ITインフライターが日経産業新聞を読み耽る

ITインフライター(ITライター兼インフラエンジニア)のぐっちょんが日経産業新聞で日本の経済や産業を変える人を追いかける

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スマホ画面 机上に投影 タッチ操作も可能 カシオがプロジェクター…

2017-01-04 18:54:41 | NewsPaper
機能としては便利そうですが、実際にどこまで購入に至るのか…


本日の日経産業新聞から6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『スマホ画面 机上に投影
 タッチ操作も可能
 カシオがプロジェクター』

カシオ計算機がスマホの画面を家庭のテーブル上に投影できる
小型の超短焦点型プロジェクターを開発したという記事

プロジェクター自体は、高さ22㌢㍍×幅13㌢㍍で、重さ約1㌔㌘
テーブルに置いてスマホと接続すれば、スマホの画面を
約30㌅に拡大して机上に投影可能

明るさは500ルーメン、少し明るい室内でも投影された画面が
見やすいように設計されている

企業の画面はセンサーを駆使して、スマホと同様に触って操作可能
大画面を活かし家族や友達と一緒に映画などを鑑賞したり
サイト閲覧やネットショッピングしたりすることも可能だと謳っている


プロジェクターといえば、どちらかといえばビジネス向けの印象があり
それなりに高価なものと一般には思われているでしょうか

近年では小型化が進み、手の平サイズのものも増えてきました
とはいえ、消費者が自宅で手軽に使えるものはどれほどあったか??

そこにきて今回の製品の開発は注目してもよいでしょう
現段階では開発した段階で、米国の消費者向け技術展示会「CES」に
参考出品し、今後商品化を検討していくようで…

果たしてどこまで消費者のニーズにあった商品が世の中に投入されていくのか
今年後半か来年を楽しみにしておけばよいでしょうか
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画と小説が共振 刺激し合い... | トップ | 業務用クラウド 複合機で簡単... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NewsPaper」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事