのまま出しても良いくらいの出来でした。

 また先日新潟でガルパン博見た帰りに作品作りの強い味方、ゴッドハンドの工具を新調しました。



ピンバイスのドリルとメタルニッパーです。

前から気になっていた工具で、なにが良いかというと軸の太さが全部同じなため、

ドリルを交換するときに中の軸受け(コレットというらしいです)をいちいち交換せずとも良いのです。

意外にこの手間がストレスに感じるんですよね。そろえたので少々高く付きましたが、ストレスは大きく軽減されました。

そういえばドリルと言えば巻髪ドリルのあの人を思い出します。



バンタコの前でこっちを睨んでいます。『今年のATを忘れてはいないか?』

まだ何を作るか決めかねていますが、バンタコ1回しか作ったことがないのでバンタコにしようかな。

『おい!まだAT作ってないのか!早くしないと間に合わないだろ。』

アンチョビ姉さんスミマセン。

バイファムは次回で完成する予定です。頑張ります。





コメント

バイファムその12

2018-04-28 22:21:49 | バイファム
製作を始めてから約4か月、ようやく下地の段階まで来ました。



スマート過ぎないプロポーションが良いです。

後は細かい部分のディテールを追加するぐらいです。

この段階になると次は何を作ろうか?と考えるようになります。

次はガンプラ、それともATか?

候補に挙がってるのはMGのトールギス、マーシイドッグですが

パチ組みのザクVer2.0が安く手に入ったのでバイファムつながりで『トゥランファム』を作ることにします。





スナップフィットじゃないのでうまく立てません。

同じ機体じゃないので比べるのはアレかと思いましたが、ビフォーアフターです。



GW明けから本格的に進めて行こうと思います。

さあ、GWも仕事だ!



コメント

バイファムその12

2018-04-19 21:28:39 | バイファム

まだまだバイファム続きます。

そろそろサフ吹き、表面処理の段階に入ってきたのですが、

まだやってないところを少しづつ進めていきます。

まずは胸当てから。



胸のダクト?バイファム本体のダクトが当たる部分はエアーが噴き出すようなモールドがありません。

謎のダクトです。おそらくデザイン上のアクセントなのだと思います。

続きまして脱出ポッドです。



キットはコクピットが再現されていないので、くりぬいてシャアのフィギュアを載せました。

色を塗ってキャノピーを被せればロディーに見えなくもないかと。

大体展示会で脱出ポッドを見せるようなことはまずないのでこれでいいと思います。

ここでバイファムに関してのある説を唱えます。

『脱出ポッド量産すれば宇宙では無敵説!』

バイファム第1話で敵のRVに苦戦し、思うように撃墜できなかったバイファムが敵の弾に当たって脱出ポッドで脱出、

その際脱出ポッドのビーム1撃で敵を撃墜。

さらにもう1機撃墜する描写がありました。

もしかしてこのポッドを量産すれば敵を圧倒できるかも。

誰か検証お願いします。

残っていた胴体と腕もサフを吹いてみました。



段々完成に近づいていきます。残すは頭部とスリングパニアだけになってきました。

HJのガンダム以外コンテストに記念出品してみようかな。

とりあえず5月中に完成させる予定です。

来週は新潟で『ガルパン博覧会』を見に行く予定です。



何か凄いとのうわさの博覧会、これは是非見に行くしかありませんね。



コメント

バイファムその11

2018-04-12 19:24:25 | バイファム
やっと下地処理までこぎつけました。

飽きがきたのか何となく重い腰を上げて、主に脚部をペーパー掛けし、サフを吹きました。



去年の年末からはじめてやっと下地処理です。

最近はこれといった大きな工作もなく、主に細部のディテールアップや下地処理が主なので特にこれといった画像がないですが

途中経過です。



目に痛いシャアピンクの部分も灰色に染まり、全体的に落ち着いてきました。

次回は腕と頭部を仕上げていきます。

バイファムは今回はここまで。次に何を作るか色々候補がありますが、

まずは最近話題のガシャプラのタコです。



自分の周りでもチラホラとガシャを目にするようになり(ほとんど売り切れで中々入手困難な状態が続いていた。)

ようやく手に入れることができました。

いい年したオッサンがガシャをやるのは恥ずかしかったですが、タコを手に入れたい気持ちが勝り、3つも買っちゃいました。

タコのうち1つはノーマルカラーに、1つはターボカスタム仕様にしようかな。

ウェーブの1/60とサイズはほぼ同じなので流用はそんなに難しくなさそうです。

今回のガシャもウェーブのも手持ちの武器がついていません。

武器セットはタコ本体と比べると少しレアかもしれません。(武器ばかりはいらないですが)

オリジナルの武器(ロックガン)や犬ぞり、自走砲などを作るのも小さいのでハードルは低そうです。

展示会でこの小さいのが集まったらおもしろそうです。

次にバンダイから遂に発売される。フルメタの『アーバレスト』です。



最初このロボはそんなにカッコいいと思わず、最近フルメタを見始まってすっかり好きになってしまいました。

今度始まる4期も楽しみです。

アオシマのはこの辺りじゃ手に入りずらく、バンダイから発売されると聞いてヨドで予約してしまいました。

そんな予約せずとも買えるとは思いますが、万一再販まで待つようなことがあれば悔しいので確実に手に入れることにしました。

問題は増えるばかりのプラの在庫をどうするか。欲しくて買ってしまっても結局作らず仕舞いにならないよう

ペースを上げてがんばります。








コメント