宮古島のゆったり生活

愛知県から引っ越してきました。
家のこと,周りの様子をゆったりと紹介していきます。

市熱帯植物園の碑いろいろ -その1-

2016年01月31日 | 史跡・文化財

午後過ぎて,ようやく日射しが出てきた。

 

結局,植物園に行くことに。

花も少ないし,今日は園内にある碑などを集中的に撮る

ことにした。

これまでもその多くは紹介しているので,再掲になるけれど

ご容赦を。

設置者,目的などにはこだわらず,記念,顕彰,慰霊など

とにかく目についた碑 ということで。

 

まずは植物園入口前。

・「宮古研究乃父 慶世村恒任之碑」

慶世村恒任(1891-1929)は宮古歴史を初めて体系的にまとめて,

『宮古史伝』(1927年)を著した人。

私はこの復刻版(2008年)を度々利用。役立っている。

ただ,この本の年記は皇紀で記されているので,私は皇紀,

西暦,和暦の一覧表を作って読んでいる。

  

     顕彰碑 1979年(没後50年)

  クリックで拡大

 

・「730(ナナサンマル) 記念之搭」「交通安全の地蔵さん」

碑は最近リニューアルしたもので,私のストックには

以前の写真もあるはずなのだが探し出せなかった。

本土復帰6年目の1978年7月30日に,沖縄県一斉に

自動車交通右側通行から左側通行に変更された。

それを記念したもの。

私もこの時のニュースの記憶がある。

大変だったようだ。---wikipediaなどから---

隣には交通安全のお地蔵さん。

 

続くよ。

 

     記念之塔     後方が植物園入口

 

                            左側通行に

 

     植物園入口

 

コメント