訳わからん このシャバは

今こそ日本人に問う。本当に日本を解体しようとする民主党でいいのか。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝青龍の後援会長 逮捕! 買春だってさ!

2006年06月30日 22時12分19秒 | Weblog
朝青龍の後援会長、少女買春の疑いで逮捕 警視庁
2006年 6月30日 (金) 13:33「朝日新聞引用」

 東京出張の際に少女買春をしたとして、警視庁は、大相撲の横綱・朝青龍の全国後援会長で徳島市中昭和町4丁目、林産会社経営和田友良容疑者(54)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕した、と30日発表した。和田容疑者は、全国の林産業者らでつくる社団法人「日本林業経営者協会」(本部・東京)の理事も務めている。
 少年育成課の調べでは、和田容疑者は昨年3月12日ごろ、東京都港区新橋のホテルで、今春、同課に摘発された派遣型少女売春クラブから紹介された都内の少女(当時16)が18歳未満であることを知りながら、現金6万円を渡してわいせつな行為をした疑い。
 和田容疑者は「数年前から東京出張の際、この売春クラブなどを利用し、中高生など約80人を買春した」と供述している。「引用終わり」

本人は大変反省していると聞く、しかし和田君!あんた 立場もあるんやから、こんなジョンベンくさい、ましてや汚い女どもを抱くなよ! 昔の売春小屋やないかい、徳島はもっといい女がいるやろ、こんな東京の梅毒女なんぞを相手にして、あんた今回はタッチアウトやで!!
しかし、80人て、あんたのチンポコ君どないなっとんね、大丈夫かぁ?
木材販売か、ケヤキ専門店と違うか?さすが太いし固い、納得!!

事業所概要
企業名  書かない いや書けない
住所 郵便番号 770-0943
徳島県徳島市中昭和町4-42
電話番号  088-後は書かない
FAX番号  088-
資本金 2000万円
創業年 1968年
従業員数 4人
URL
業種
業務内容 木材売買,山林育成,不動産賃貸

54歳にもなってこんなアホなところに会員登録して、騙されたホームはここやんか ちゃんと6万円て書いてあるわ、あんた1日おつきあいコースやったん?

一番最新の依頼女性です。だってよ 
「【ちづる (28)】ID:153580 様より」   カッコの(28)てなんや?年か?
《契約事項》
条件■1日のお付き合い
給料■6万【前金2万】

条件□1ヶ月(週2回)のお付き合い
給料□38万【前金10万】
どちらかを選び相手女性に直接返事を出して下さい

俺から言わせれば、体に値札をつけて歩いている最低の売春少女やからね、それを買っただけや、人殺しじゃあるまし、大した罪でもない、女は金、男は体 契約成立と言うことか、しかし立場があるよ、和田ちゃん、あとは買った女の裸の写真を撮ったらしいが大変申し訳なかったと言うことで撮った女の子の自宅に両親宛で写真を送ったらどうかな、あんたも捕まったことやし、罪滅ぼしで「和田はこれから少女売春を許しません」なんて買った女の子の両親も喜ぶと思うよ、ぜひ自宅に送ってあげてください、和田売春撲滅協議会なんていいよ、買わない、売らない、売らせない運動なんていいキャッチフレーズだよな。
しかしやっぱりあんた、80人以上の買春やなんてたいした「阿波踊り男」やね、さすが徳島 いやーーご苦労さんでした。
ちょっとイエローカードやけど、あのさ あんたも50過ぎてるんやからから大事なところは排泄(排尿)器官だけにしといてね。ほんまにあほか、しまいに前立腺肥大から「がん」に変異したらどうすんね あんた、不規則性生活はあかんよ、ほんまに。
←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (2)

金英男の矛盾だらけの記者会見

2006年06月30日 08時30分54秒 | Weblog
めぐみさん「94年に自殺」遺骨鑑定は「侮辱」 金英男氏会見
 【ソウル=久保田るり子】「産経新聞一部引用」

横田めぐみさんの夫だった韓国人拉致被害者、金(キム)英男(ヨンナム)さん(44)は29日、北朝鮮の金剛山ホテルで会見し、めぐみさんについて「1994年4月に病院で自殺した」と述べた。会見の内容はこれまでの北朝鮮側の主張を繰り返しただけで、新事実は何もなかった。

昨日、金英男は韓国向けの記者会見を行なった、どうしようもない苛立ちと怒りを覚えた。
北朝鮮が作った作文を読み上げ、平然とめぐみは死んだと述べる男、愛情のかけらもない棒読みのコメント、そして日本政府の「遺骨は偽物」との鑑定結果を「自分とめぐみに対する侮辱。耐え難い人権蹂躙(じゆうりん)だ」と非難した上で、「政治的な目的としか思えない」とあたかも政府要人的に書いた原稿メモを読み上げた。
骨の鑑定が出来るほど北朝鮮は科学が発展しているのか、ここまで来れば逆に笑いがこみ上げる。
自分の妻を「めぐみ」と呼び、今度は日本に向けてのメッセージ。
また、拉致については漂流中に北朝鮮の船に救助されたと拉致を否定した。突発的な事故だと言い、北朝鮮にお世話になったともぶち上げた。
韓国にいる工作員が拉致をしたと認めているのにも関わらず、脚本通りの嘘の会見コメント。
中学生の男の子が北にお世話になった、家が貧乏だったから北朝鮮で勉強しようと思ったから残った、といって28年も今まで親を捨てて北朝鮮にいたなんて幼稚な子供でも信用しない、隣にいた母親と姉はどう思ったのだろうか、姉の満足した顔をみて不思議な感情が走った、拉致でないのであればいつでも帰れたはずだ、この中学生は家族より北朝鮮を選んだことになる、この男と手を握り合う母親と姉、朝鮮人ってこう言う人種なのか。
偽名を使っていたくせにウンギョンだと言い切り、ヘギョンは幼名と開き直る男。
それでは国家間同士の日朝交渉の席上で北という国家は日本に幼名で伝えたのか、全て嘘の塊だ。我々日本人は北朝鮮にバカにされているとしか言いようがない、嘘、偽り、欺瞞、謀略、策略、これが北朝鮮の全てである。
韓国人記者だけを集めた一方的な北朝鮮側のでっち上げ会見がおわり、そばにいた北朝鮮人工作員にそっと渡したコメント文、やっと仕事が終わった安堵感が男の顔をよぎった。
もはや北朝鮮には誠意を期待しても無理だ、北朝鮮の社会主義独裁体制を潰すしかないだろう、即刻経済制裁を実行すべきだ。
この韓国向けの北における融和政策としてのプロパガンダ、この記者会見は経済援助を日本から得るために仕組んだ南北国家間の共同戦略記者会見だと言うことを絶対忘れてはいけない、要するに金正日、盧武鉉の猿芝居なのである。
もし韓国朝鮮人がこれを信じることがあればもはや韓国は国家して成り立たない、我々は国交断絶も考えなければならないと思う。
今、小泉総理は日米首脳会談に臨む、日米を機軸として世界を視野に入れた北朝鮮包囲網を構築してもらいたい。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (1)

