しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

義父の十七回忌でした。

2021年04月04日 08時17分50秒 | サメ家のこと

ジャスト命日に、菩提寺に、くちサメと義妹達がうち揃う、

筈でした

10分前に、くちサメと義妹2は、本堂へ。

程なく、お坊さんも登場。

義妹1さえ居れば始められるのですが、来ない

運転中だろうから電話も遠慮。

定刻10分過ぎた時に始めて貰うことにしました。

 

お坊さんが御本尊に向かい一礼し、

正しく一声を発するべく息を吸い込んだ、

その瞬間に、

義妹2、

「何のお経をあげますか?

 此処にあるお経の本を借りても良いですか?」

お坊さんは、

「そこにあるお経のをあげる予定では無かったのですが、

 一緒に唱えられるのなら、そのお経の方が唱えやすいですから、そちらのお経に替えましょう。」

義妹2、

「唱えません、目で追います。」

しーん・・・

 

サメ家のことなんです。

これまでの経験上、くちこは、なるべく関わりたくないんだけど・・・

小さな声で、

「いえ、そちらが選ばれたお経でお願いします」

くちこは、宗教に詳しくは無いんだけど、

義父の十七回忌の法要に相応しいと選ばれたお経があるのなら、それが良いのでは、と。

サメ氏は、何も言わない人なのでねえ。

 

結局、

義妹2の要望が通り、

義妹は、お経の本を極めて適当にパラパラ、そして、キョロキョロ・・・

見ているような、見ていないような

 

くちこは、宗教に詳しくないくせに、若干の霊感があり、

最近、その霊感の力も弱いのですが、

すっと背中に義妹1を背負いました。(意味不明ですよね)

※イメージ的に・・・

此処に座り、心を寄せるべきは、くちこよりも義妹1であり、

そして、今、此処に居ないながらも、此処を目指して、叶う事なら読経の席に並んでいたいと思っているであろう義妹1。

その心を此処に置くために。

義母も背負おうと思ったけれど、どうして落ちてしまう。

※変な表現ですみません・・・今後、書きませんから。

 

読経も終わり、

法話?

歓談・・・

約一時間弱経過した頃、義妹1、無言で登場

 

お坊さんが、

「大丈夫でしたか?」

「何かあったのではと心配していたんですよ」等々。

義妹1、

ただ、苦笑して終わり。。。(無言)

 

ご心配をお掛けしましたと謝ったのは、くちこ

 

最近、メンタル落ち気味だった理由の一つはこれなのよね。

50歳で再婚したくちこ。

サメ家の家風?歴史?流れ?

どんだけ当惑してきたか。

くちこから見たら、

普通の事が普通にできないような・・・

まあ、逆もまた真なり、なのでしょうけれどね。

 

くちこは禅宗(臨済宗、建仁寺派)で育ったので、

浄土真宗に、イマイチ馴染めないのもあります。

とても、煌びやかなお寺です。

 

   

 

サメ氏が食事もすると言うのでレストランヘ。

   

 

くちこは、事前に、滅多に兄妹が集まらないのだから、言いたい事、伝えたい事は言っておくようにと勧めておきましたが、

兄妹三人、会話は、ほぼ無し。

寡黙な上二人と、多動多弁ながら場が読めない一人。

場をまとめて、舵を取り、終わらせる役のくちこ。

サメ氏の前妻は、義父母、義妹達に相当虐められたことは、この近辺の語り草らしいけど、

どうして、こうなのかなあ・・・まあ、考えても栓無き事ながら、

毎度、神経がすり減って、ストレス甚大なくちこです

 

さて、

今年初めてのサメ家詣で。

義母が暮らしていた頃は、サメ氏は、ほぼ毎日帰っていたし、

くちこも、月に数度は掃除に帰っていましたが、

くちこも大きな手術をし、

サメ家も空き家になり、

どんどん足は遠のき、ついには、3か月以上も帰らなかったんだなあ・・・

 

帰省の間隔が空けば空くほど、恐怖なんです。

家の荒れ方が

サメ家の人々にとってはこれが普通みたいですが、

くちこから見たら、野生動物が棲みついたのかと思うレベルでして、

再婚した当初は、どうにか綺麗にしようと孤軍奮闘を続けましたが、

不毛に近い作業で、ストレスと過労、そして怒りの蓄積だけが残ることを学習

 

70点主義は、50点、ついには20点主義になりました。

余生は極めて有限。

勿論、体力も気力も更に有限にて下降の一途

天国のお義父さん、すみません

くちこは、諦めさせて貰います

 

   

 

      

 

            

 

唐突ですが、くちこも、過去には、結構頑張ったって記事を此処に言い訳に残しておきます↓

 

今年初のサメ家詣で - しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

ついつい腰が重くて、ね行くべし。行かねば。嫁たるもの でもね、行くとなると・・・相当な覚悟が必須。サメ家と関わって既に十数年。どれだけ大変だ...

