宮古島のゆったり生活

愛知県から引っ越してきました。
家のこと,周りの様子をゆったりと紹介していきます。

アボカドの雌花と雄花

2018年03月18日 | 家庭菜園・果樹

今度は急に暑くなって身体特に足にぐったり感あり。

最近歩いてないからなあ。道路もまぶしい。

 

数日前に購入したアボカド・モンロー種(Bタイプ,

接木)が盛んに花を開いている。

よくよく観察すると 1日目の午後に雌花となり,

同じ花が2日目の午前に雄花となっている。

情報通りだ。

当初は詳しく解釈していなくて,雌花と雄花がそれぞれ

別々にあるのかと思っていたら,違っていた。

 

早速,本日午前の雄花を採集した。

本来ならここで葯から花粉を集めるのだろうけれど,

そんな細かい作業は省略して,午後開花の雌花に受粉

させたつもり。

午前にアボカドの花粉をくっつけたミツバチが午後の

雌花にもやってきてくれればいいんだけどね。

 

本株は根元径が1.3 cmのまだ「苗」と言う感じなので,

実を着けさすのは無謀かも知れない。

が,その前に何しろ種から地植えしたハス種(Aタイプ)が

何年後に花芽を着けるのかわからないし,このやり方で

受粉ができるかどうか知りたいと思って。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  [アボカドの雌花と雄花]…ピンボケ,ご容赦…

  <昨日(1日目)午後4時頃は雌花>   <本日(2日目)午前9時頃は雄花>

        

 

  子房・柱頭が目立つ


 

 上記右の雄花を採集し,本日午後開花の雌花に受粉



   開き始めたデイゴ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑感・日記 -191- 蝶と言えば | トップ | 新城海岸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園・果樹」カテゴリの最新記事