筋書き通りの涙の再会が始まった、!

2006年06月29日 01時20分04秒 | Weblog
金英男さんとの家族再会、ヘギョンさんも同席の見込み
2006年 6月26日 (月) 20:59(読売引用)
 【ソウル=中村勇一郎】北朝鮮・金剛山で開催中の南北離散家族再会事業の韓国共同取材団によると、28日から始まる横田めぐみさんの夫の可能性が高い韓国人拉致被害者、金英男(キム・ヨンナム)さんと家族の面会に、めぐみさんの娘キム・ヘギョンさんが同席する見通しとなった。
 同事業の北朝鮮側関係者が取材団に明らかにした。
 このほか面会には、英男さんの再婚相手や、この女性との間に生まれた長男も出席。北朝鮮側は韓国側にヘギョンさんの名を「キム・ウンギョン」と伝え、「(平壌の)金日成総合大学に入学したばかり」と説明したという。
 また、北朝鮮側は取材団に「韓国側が知りたいことをすべて明らかにする」と話し、英男さんが北朝鮮に渡った経緯などを説明する意向を示した。

号泣と抱擁「息子よ」金英男さん母子が対面
2006年 6月28日 (水) 19:21(読売引用)
 【ソウル=中村勇一郎】横田めぐみさんの夫の可能性が高い韓国人拉致被害者、金英男(キムヨンナム)さん(44)と、母親の崔桂月(チェケウォル)さん(78)ら家族との面会が28日、北朝鮮の景勝地・金剛山のホテルで、28年ぶりに実現した。
 同行した韓国記者団によると、面会は、ほかの離散家族とは別に用意された個室で行われ、英男さんは、めぐみさんの娘キム・ヘギョンさん(18)、現在の妻とその子供と一緒に姿を見せた。
 英男さんが車いすの崔さんのもとに近づくと、崔さんは「息子よ」と顔をくしゃくしゃにして号泣しながら、英男さんを抱きしめた。「私が息子です」と答えた英男さんも、車いすを押すなど母親の体を気遣いながら、「これから親孝行します」と涙を流した。


北朝鮮が主導する筋書き通りのメイクドラマ、犯罪を隠して北の涙の演出、元をただせば「ひとさらい」をして来た再会だ、後ろでうろうろし監視する北朝鮮の工作員達、まずいことが起きたらすぐにでもストップをかける連中だ、今まで拉致すら認めてこなかった北朝鮮がこの涙のご対面ドラマをどのように説明するのかね、韓国は国家もマスコミもこぞって離散家族と拉致犯罪を同一化し、国民に偽りの南北融和をはかり事件を隠蔽しようとする、騙されるのは韓国国民だ、それを後押しする盧武鉉と韓国マスコミ達、いったいこの民族はどうなっているのだろうか。悲しい民族である。
今こそ真実を話す時期に来ているのにそんなに真実を話することが怖いのか、
しかし韓国も甘い、甘いと言うよりバカな国家だ、まんまと北朝鮮の飼い猫になって、ゴロゴロ言いながら擦り寄ってしまって、完全に自分を見失っている。
北は韓国側が知りたいことをすべて明らかにすると言う、韓国は拉致を追及できるのだろうか、国家としてのプライドにかかっているはずだ。

どうして当日海水浴場からいなくなったのか。
めぐみさんは今どうしているのか、なぜ我々に国家的嘘をついてまでヘギョンと言わせたのか、なぜキムチョルジュンがキムヨンナムなのか、初めて本名を語ったウンギョンちゃんに直接聞いてみたいものだ。
テレビを見て気になる場面があった。
母はなぜひどい目にあったのと息子に尋ねたシーンだ、息子は母の口をさえぎるように「違うといったって・・・もうご免よ」嘆く母親の耳元で彼は「それは違う」と述べたと思われる、彼はいたって冷静だった、いや冷静でいなければいけなかったのだろう、全て北の命令だと思われる。
なんとなく寸法が合わないスーツと金時計、高級生活者としての北朝鮮の体裁なのか、こんな細かなところまで気を配らざるをえない北朝鮮が見えてくる。
彼は言うだろう。
拉致はされていない、金正日先生に憧れ、北に渡った!
これからも尊敬する首領様に命をささげたい、北に残ります。
北朝鮮が描いた筋書き通りに、涙の別れで終わるのか。

北朝鮮は拉致を認めていない、でも今回は拉致を求めざるを得ないのか、今まで北朝鮮との話し合いなんてまったくいい加減なものだ、幼い子供ヘギョンちゃんに偽名までも使わせて嘘を言わせた北朝鮮、こんな国はどう転ぶかわからない、今まで朝鮮民族が一つにまとまったなんて歴史上あったためしはない、絶えず騙し、策略の連続だった、この民族これからも同じ歴史を歩むのか、日米の経済制裁に係っている。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (2)   トラックバック (1)