今年初のサメ家詣で - しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

 

 

 

ゴミ屋敷の住人へのインタビューでさ、

住人が全く、汚いとか散らかっているとか自覚していない話が出てくるけど、

全く同様です

サメ氏に、問題意識、無いんです

全て必要、不要な物は無い、と

肥料の空き袋も、牛乳の溜まった空きパック、虫の湧いた椎茸の使用済み榾木も全て必要だと。

 

隣の綺麗な畑は従姉妹の畑、その隣の耕作放棄地に見えるのがサメ氏の畑↓

 

   

 

   

 

まあね、

住んでいないんだし、車で1時間以上離れているし、ね。

ただ、今後どうなるのかと思うと・・・

 

ポポーです↓                      壊れた外水道↓

      

 

外水道、他に3か所もあるから、此処は放棄したらと言っても、直すと言いはる。

自分が直すそうで・・・ウルトラ級に不器用なのですが・・・

 

くちこもねえ、

くちこ家とくちこの実家を一人で背負っているのでね。

もう、無理だわ

 

昭和で時が止まった家です。

懐かしいとも言えます。(きれいごとですが)

 

   

 

   

 

   

 

       

 

 

           

 

とにかく、荒れ地に点在する花達を救済

 

      

 

 

      

 

法事の後、夕方まで、サメ家の草刈りをして、ヘトヘト帰宅したくちこでした

 

閑話休題。

そう言えば、山桜と山藤の押し花の屏風額があったなと、久しぶりに出してみたら、

退色してしまっていました

 

  

 

↓在りし日の色褪せていない時・・・

 

捨てようかどうしようか・・・

3日間悩み中です


コメント (40)   この記事についてブログを書く
« お花見リバークルーズは楽し... | トップ | 昨今の料理や作業 »
最新の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (oyajisann)
2021-04-04 10:46:57
おはようございます。
17回忌お疲れ様でした。
心の中で孤軍奮闘大変でしたね。
親戚付き合いって難しい。
と言っても私は皆無に近い。
兄弟ですら1年以上顔合わせてない。
母の遺言、兄弟3人仲良く。
顔合わせない方が遺言守れるような気さえしてます。笑
実家凄い、ご主人も私同様捨てられない性格なんですね。
4月もよろしくお願いします。
義理の関係は気を遣います (夢見)
2021-04-04 11:01:54
自身の血縁でさえ 踏み込めないところがあるのに

ましてや・・・・・

それでもやるべきことは 他がしない以上
どうにか片付けていくしかありません

文句つけるなら自分達でやってよ!くらいに思って・・・ふてぶてしく図々しく構える(笑)のもありかしらと
多少開き直りつつ・・・・生きています

山桜と山藤の押し花の屏風額ー
褪色も 墨絵のような風情が出て素敵です
Unknown (メーメー)
2021-04-04 13:24:01
今は、どなたも住んでおられないのでしょうか?
大きな建物のようにお見受けしますが、きちんと掃除されたら、立派な「古民家」って、テレビにでも出て来そうな。。。勝手なこと言って、ごめんね。
私の実家も、後を見るべく姉が早くに 逝ってしまいましたが、甥っ子が 頑張って、自分なりの棲家に 立て直しました。彼の好きなように 使って欲しいです。古いままでは、生活が大変ですから。でも、それにはローンあるし それなりに大変ですが。。。
後を受け取っても、税金とか、取り返しのつかないことにならないうちに〜〜ですよね。
こんにちは (コスモス)
2021-04-04 13:37:32
17回忌お疲れ様でした
自分の実家のお経は 聞きなれてても
嫁ぎ先の宗教が違うと 聞きなれませんね
私は 実家も夫の方も 同じなので 違和感なしです
約一時間弱経過した頃 義妹さんが 来たのですか?・・・・(-_-;)

