宮古島のゆったり生活

愛知県から引っ越してきました。
家のこと,周りの様子をゆったりと紹介していきます。

池田矼とその周辺

2018年02月19日 | 史跡・文化財

 

今日も晴天。本土だと初夏の陽気かも。

 

二十四節気 「雨水」。

七十二候 初候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」。

大地が潤いを含む頃の意で,春の始動と言ったところか。

 

史跡「池田矼(いけだばし)」周辺に寄ってきた。

池田矼は週に1度はその横を通るくらいの見慣れた場所で,

何度か訪れてもいる。

 古い記事だが,参:「池田矼(いけだばし)(2014.02.06)

 

碑の周辺は草も刈られていてすっきり。

そしてここに流れてくる水源が昨年知った「崎田川湧水」。

参:「崎田川湧水」(2017.08.23)


この時,矼の向こう側に下流貯水池があるのを知って

訪れたかったので,本日この池を初めて見ることに。

 

ずかずかと雑草道を進むと池畔にいたサギが飛び去った。

もっと静かに行けばよかったか。

池は結構大きい。カモなども来るのかな。

それにしても上流からの流水量も貯水量もあるのに矼の下

を流れる量はほとんどない。

隣接している沖縄製糖工場に取り込まれているのかな?

不確かだけど。

 

やはり製糖による甘い香りが周辺に漂っている。

夜は星空になるかな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  [池田矼とその周辺]

                     クリックで拡大


                     クリックで拡大


   矼の上の道路             上流を見ると小橋


 工場からの流水は右側の湾に注ぐ    矼側に戻らないように水止めがある

                    上は幹線道路の崎田橋


  与那覇湾に              碑の左側の道路を


  上流側を               池側を


  与那覇湾                今日の訪問地


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« タンカン(柑橘)の移植 | トップ | 近くの文化財「鬼の杵・神の杵」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡・文化財」カテゴリの最新記事