誘拐事件 また朝鮮人と支那人かよ

2006年06月28日 01時15分09秒 | Weblog
テレビで資産家と知った 李容疑者が犯行主導
2006年 6月27日 (火) 23:17

 東京都渋谷区で美容外科医池田優子さん(47)の長女で明治学院大4年果菜子さん(21)が誘拐され、3億円が要求された事件で、中国籍の李勇容疑者(29)=監禁の現行犯で逮捕=が、警視庁渋谷署捜査本部の調べに「数カ月前、テレビを見て(優子さんが)資産家と知り、お金にしようと犯行を思い付いた」などと供述していることが27日、分かった。
捜査本部は、李容疑者が犯行を主導、伊藤金男容疑者(49)=同=と、韓国籍の崔基浩容疑者(54)=同=が加わった計画的犯行とみて詳しい経緯などを追及している。
また、静岡県伊豆の国市のパチンコ店で4月、銃を発射し売上金約1100万円を奪った事件で、静岡県警が強盗容疑で、伊藤容疑者の逮捕状を取り、行方を追っていたことが新たに判明した。同県警はほかにも数人の共犯者がいるとみて捜査している。

しかし頭にきたぞ、この野郎ども!間違いなく、略取及び誘拐の罪だ                        第二百二十五条の二 「身の代金目的略取等」
第一項 近親者その他略取され又は誘拐された者の安否を憂慮する者の憂慮に乗じてその財物を交付させる目的で、人を略取し、又は誘拐した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
第二項 人を略取し又は誘拐した者が近親者その他略取され又は誘拐された者の安否を憂慮する者の憂慮に乗じて、その財物を交付させ、又はこれを要求する行為をしたときも、前項と同様とする。

最高刑は無期懲役であるがこんなクズは刑務所で我々の税金で飯を食わせる必要はない、ましたやこの糞民族野郎ども、鞭打ち100打の刑で京都三条河原にてさらし者にしてしまえ。
この事件を計画した中国籍の李勇という男、2002年に就業ビザで入国し、その後、2年間の不法滞在である、こんな劣等民族である支那中国人が近代国家日本に野放しとなっている、国家の治安はどうなっているのか、バカな外務省、入管まったく持って甘いの一言に尽きる。
この就業ビザは犯罪をさせる為の犯罪ビザなのか、実際、日本人も危機管理がない、支那及び朝鮮人を見れば危険な動物として見なくてはいけない、国境を知らない平和ボケした日本人は目を覚ますべきである。
また、崔基浩は在日朝鮮人だ、このような朝鮮人いや糞民族が在日特権にしがみ付き日本中に我が物顔をして歩いているのだ、このような朝鮮人に選挙権を与えようとしているバカなグループもいる、それは朝鮮人の会員が多い創価学会を基盤にした公明党である。
そしてこのグループの主導的な男、伊藤金男、この男は朝鮮人から帰化した男だ、決してマスコミが言う日韓中ではない、この男は過去に交通事故で5人を死傷させ、交通刑務所に入っていたこともあり、ニュース通り、他の男数人と共謀し、今年の4月17日午後、静岡県伊豆の国市のパチンコ店前で、売上金を運ぼうとしていた警備員に向けて拳銃を発砲するなどして、約1100万円入りのバッグを奪った疑いがある。
何回も言っているが朝鮮人は全員強制的に祖国に帰国させるべきである、何回も言うが奴らは我が日本に勝ってに住み着いているだけで在日特権で甘い汁を吸っているダニ連中だと言うことを忘れてはいけない。
もはや日本は犯罪天国となった、人権だの差別だの、そんなくだらないことを言っていたから日本人は世間知らずのお人よしになったではないか、徹底的に福島瑞穂の同胞である朝鮮人、中国人犯罪者を叩きのめせ。国が出来なければ俺がやってやる。
覚えているだろうか、 川崎市で99年にあった事件である、中国人計6人が殺傷された事件で強盗殺人などの罪に問われた中国籍の無職陳徳通被告(38)に対し、最高裁第三小法廷(藤田宙靖(ときやす)裁判長)は27日、被告の上告を棄却する判決を言い渡した。一、二審の死刑が確定する。第三小法廷は「犯行の凶悪性、残虐性、結果の重大性などに照らせば罪責は重大だ」と述べ、死刑が確定した、大体どれだけの年月がかかっているのだ、こんな事件で7年も費やしている、これもバカ弁護士が、被告は犯行当時心神耗弱状態にあり、刑を軽くすべきだなどと主張していた、結果この年月だ、こんな劣等民族、他人の国に土足で入り込み、犯罪を犯し、国民の税金で刑務所暮らし、冗談ではない、弁護士は刑務所での支那犯罪人の食費を出すべきである。
我々は世界でまれに見る優性民族であることを忘れるでない。
日本の若者もしっかりしろ、ファミコンやテレビなどボケていないで気合を入れろ
日本人である誇りを忘れてはいけない、襟を正せ!!プライドがあれば犯罪を犯すことは出来ないはずだ。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね



コメント (5)

FIFA会長が酷評 「日本はへたくそ」やて!

2006年06月27日 00時40分47秒 | Weblog
FIFA会長が酷評「日本は退化」
2006年 6月26日 (月) 11:57 「ニッカンスポーツ引用」

 日本は退化-。国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(70)が、23日に終了した1次リーグを総括した。総評としては「W杯ならではの雰囲気に包まれ、満足している」とご機嫌だったが、個々の国の印象を聞かれると一転して厳しい答えが返ってきた。特に辛口だったのは、02年大会の開催国日本についてだ。「早期敗退は日本のサッカーにおいて後退を意味するだろう」。アジア王者として前回と同様の躍進を期待していただけに、最下位での敗退に失望感をあらわにした。
 アジア代表として出場した4チームが、すべて1次リーグで敗退したという事実は大きい。今年からオーストラリアがアジア連盟に加盟し、次回の予選からはアジア枠で参加する。だが、それを考慮しても、10年南アフリカ大会の出場枠争いでアジアが苦戦することは間違いなさそうだ