サメ家の草刈り お疲れ様
これは ほんと疲れますね
車で 1時間以上離れてると そうたびたび行けませんよね
Unknown (のんき)
2021-04-04 13:52:43
17回忌ということは16年前まで、このお宅にお義父様は生活していらしたのね
16年でこの荒れようは、あまりと言えばあまりだわ。。
義妹さんたちも16年。あまり立ち寄ることもなかったのかな

大きなお宅だし、屋敷も広い。
サメ氏は処分される事は、全く考えておられないようですから、今後、そう言っては何ですが、ますます大変な事になりそう。。。

17回忌のお勤め。お疲れ様でした
実父の大事な法要の意味を理解されていないと思われるお2人の妹さん。義が付いてよかったね
実の妹なら、何とか話を持って行けそうでも、この方たちには、話が通じないでしょうね

サメ様。きつい書き込みですみません。
くちかずこさんへ (くりまんじゅう)
2021-04-04 14:01:11
くちさんの過去記事も拝見して サメ氏のご実家の様子もよく分かりました。
私の実家も 認知症になった母が施設に入り今はもう空き家ですので
片付けに 1週間に何時間と決めて行ってましたが ホコリだらけの納屋などの
整理整頓は まだ何年も続く気がして そのうちにホコリを吸い込んた夫が
肺がんになり手術もしましたので 実家の片づけは中断したままで3年になります。

くちさんはよく頑張っておられます。ビフォー&アフターを見れば
くちさんの働きぶりがよく分かりますもの。

親戚づきあいは色々ありますね。実のきょうだいでも歳を重ねると
昔はあんなじゃなかったのに と思うこともありますもの。それがまして
義理となるとなおさらです。私も昔は親戚づきあいに腹を立てましたが
今はもう後が短い人生になり 適当に付き合っておこうと思いようになりました。
余生は極めて有限 くちさんいいこと言われます。今はもうこれだけ考えます。
春雨の大阪からお邪魔します~♪ (鉄ちゃん爺や 黒田)
2021-04-04 15:31:39
私の実家も兄弟姉妹が集まるのは法要の際のみに
親父の50回忌が終わりましたんで
次は我々の誰かが欠けていく番ですかな。

浄土真宗の法要の際のお経は「浄土三部経」から
故人が男性の時は「仏説無量寿経」が
女性の場合は「仏説観無量寿経」を
子供の場合は「仏説阿弥陀経」をつとめてもらうのが
基本のようですが住職さんがどれかを選ばれるのが
最近の通例のようです。

兄嫁の三回忌で「仏説阿弥陀経」をおつとめした
ことがありますので基本通りとはいかないのかも?
お疲れさまでした。 (ねこママ)
2021-04-04 16:25:14
お義父様の17回忌法要、お疲れさまでした。

今では、」コロナも手伝って17年法要迄やられる方が減っているようです。
「浄土真宗」は、お経が詩吟のうな感じなんでしょうか?
我が家
「浄土宗」は全てのお経が最後「同唱十念」と南無阿弥陀仏を10回唱えて終わります。
住職様のこの「同唱十念」を聞くと、あ~終わりとホッとしました(苦笑)

ご実家、大変な事になっていますね。
此処まで来ると、思い切ってダンプで捨てる覚悟がないと片付きませんよね。

お2人の義妹さん達に任せましょう!!
Unknown (rinbodance )
2021-04-04 16:55:08
くちこさん。先日はコメントありがとうございました。ご無沙汰しております。

GBがなくて、訪問も出来なかった…。トホホです。

法要お疲れ様でした。
サメ様宅にご仏壇は有るのですよね?
仏様の事を思うと。う〜ん。この散らかり様…。 しかーし!くちこさんは眼を瞑りましょう。もう、絶対に無理せずに!
浄土真宗はとても煌びやかです。お経も長い。

最後の山桜と、山藤の押し花、私はスッゴく素敵だと思います。処分はイヤです。
と、関係ないですよね。

今月からギガが増えますので、マメにチェック致します!
oyajisannさん、 (くちかずこ)
2021-04-04 17:41:15
くちこは一人っ子なのでねえ・・・
兄弟姉妹の関係ってよく理解できないんです。
まあ、それぞれ違うのでしょうが。
そして、兄弟姉妹の要は、親なのかなと思います。
これは、娘に言われたことがあるので。
くちこの(母親)求心力で、子供達は繋がっているし、集まるのだ、と。
サメ氏の捨てられない性格、
気のせいか?
年々悪化しています"(-""-)"

コメントを投稿

サメ家のこと」カテゴリの最新記事