山はしろがね

ロシア文学/スキー@稚内(~2017.3)

ハエ

2005-10-12 00:12:31 | アート・文化

 連休明けの大学に行ったら,一部の窓がハエだらけである。外が寒くなってきたので,入り込んできたのだろうか?

 ロシアの現代芸術家にはカバコフとタラソフみたいに,ハエを主題にした作品を作っている人がいたりするので,多数のハエを見ても嫌悪感を催すどころか,懐かしさを感じるようになってしまったのが,我ながらちょっとまずいかもしれないと思う。

 2003年の3月にペテルブルグに行ったら,ロシア美術館でタラソフ(もともと打楽器奏者として知られている)の展覧会をやっていて,90年代以降の主要作品をいろいろ見る/聞くことができた。水音や紙の音,鐘の音,ハエの音などを素材とした数々のインスタレーション。

 絵のような青空を背景に無数のハエを見ながら,そんな幸せな時間を思い出した昨日の午後。
pic_0084.jpg

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 現代文芸研究のフロンティア(... | トップ | ピアニストがやってくる »