今大会の16強は連盟別に欧州10、南米3、北中米カリブ海1、アフリカ1、オセアニア1だよね、アジアは1カ国も残らなかったわけだよ、当然アジアの枠削減が議論させるのは当然だとおもう、なんていっても前回ベスト4のトルコやヨーロッパチャンピオンのギリシャすらで出ていないわけだからこのような話が話題になるのは至極当然だと思うよ。
アジアの枠を少なくしたほうがいいと思うね、弱い地域で4カ国なんて多すぎるよ、たとえばアジアから2カ国とか、そうすればもっと大きな目標が生まれて強くなるんじゃないの、俺はそう思うね、そんな簡単に本戦には出られないと言うことであれば、今まで以上に努力が必要だし、出るだけの力があればそれだけ活躍が期待できると思うがいいがなものものだろうか。
マスコミは一生懸命、「日本の活躍間違いなし」と子供たちにアピールし、視聴率アップのため、ワールドカップをPRして来たが弱ければしょうがない、その甲斐もなく、惨めな敗戦だった、ジーコは今日のインタビューで「決勝トーナメントには進めなかったが、最大限の努力をし、自分の知りえるすべてを尽くしてチームを導いたつもりだ。悔いも恥もない。全身全霊を打ち込めた」と話した。
そして日本のサッカーは「見直し」が必要だともいっていたがその通りだと思う、Jリーグもチーム数が多すぎるよ、いい素質の持った選手が拡散され、チーム全体のレベルが低すぎるために人気が低迷してる、事実、利益が極端に悪化しているではないか。
野球であればいいんだよね、だって親方である企業ががしっかりしているから赤字は全て補填してくれる。(これも本当は悪いことだが)でも日本のサッカーのJリーグのシステムはそうではない、この辺も直していかなければいけない。
俺はカープのファンだけど少しサッカーのチームはカープのシステムを見習ったほうがいいよ、あんな小さな球団でもあそこは黒字なんだから。市民球団だよ、1億円を取っている選手がいるんだよ、勉強したほうがいいと思う。
もはや発足当時の川渕氏が言った地域末端までサッカーを通じてスポーツの振興なんて古いよ、もう子供たちにサッカー選手になりたいなんて言っているわけだから使命は果たしたんじゃないの、そう思うね。
本当に日本がワールドカップで活躍するためには、今こそ日本国内にあるチームを先鋭化し、チーム内での競争を通じて選手個人の技術や体力を作っていかなければ世界に通じる選手は出てこないと思う。
サッカーが成熟化することによってエースといわれる選手には3億くらいやらないといつまでたっても野球には追いつけないだろうね、ただ清原の給与はありゃあかんよ、あんなものにやるから野球もおかしくなるんだけどね。
こんな小さな国、カリフォルニア州をちょっと大きくした国にこんなにたくさんのJリーグチームは要らないよ、今のチームを4チームくらい減らすことによって1部に上がってくる根性と努力を植え付け、競争力を煽ることが必要だね。
ジーコはどのように「見直し」と言ったのかはわからないがおれはJリーグの見直し(システム)が必要だと思う。

国際サッカー連盟の小倉純二理事(日本サッカー協会副会長)は「もっと頑張ってもらわないとまずい」と危機感を示していたが、不安が的中してしまった感じ。
オシムとは2年契約で兼務も可能と川淵会長がインタビューに応じていたが、監督変えればいいと言うもんじゃないよ、今の日本は誰がやっても同じだよ、だってレベルが低いもんなぁ、今はサッカーレベルの底上げをしていくのが重要じやないのかね、外人に監督を持っていくより日本人の監督も育てなければいけないんじゃないの? ワールドカップをみて失礼だが俺みたいな度素人でもわかったよ。
さあ、どうする川渕さん、お手並み拝見って言ったところか。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (9)

奈良放火事件 少年に潜む不気味な心の病巣

2006年06月26日 14時10分09秒 | Weblog
長男「落ち着いた様子だが元気はない」 接見の弁護士
2006年 6月25日 (日) 14:32 「朝日新聞引用」

 奈良県田原本町の医師(47)宅が全焼し、母子3人が死亡した火事で、奈良県警に殺人と現住建造物等放火容疑で逮捕された高校1年の長男(16)に25日朝、接見した大阪弁護士会所属の濱田剛史弁護士は「落ち着いた様子だが、元気はない」と長男の様子を明らかにした。

 弁護士は25日午前8時半ごろから1時間余り、長男が勾留(こうりゅう)されている田原本署で雑談した。接見は24日夜に続き2回目。長男は「敬語をちゃんと使っており、礼儀正しい。黙り込むこともなかった」と話した。「一般的なサッカーの話」をし、長男は少し笑うこともあったという。接見ではまだ事件や家族、学校のことには触れていないという。

 長男は25日午前7時ごろ起床した。愛読している小説「ハリー・ポッター」シリーズを差し入れられており、この日の朝も「ハリー・ポッター」を読んでいた。他に差し入れの希望は特になかったという

また少年犯罪事件があった、義母と異母兄弟の3人を殺害し自宅に放火する残忍な事件である、この少年は奈良県の有名進学校である東大寺学園に在学している少年である、俺は以前からこの東大寺学園を知っていて、以前の仕事の関係でよく奈良の東大寺に行っていたことがあるが、南大門の近くでよく剣道部が部活動の一環として武道着を着けながらランニングをしている姿をよく見かけたものである、文武両道をモットーに質実剛健を基本にした県下でも優秀な学校と聞いていたがまさかこの学校の生徒がこのような事件を犯すとは夢にも思わなかったがメディアよりこの吉川家の家庭内容があからさまにされるにつけ、「お金持ちで理想的な家庭」と言うメディアのの報道に対してちょっと不思議な感情を持った、つまり理想的な家庭じゃなかったからこのような事件が起きたのではないのか、メディアの言う理想的な家庭と言うのはどんな家庭なのだろうか。
このメディアも勝ち組とか負け組みとか言う市場原理の価値観にどっぷり浸かっているのではないでないか、幸せとは勝ち組であるお金持ちで予備校にも行けて物質的に恵まれた家庭が理想的であるのか、この事件は離婚や再婚そして学業での父子の葛藤、悩みがあってわけでしょう、しかしこの国では競争原理主義が徘徊し何十万という同様な家庭を造ってきたわけだよ。そうした苦難と悩みの中でもっとも重要なことは金銭的問題ではなく家族と言う結びつきだ。今回の吉川家にはそれはない。要するに人を殺すか殺さないかであって結論は人間として人を殺してはいけないと言うことだ。つまりはYなる長男そのものの問題なのだ。
このような父親はどこにでもいる、勉強しろ、何をやっている、口うるさい、事実俺が小さい頃、いつもそうだった、しかし父親を殺したいなんて一度も思ったことはない、そりゃけんかはしょっちゅうだった、しかし、このようなことが殺しに結びつくなんて想像も出来ないし、あってはならないことだ。
何かが狂っている、今の若者は簡単に人を殺す、これではクロマニオン人よりも劣るではないか、少なくても彼らは仲間を殺さなかった、毎日の生活のため家族で共に狩りをし、共同社会をつくり上げてきた、仲間が死ねば死体の周りに摘んできた花を飾り、埋葬したではないか。
物質的に満たされた社会、そんなに苦労もしないで食べていけ、労働意欲を失った社会、巣立ちも出来ない子供たち、共同社会が破壊され、人間は勝手にそして好き放題に行動をするようになった、同じ人間としての思いやり、人としての哀れみ、そして絆を忘れ、自分本位で生きる人間達。この世に生まれてきた感謝の気持ちと命を大切にすることを教えてこなかった親達や教員達、教えてこなかったから簡単に人の命を奪ってしまう子供達。誰の責任なんだ。
もっと人間としての道徳教育をしっかり教え込まなければとんでもない日本になりますよ、いや、なってしまったではないか、もう一度、一人一人が自ら胸に手を当てて考えてみようではないか。
俺は言いたい、万物の霊長たる人間よ、恥を知れ、何をやっている、恥ずかしくないのか!!
悔しいけど涙が出てくるのは俺だけですか。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (5)   トラックバック (1)

