しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

二度目の糖尿病外来

2019年05月15日 19時53分58秒 | 糖尿病

先週の水曜日、まさかのHbA1c  9.5 で、急遽、開業医経由、+愛しの外科医長の根回し?で、

人生初、糖尿病外来を受診したのでした。

そしてその日から、人生初、インスリン自己注射開始。

 

持効型インスリン  グラリギンBSミリオペン「リリー」 寝る前8単位

超速攻型インスリン ヒューマログ注ミリオペン     朝6 昼4 夕4

そ、一日四回、ブスブスと。

それに、血糖値も調べるので、指もブスブスと。

 

一週間インシュリンして・・・

口渇は激減。

体重は、2Kg戻り(5Kg減でした)

倦怠感も、やや改善。

空腹感も戻ってきました

 

が、

血糖値は、正常値には程遠い

インスリンを打っても・・・

例えば、昨晩 食前396  食後 453

           今朝、食前 269    食後 461

 

 

日本糖尿病学会が定める正常値

<< 血糖値 正常値 一覧表 >>

血糖値空腹時血糖値食後血糖値
正常値 100未満 140未満
正常高値 110未満
境界型 (正常にも糖尿病にも属さない域。「境界型糖尿病」と呼ばれる事も) 110~ 126未満 140~ 200未満
糖尿病 126以上 200以上

(単位 ㎎/dL)

 

今回、受診して分かったこと・・・

前回の血糖値、簡易式では高すぎて測定不能でしたが、きっちり調べたら710だったそうで

よくまあ、無事に受診して、帰宅して、生きてたなあ、と

今更ですが、本当に、入院しなくて良かったのかしら、とも。

週一のアルバイト的医師だし、本来、院内紹介患者しか診ない外来なんだし、仕方ない

 

とにかく、一週間、ドキドキでした

くちこ的には、劇症Ⅰ型糖尿病ではないかと予想していたので。

これまた、十万人に1.5人の難病だそうで。

以下抜粋↓

1型糖尿病には、自己免疫反応の異常やウイルス感染により、すい臓のβ細胞を自分で攻撃してしまい、インスリンを出す機能を壊してしまうタイプ(自己免疫性)と原因不明のタイプ(特発性)の2つがあります。

 いずれのタイプでも患者さんのすい臓は、自分でインスリンをだす力がなくなってしまいます。

そのため、治療にはインスリン療法が必要です。

 

また、とは、くちこの癌、膵神経内分泌腫瘍も十万人に数人だから・・・

癌を宣告された時と同じ位ショックでした

 

で、今日、糖尿病専門医曰はく、

「未だ、確定はできないけれど、Ⅰ型糖尿病では無い気がします」

「少しは自前のインシュリンが出ているが、710の血糖値には歯が立たないって感じが」

「手術で残った残膵(尾部)の余力が無かった所に、何らかの悪条件が重なって、急激に重症化したような?」

※感染症等々・・・

 

先週の検査結果を提示しつつ、

C-ペプチドが、Ⅰ型だと0に近いが、1.6なので、未だ膵臓もインシュリンを出している。

→これが更に復活してくれると良いなあ byくちこ心の声

抗GAD抗体が低値なので、Ⅰ型を否定できるが、徐々に上がることもあるので2,3か月様子をみないと確定できない。

→Ⅰ型糖尿病にも、劇症、急性、緩 徐 進 行 1型 糖 尿 病 があり、緩徐だとまだこれから進むのかもと言う事。

 

 

でもって、血糖値のコントロールは不十分なので、インスリン増量になったのでした。

持効型が6→8

超速攻型が、6 4 4 → 10 6 6 に増えました。

 

今後、インスリン注射から離脱できるかどうかも、未だ不明。

 

急激に血糖値を落とさない方が良いとのことで、今回の血糖値は想定内だったみたいです。

インスリンを使ってでも、正常値に近い血糖値になるまでは、あまり、わさわさしないようにと言われました。

怖くてね・・・本当に、おとなしくしています

次回は、二週間後に。

 

もうね、

この一週間で、悩み切り、落ち込み切り・・・

慣れてきました。

最悪の中にも最善の道がある。

なるようにしかならない。

まあ、こんなこともあるさ。

 

先ほどまで、孫姫がお見舞いのテレビ電話を。

先日は、孫王子からテレビ電話が。

 

昨日は、びっくりしたline

船旅友達のS婦人からです。

「送気」を頼みました。

ん?

