柏市議会議員 日本共産党 渡部和子のひとりごと

日々感じたことを毎日発信しています。

夢がある 子が増える春 願いつつ

2019-02-07 22:22:48 | 日記
今日は子どもの貧困対策の取り組みについて、松戸市を視察。柏市は松戸市より1年早く計画を策定していますが、決定的な違いは実態調査です。柏市は抽出調査、松戸市は小5と中2の全数調査です。調査の結果、4人に1人を生活困難層と規定しています。「将来の夢がある子どもは小学5年で38.7%、中学2年で53.8%、この割合を増やしたい」というのが基本目標です。松戸市の今後の取り組みに期待したいです。ちなみに、足立区や大田区のように、松戸市にも専門の担当室、「子どもの未来応援担当室」が設置されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年金の 手続き2時間 冬の雨 | トップ | キャパ超える 予算議会の ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事