父と姉弟を窃盗容疑で逮捕 実行、見張り役割分担

2006年06月25日 01時53分15秒 | Weblog
父と姉弟を窃盗容疑で逮捕 実行、見張り役割分担
2006年 6月25日 (日) 00:05 共同引用

 新潟県警上越署は24日、買い物客のバッグから現金を盗んだとして、窃盗の疑いで、長野県内に住む無職の男(56)と同県内の私立高3年長女(17)と県立高1年長男(15)の親子3人を逮捕した。

3人はたびたび車で新潟県内のスーパーに来店。同様の被害が数十件あり、上越署は余罪を調べる。実行役、見張り役、運び役に分かれて犯行に及んだとみて追及する。

調べによると、3人は2月5日夕方、上越市内の大型スーパーで、地方公務員の女性(65)がショッピングカートの上に載せておいた手提げバッグの中から、現金約12万円とキャッシュカードなどが入ったセカンドバッグを抜き取った疑い。
別の客の目撃や防犯カメラの分析から3人が浮上した。

このような事件は教育とか道徳とかを語る必要はない、自分の子供に見張りをさせ泥棒をさせた社会的影響は大きいし、親の子育てが泥棒家業では話にならない。親の罪は大きいのである、父親としていや男として最低だ。許さん!!!
親子は実名を上げて徹底的に社会より糾弾されなければならない、富山より車で2時間弱だ、徹底的に調べ上げて実名を出してやることに決めた、そうでなければ示しがつかないよ、今後このような事件は徹底的に叩きのめすことによって抑止、はどめが生まれると考える、こんなものにはバカどもが言う人権なんてあるわけが無い、おれがこの人権を否定することによって社会の規範が生まれればこんないいことはないと思う。
つらいが日本人が持っていた優しさと思いやりのある社会を元通りにするためには心を鬼にしなくてはいけない。
シャバとは人とのつながりで出来ている共同社会だ、シャバの「しきたり」を乱し、それを破壊するようなことをした場合、見せしめとして実名を上げることによって恥をかくことを教えなければなるまい。恥をかきたくなければこのようなことはするな、このあほんだら親子が!!!

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (2)

金正日君、元直系親分からお呼び出しか?

2006年06月24日 15時37分23秒 | Weblog
テポドン準備そのままに…金総書記が訪露? 韓国紙報道

 【ソウル支局】韓国紙「朝鮮日報」は23日、北朝鮮の金正日総書記の特別列車が同国の北東部の国境を越え、ロシアに向かったとの目撃情報があると伝えた。金総書記がロシアを訪問している可能性もあり、韓国政府筋は「情報を入手した。確認の最中だ」と話しているという。
 同紙によると、消息筋は22日「金総書記のVIP用特別列車が国境を越えたのを目撃した人は複数いる」と述べ、「ロシアとミサイル問題を協議するための可能性もある」と指摘した。

 同紙は、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射実験をめぐり、米国などと緊張関係が高まるなか、金総書記は事態打開に向けロシア側と協議する可能性に言及している。

しかし、自国みずから緊張状態を策動しておきながら、事態解決に行くって正気?いまさらどんなことをしても米国はあんたと対話するなんてこれぽっちも思っていないね、6人のグループで話をしましょうって何度も言ってるやん、しつこいなぁ。
どんなに危機の演出をしてもあかんちゅうの。
もうあんたの魂胆はわかってるの、米ドル札偽造と資金洗浄でやられたマカオの銀行への金融制裁を解除して欲しいと言うことやろ、これに尽きるよね、でもこれもあんたが悪いことをしたんやから愚連隊かチンピラみたいに開き直るなよ、わかる?
どこの世の中に悪いことをして開き直る奴がいるかぁ、おまえが悪いだよ、子供の教育にも悪いわ、ほんまに。
まだ悪いこといっぱいしているんやからたまったもんじゃないわ、国をあげての悪行ばかり、うそタバコ、覚せい剤、コピー商品、核関連機材、数えたら切りがない。
もうちょっと性根をいれて正業に励めよ。
あんたとこの「頼みの綱」である親分諸国、ロシアや中国は挑発的な行動にもう嫌気をさして懸念を表明しているよ、どうすんの。あんたの友達の金大中ちゃんもあんたの国に行けなくなったやろ、まるでぶち壊しやないか。
こんなことを何度も繰り返しているもんやから逆に風が吹いて来てるやん、それにも懲りずになんだって?科学衛星のための打ち上げだと?おいおい国民に飯も食わせないで何が科学衛星だよ、こりゃめちゃくちゃだよね。
待てよ、こんな考え方もあるよね、はーん、7月まで引き伸ばすつもりやな?
つまり、7月の主要国会議(サククトペテルブルグ)や東南アジア諸国連合(アセアン)の地域フォーラムなどで米国への対話圧力が強まることを期待しているのとちがう、たぶんこんな腹黒い考え方を持っているなぁ、このヒネクレ民族は。
と言うことはテポドンを打ち上げしないで緊張感をあおり、緊迫した駆け引きを長期化させるつもりやな、もうその手に乗らないよ、悪いけどね。
北朝鮮は絶対テポドンを打ち上げしないと思うね。
また勇気もないと思うよ。
あーあー 面白くない、正日君、早く打ち上げろ、そのほうが全て解決すると思うね。
ちとわかりやすく書いてみましたが。
それはそうと土井たか子統一祝典から帰ってきたのかな、まったく音沙汰ない、まさか韓国に居残りか?ふるさとだもんね、仕方がないね、でもたまにも追っかけてよ、マスコミさん。寂しいやんか。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (1)