ネットで調べてみました。

気功の気を遠隔地から送るイメージ?

 

以下抜粋

Mさんのような奇跡を目のあたりにして、科学者たちは真剣に「遠隔気功」に注目した。

東京から350キロメートル離れた仙台に気功師が気を送って実験をした。

当然、被験者には何時に「気を送る」ということは、知らせていない。

「気功師」が350キロも離れた地点から気を送った結果、被験者の電気伝導量が大きく変化したことに驚く。

丹田(下腹部のあたり)の刺激は、呼吸器、循環器、自律神経・・・・などを活性化させるといわれている。

 

つまり「遠隔気功の効果が立証された」のだ。

 

 

こんなイメージ?

その後ね、急に、体が温かくなり始め、凄く眠くなり、

1.5時間爆睡後、体は凄く熱くなっていました、びっくり

毎日、送気されるそうです。

 

今日は、体操のお母さんから電話。

高野山の奥の院に願掛けに行ってくる、と。

名前と生年月日だけで良いそうです。

 

船旅でご一緒しただけの御縁。

体操でご一緒しただけの御縁。

他人、なのにね。

これが、仏縁なのかしら・・・と。

有難いです。

 

ブロ友さん達からの応援の気も戴いています。

沢山

人の世、捨てたもんじゃない。

何もお返しできないくちこで申し訳ない限りですが、

有難く、御厚意を戴く所存です。

 

ブロ友さんから届きました。

    

 

くちこ庭の夏野菜です。

豆?                     ちしゃとイタリアンパセリ

   

 

トマトとパプリカ                パセリとバジル

   

 

イチジクの苗                   レタス

   

 

バンマツリ                   庭の芍薬と薔薇

   

 

殆どが生徒さんから貰った苗。

芍薬の苗は、二十数年前、母の入院友達から貰った物です。

 

人間は、人の間に居るんだなあ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (46)   この記事についてブログを書く
« 頑張ると、頑張らないの狭間 | トップ | よく解らないまま、とりあえ... »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちや)
2019-05-15 22:29:27
私からも気をおくるね!
回復を祈ってる。
ちやちゃん、 (くちかずこ)
2019-05-15 22:32:08
ありがとう!
で、ちやちゃん、一番乗りだあ!
Unknown (すみとも)
2019-05-15 22:50:35
安静第一で ・・・ね^^
  おやすみなさい^^7401
すみともさん、 (くちかずこ)
2019-05-15 22:55:56
はい、そうします。
せっかく、キャンセルしたのですから・・・
おやすみなさい、くちこも寝ます。
くちかずこさんへ (くりまんじゅう)
2019-05-16 00:14:36
くちさん がんばって!あなたならきっと乗り越えられる。
私からも気を送ります。さめ様のためにも良くなって!
Unknown (やっこ)
2019-05-16 00:46:37
くちこさん、やっこも気を送りますよ~!
くちこさんも必ず良くなると信じてくださいね。
波長が合わさってこその気だと思います。
しばらくはお返事もせず、ゆっくりお過ごしください。
Unknown (masamikeitas)
2019-05-16 02:40:46
くちこさん、おはようございます。

次回は2週間後ですか!
改善されていると良いですね。
くちこさんの回復を願っている人ばかりです。
私もくちこさんが元気になられるのを願っています。
まずは無理なさないで、ゆっくりなさってくださいね。
Unknown (いつでもゆめを)
2019-05-16 05:22:59
くちこさん
少し先が開けたかな?
決して無理せず
過ごして下さい
元気の気 (kawaiihukutyan)
2019-05-16 05:42:56
くちこさんおはようございます。
無学で病気の事も気功の事もお役に立ちませんが私から元気の気を送ります。
皆様に愛されているくち子さん頑張れ!
Unknown (タッジーマッジー)
2019-05-16 06:31:49
おはようございます。
辛いけどじっくり向き合って行こうとするくちこさんの姿勢!
それを感じることができてホッとしました。
さすがくちこさん、その人柄が多くの皆さんの応援に繋がっていますね。
そして皆さんのパワーはきっといい方向に繋がっていくことと思います。
私も小さな力ながら祈っています…

コメントを投稿

糖尿病」カテゴリの最新記事