徒然なるままに・・・

映画よりJAZZにシフトチェンジ中・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画感想・ハ行】 フライトプラン ★★☆

2006-02-11 | 【映画感想・ハ行】
ストーリー:
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、
6歳になる娘のジュリアを連れて、
ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。
夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E-474。
それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。
機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。
やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。
客席、トイレ、厨房と探し回るが、
乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。
ジュリアはいったいどこへ消えたのか?
(goo映画より引用)

出演:
ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン、
ピーター・サスカード、エリカ・クリステンセン

監督:
ロベルト・シュペンゲ

上映時間98分、サスペンス映画としての緊張感はキープしているし、
話の展開というか、方向性もトンデも系なのかというミスディレクションも巧い。
所謂、観ている間中は楽しめることは間違いない。

この映画の魅力は、ジョディ・フォスターに尽きる。
彼女の主演映画なんてのは、本当に久方ぶりのような気がする。
『ロング・エンゲージメント』では、カメオ出演でフランス語を披露したが、
今回はちょこっとだけドイツ語なんかも流暢に話しているのも見所。

そんな知的な彼女の姿同様、演技面も彼女の独壇場になっている。
夫を亡くした妻が、飛行機内で行方知れずとなり、機内を探し回り、
アテンダンドや一般乗客全員が1人のために巻き込まれていく。
母としての愛情から来るのだろうけれど、必死に子供を探す姿。
端から見ると、狂信的かつ傍迷惑にしか思えないし、
近所で見たというおぼろげな記憶で、アラブ人を犯人と祭り上げる始末。
兎に角、必死に子供を救い出す姿は、ストーリー上でも大きな効果生んでいる。

大きな効果というのは、観る者の視点をズラしているという部分。
ジョディ演じるカイルの必死に捜す狂信的姿、
夫の死による精神不安定から妄想、更に、誰も娘を見ていないという証言。
それらが重なり、更には飛行機内という密室空間であるという効果もあり、
娘なんて実際はおらず、真相は別にあるという視点にさせようとするのが巧い。

がしかし、真相を知る後半になってからの展開は、ありがちなのが惜しい。
娘がいなくなった過程・理由も納得できるどころか、
強引かつありえない内容とあっては、前半のテンションが萎えてしまった。
真犯人と対峙するあたりなんて、肩透かしもいいところである。
後半の展開がもう少し締まった内容だったらなと思うと実に惜しい。

サスペンスよりも最も怖いのは、乗客の無関心ぶりである。
誰も娘を見たと言わない、迷惑な出来事には文句は言うだけ言う。
これら行為は現代人の意識を如実に表しているように思う。

しかしながら、アラブ人=テロ犯という描写がありながら、
ラストにも誤解を解こうとしない描き方は、はっきり言って問題がある。
和解のシーンの1つでも挿入して欲しかった。
謝罪なしというのは頂けない。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 【映画感想・ア行】 男たち... | トップ | 【映画感想・サ行】 サイレ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2006-02-19 11:10:21
TBありがとうございました。

乗客の無関心ぶり・・・そのとおりなんですが、私が乗客の立場だったら、やっぱり「なんだろこの人、迷惑だわ~」っていう目で見てしまいそうです(汗)

そして、もし私がカイルの立場だったら、娘の行方不明を心配してオロオロになるだけで、とてもあんな行動には出られそうにないです。

サスペンスという点においても、カイルという女性を見ても、いまひとつノリ切れない作品でした。

予告編の出来がとても良かっただけに期待しすぎたのかしら?
謝罪無しオチ (メビウス)
2006-02-19 16:25:38
こんばんわ♪TB有難うございました♪



アラブ人への謝罪無しオチは色々な所で物議を醸し出しているだけに、この映画一番の問題点とも言える部分かも・・・自分も出来れば誤って欲しかったですね~。

あれじゃアラブ人は心が広いなんて誤解を招きかねないです・・
会話に~ (cyaz)
2006-02-20 00:06:25
TBありがとうございましたm(_ _)m



ジョディ、3年ぶりの主演で頑張っていましたね!

僕的にはもう少し機長役のショーン・ビーンとの会話の中でのやり取りの面白さを出して欲しかったですね^^ 予告編でのあの窓に書いたハートマークは流すべきではなかったと思います。
コメントありがとうございます。 (kazuki-kt)
2006-03-01 00:26:56
ミチさん、コメントありがとうございます。



確かに乗客の無関心ぶりと指摘しましたが、

仮に新幹線内でこんな人がいたら…、

果たして自分はどう対処するのでしょうか??



でも、どう考えても周りの乗客は見てるはずなのに。

細かい所を見ると、穴だらけなんですよね、この作品。



しかし、カイルの行動はやり過ぎでした…。
コメントありがとうございます。 (kazuki-kt)
2006-03-01 00:30:10
メビウスさん、コメントありがとうございます。



アラブ人に対する考え、

アメリカ人の彼らへ対する考え方と言われたら、

妙に納得できてしまうんですが…。

こんなステレオタイプの描写は拙いと思いますよね。

誤解しか産まないです。まったく。
コメントありがとうございます。 (kazuki-kt)
2006-03-01 00:32:18
cyazさん、コメントありがとうございます。



ジョディ・フォスターの主演作というだけで、

妙に興奮してしまった自分がいました。

女優さんでこれだけオーラのある方はいませんよ。

でも、映画はそこそこだったんですが…。



最近の予告は見せすぎなのが多すぎ!

もっと端的な内容にして欲しいものです。

コメントを投稿

【映画感想・ハ行】」カテゴリの最新記事