よく頑張った、ジーコジャパン!! 楽しかったよ。

2006年06月23日 18時55分09秒 | Weblog
久しぶりの徹夜だった、残念だったが日本は一次リーグ敗退となった。
おれはサッカーについては野球ほどわからないが素人目から見て本当によくやったと思う。
残念だったが素人のおれからみても個人的な技術と体力の差はブラジルや他のチームと比較すれば一目瞭然だった、悔しいけど大きな差があった、これは誰がみてもわかったし、認めざるを得ない。
しかし日本人らしく最後まで全員サッカーでよく頑張ったと思う。
特にブラジル戦は実力差が有りながら玉田の先制シュートもあり最後まで一生懸命頑張った。
終了後、インタビューでの中村俊介の悔しくうなだれた表情はこれからの日本が強くなると予感させられた。
しかし、終了後のNHKのインタビューには愕然とした、まるでぬるま湯的インタビュー、「辛い時にありがとうございました。すみませんでした。」か、まるでどこかの悲恋物語が終わったかの様だ。
公共放送さん、貴方達がこんなインタビューを繰り返していたら日本はいつまでたっても強くなりませんよ。
あたかも決勝リークまで行くのではないかと煽ったのはあんた達じゃなかったのかな、しかし現実は甘くはなかった、楽観主義が招いた日本楽勝ムード、オーストラリア戦がそうじゃなかったのかな。
終了後もグランドでは中田が一人芝生に倒れこんでいた、悔しいだろう、むなしいだろう、その悔しさは必ずやこれからの日本を強くさせると思う。
サッカー選手のみならず、サッカーに携わっている人々は2006年6月23日を絶対忘れるな、この悔しいワールドカップの終戦日を忘れなければ将来日本は必ず強くなる。
Jリーグがスタートしてまだ10年たらず、まだまだ日本サッカーはやっとよちよち歩きを始めたばかり赤ちゃんだ、こうして挫折を乗り越えて少しづつ大きくそして強くなっていく、そんなに世界は甘くない、サポーター達も世界をみて大きくなって欲しい、サポーターが世界の壁も知らずに期待するのもおかしい話だ、ワールドカップが来れば必ず全員無責任な評論家になってしまう、サッカーをやったことがある人間じゃなければわからない面もある、素人は黙って楽しめばいい、サッカーをやったことがない人間は選手交代がどうだとか勝手なことを言うべきではない、君よりうまい若者がやっているのだから。
これをきっかけにサポーターも一流になってほしい。
真のファンであるならば批評する前にサポーターもレベルの高い世界のサッカーを勉強しよう。
ほんとうに残念だがやはり期待するほど日本はレベルが低かったことは事実のようだ。
野球をみればよくわかる、日本の野球の歴史は、明治6年(1873)東京開成学校(現東京大学)のアメリカ人教師ホールス・ウィルソンが生徒に教えたことから始まった。
133年の歴史があり、苦悩と努力の中でやっとの思いで世界で通用するスポーツになった、世界一になったとしても球団を比較すればまだ差がある、カージナルスやホワイトソックスにはロッテや阪神はまだ勝てるわけがないと思う。
サッカーファンには悪いが世界から見て野球にたとえればノンプロの日産自動車、NTT東日本が巨人と戦っているようなものだった。
野球をやって来た我々からすればイチローなどは100年に一人の逸材だ、野球と言う歴史が生み出した最高の傑作である、歴史がなければ絶対に生まれない選手である、まだまだサッカーには無理な話だ、これは間違いなく言える、日本人のサッカーにロナウジーニョのような選手が出てきたことと同じだと思っていい。
本当に個人的な技は素人目からみても違うし世界は広いと感心させられた、日本はもっと個人的な技術を磨き、再度挑戦してもらいたい。
ゲームは時の運もあるし、その日のコンディションにも違いはあるだろう、残念だったが、誰が悪いなんていうべきではない、またあの時はそうすればよかったなんて俗に言う「たられば」を言ってもしょうがないよね、今のジャパンの実力では誰が監督になっても一緒だ、ジーコだからここまで来れたと思う。いや、ジーコだからワールドカップに出れたと信じたい。
ブラジルでは決勝トーナメント進出が決まっていたからかも知れないがジーコの出身であるフラメンコのファンが日本に対し声援を送ってくれたと言う、遠い日本に行ってもジーコは神様であり、今なお英雄なのだ。
そして我々はその英雄を感謝の気持ちを込めて暖かく迎えてあげることが本当のサッカーファンではないだろうか。
少なくても我々は世界に誇れる日本人ではないか、我々は優秀な日本民族だ、同胞よ!誇りを持て!、よくやったと褒めてあげようではないか。
それが日本の魂だ。
ほんとうに楽しかった、彼らからもらったワールドカップと言う大きなプレゼント、日本と言う祖国愛もプレゼントしてくれた、本当にごくろうさん、そしてお疲れ様でした ジーコジャパン!!!
ここまで楽しませてくれたジーコに感謝したいし、今後も期待したいと思う。
これからも頑張れ ニッポン!!!

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (7)

公明党 訳わからん!朝鮮人に参政権やて、 アホか! 

2006年06月23日 03時10分11秒 | Weblog
この子、なんだっけ、久本雅美か、おい頭大丈夫か?

公明党:神崎代表、9月末に退任へ 後任は太田氏が有力
毎日新聞 2006年6月22日 15時00分

 公明党の神崎武法代表は22日、当初予定していた10月14日の党大会を2週間前倒しして9月末に退任する意向を固めた。後任には太田昭宏幹事長代行が有力視されている。神崎氏の方針を受けて同党は22日、中央幹事会を開き、党大会を9月30日とすることを決めた。

 公明党幹部は神崎氏の9月末退任について「就任して丸8年になり、本人の辞意も固い。自民党総裁選を経て新内閣の組閣が行われる時期に、公明党も人事を刷新して若返りをはかる必要がある」と説明した。衆院神奈川16区と大阪9区の衆院統一補選(10月10日告示、22日投開票)の運動期間にも配慮したとみられる

俺が考えるにこの党には政治信念なんてまったく微塵のかけらもない党である、今までは野党で永い間苦労したのかも知れないが家主の創価学会に対し政治利権のうまみもなかったのであろう、今や与党になった途端、自民党の奴隷となり、表向きは平和政党と言う仮面をかぶり、政治的利権と在日朝鮮人のために政治を利用した創価学会の傀儡政党である。
創価学会の意向でどうにでもなり、まさしく法が定めた政教分離がされていない創価党だ、国民をひとつの宗教によって蹂躙し、ただ単に国民総学会員化にするつもりなのだろう、この党ほどいい加減な反社会二重人格傷害な政党はない、社民党であれば単純バカで相手もされないし、まだ可愛くて(苦笑)許されるところがあるがご存知のようにこの政党は創価学会と言うキチガイカルト集団がバックにおり、何を仕出かすかわからない、過去の盗聴事件等をみてもオウム統一教会等となんら変わらないし、過去には多くの事件を起こしており学会員いや公明党に反対すれば嫌味、のけ者、過度のしつこさと悪辣な妨害で自ら、政党を守ろうとするとんでもない宗教政党なのである、またあの聖教新聞なんて人の誹謗中傷の連続だ、地獄に落ちろとか、まるで宗教人殺し新聞やないか、このような狂信者が支持母体となっているような政党は憲法違反と言うだけではなく叩き潰すしかない。
基本的には代表選挙もなく、誰の意図かわからないが、どの組織でもあって人間には主義主張の違いはあるものだ、しかしこの政党は共産党と同じく、まったく代表権を争って候補同士が民主的に戦うことなどあったためしはない、この政党の連中は全員全て同じ考え方なのか、全員、金太郎飴なのか、信じがたい政党である。
何がそのようにさせるのか、今回代表に推挙される太田だけではなく、高木や元厚生大臣の坂口などは全て創価学会員である、もし議員全員が創価学会員であるならばまさしく宗教政党ではないか、そうであるならば当然学会の力に頼らざるを得ないし、学会の意向に沿った政党でなければならない、従って彼らは全て金太郎飴にならざるをえないのであり、単に創価学会の発展に寄与するだけの政党であり、国民政党では決してないのである。
もし国民より支持を得たいのであれば公明党の議員は学会員を辞めるべきであると思う。政教分離だとして襟を正すべきだ、この政党にはそう言った基本的なところが足りない、政教分離こそこの党の生きる道である。

創価学会のために働く政党として、より多くの支持を得るためにはまず学会員の中で選挙権を持っていない人間がいることを忘れてはいけない、現在公明党は自民党の側室的体質などで支持率が低下し、岐路に立たされている、それを打破するためにもどうしても新たな支持票が必要であり、それが6月16日衆議院特別委員会でカブンス冬柴が行なった永住外国人への地方参政権付与法案についての趣旨説明であるとおれは考える。
全ての永住外国人と奇麗事を言っているが、これは完全に表向きであって言い変えれば在日朝鮮人に参政権を与えろ、そうすれば公明党の支持率は上がるからお願いしたいといっているのである。
「永住外国人参政権」を求めているのは、ずばり、在日本大韓民国民団と公明党だけである、また朝鮮総連も同じように支持をしている、このホームページをみれば明らかである、在日特権については過去に書いたのでここでは書かないが、真ににとんでもない売国奴である。
参政権は日本国民として我々が持つ貴重な権利であり、外国人に参政権を与えることは憲法違反である、つまり「国民固有の権利」(第十五条一項)と定められている参政権を、外国籍の外国人に付与するのは、違憲であるとおれは考える。
参政権が欲しければ帰化すればいいこと、帰化して日本国籍を取得し、日本人となる道を選びさえすれば自ずと選挙権は手に入る、こんなことは当たり前だ、朝鮮人でいながら、在日特権も欲しい、そして参政権も欲しい、これでは一挙両得ではないか、彼らは朝鮮人としていることによって権利だけは日本人になりたいといっているのに過ぎない。
これを支持するのが大ボケ政党、公明いや創価党である。
おれは池田が帰化人とかどうだとかは知らないし、そんなものはどうでもいい
ただこの政党の「卑劣なそして卑怯な根性」そしてまったく中身のない家族馴れ合い主義と日和見主義が嫌いなのである、平和政党と言うならばうそでも良いからイラクの自衛隊派遣に反対しなかったんや、やはり権力が欲しいのか、5分くらいサマワに滞在してここは平和ですなんて要も子供だまし見たいこと言うで、大体、冬柴お前な、カブンスなんやからヘルメットが小さかったやないかい、もっと特注の大きいヘルメットかぶらんかいな、あほが!!まあ、この信念のないバカ政党、即刻退場してもらわないとあかん。

6月16日冬柴が衆議院論理選挙特別委員会で外国人(在日)の参政権について趣旨説明を行なったビデオである、是非見てもらいたい、地方と言っているが確実に国政を狙っていますよ、間違いない。

ビデオはこちら!! ビデオを押し、左側の16日をクリックし、右下の次の結果をクリックし次のページの「倫理選挙特別委員会」を押してください、ページが開いたら「冬柴鉄造」をクリックしてください。

現在、新しい町だが四国中央市がこの地方参政権問題で揺れています、地方で人口の少ない町(村)に目をつけ、朝鮮人がユダヤと同じようなガザ地区同様入植し、町を乗っ取るが目にみえるではないか、このような非国民的なことをこの町でも公明党が全て主導しています。将来この町、糞民族朝鮮人に取られるのではないだろうか、このひねくれと怨念歪民族、何を仕出かすかわからんよ。
是非、参政権反対運動に協力してあげてください、反対のホームページはここです、協力ください。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (5)   トラックバック (3)

米国がテポドン2号のミサイル迎撃体制へ

2006年06月22日 00時01分52秒 | Weblog
北朝鮮がミサイル発射なら全選択肢を検討 (駐日大使がコメント)
(ロイター) 6月21日(水) 15:05
シーファー駐日米大使は21日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射すれば過去の合意に「明確に違反」したことになる、との認識を示した。米国防総省筋は20日、北朝鮮がミサイルを発射した場合を想定した防衛体制を敷いた、と発言していた。
 シーファー大使は、米国が北朝鮮のミサイルを撃墜しようとするか、との質問に対し、米国のミサイル追跡技術は進歩しており、過去にはなかった選択肢があると指摘。「あらゆる選択肢が机上にある」と述べた。

ブッシュ政権はミサイル防衛システムでの迎撃を選択肢として検討している、  この2週間以内に、アラスカ州などに配備している地上発射型迎撃ミサイルを「試験モード」から「実戦モード」に切り替えた。
また、日本海には2隻のイージス艦が警戒航行中で、北朝鮮による発射を探知し次第、迎撃可能な体制が整うという。

もはや米国は臨戦態勢に入ったことになる、これで北朝鮮は引くに引けない状況となつた、北朝鮮の内部では軍事強権派が力を強めているし、自国の威信を賭けてでもこの軍事的恫喝と恐喝から降りることは出来ない、完全に蟻地獄に落ちてしまったと同じである。
米国は過去、クリントン政権時代にこの脅しに負けている、つまり1998年に「テポドン」試射などによって北朝鮮がミサイル技術を持っていることが分かると、クリントン政権は北朝鮮政府に対し、ミサイルの開発と輸出を止める代わりにアメリカや韓国が北朝鮮を経済支援するという間違った弱腰経済援助をした過去がある、北はそのことを知っており、その恫喝戦略で今回も出稼ぎに出てきたといわざるを得ない。
しかし現ブッシュ政権は北朝鮮に対し、金融政策をはじめとして強硬な外交戦略で経済制裁を持って北朝鮮を包囲しているのが現状である。
それに対し北朝鮮は何を血迷ったか、北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)・国連次席大使は20日(米国時間)、「米国が我々のミサイル試験発射を憂慮するなら、交渉を通じて問題解決を図ろうというのが我々の立場だ」と述べ、米国との直接対話を要求し、今尚、虚勢を張っている、これはまさにヤクザものの恫喝と同じであり、朝鮮人の「何もしてくれなれば何でもしてやる的」な陰険な発想で米国に因縁をつけてきたことになる。
これでは包丁を持って会ってくれなければ自爆するといっていることと同じではないか、悲しきストーカーの類だよ。この糞民族は!
どうも米国は軟弱で北の戦略に落ちてしまった反米的な盧武鉉とも決別し日米の戦略を強固にし日本にも北に対する、より強い経済制裁を促し、北朝鮮だけではなく、朝鮮半島全体の封じ込め政策を狙っているのではないだろうか、もはや韓国は軟弱な北朝鮮政策では通用しない状況に入った。
北朝鮮の術中にはまってしまったアホ盧武鉉 そして離散家族問題とひとさらい拉致事件を同一化する盧武鉉政権の終焉が近づいている。


不正送金の韓国朝鮮人を逮捕!!

ネットバンキング悪用 5億円不正送金の男逮捕

 金融機関が開設しているインターネットのバンキングシステムを悪用し、銀行口座を開設できない不法滞在の韓国人らの現金を韓国へ送金するなど「地下銀行」を営んでいたとして、警視庁組織犯罪対策1課は銀行法(無免許営業)違反の疑いで東京都荒川区、韓国物産店「アジア通商」経営、魯金錫容疑者(37)を逮捕した。
 魯容疑者は、物産店で販売していた”韓流ドラマ“のビデオに韓国語で「送金、逆送金やります」と書かれたシールをはって客を募っていた。魯容疑者は「店の客から送金を頼まれることが多く、断ると他の店に客を奪われてしまうのでやった」と供述しているという。

 魯容疑者は昨年3月から約1年間で、日本国内で約1400件の依頼を受け約5億2000万円を韓国へ送金したとみられる。ネットバンキングの地下銀行摘発は警視庁で初めてという。

 調べでは、魯容疑者は今年4月-5月、不法残留していた江戸川区の韓国人女性(51)など3人から電話で依頼を受け、国内に開設した魯容疑者名義の3口座から、韓国内の銀行口座へ無許可で3回にわたって計約56万円を送金した疑い。

韓国からの17年度不法残留者数は43.151人でほとんどは強盗と売春である
もし日本人が不法に韓国に入国し(わざわざアホな国に入国する必要もないが)犯罪を犯したらどうなるだろうか、このバカ民族は、明日から日本人は悪だなんてはしゃぎ立てるだろう、一度挑戦しても面白いと思うが(苦笑)

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
トラックバック (1)

山口の母子殺害で無期懲役破棄 差し戻しへ

2006年06月21日 01時15分57秒 | Weblog
無期破棄、死刑の公算 山口母子殺害事件
2006年 6月20日 (火) 21:26

 山口県光市のアパートで1999年4月、会社員本村洋さん(30)の妻子が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた男性被告(25)=事件当時(18)=の上告審判決で、最高裁第3小法廷は20日、無期懲役の2審広島高裁判決を破棄、審理を広島高裁に差し戻した。検察側が死刑を求めて上告していた。

浜田邦夫裁判長(退官=上田豊三裁判長代読)は「2審判決が死刑を選択しなかったことに十分な理由があるとは認められない。死刑回避に足りる特に酌量すべき事情があるかどうか、さらに慎重な審理を尽くさせる」と判決理由を述べた。

差し戻し審では、新たに酌量すべき事情が認定されない限り、死刑を選択する公算が大きい。

これをもって無期懲役が取り消され、被告、弁護士側が新たな証拠を出さない限りが福田孝行被告の死刑は確実になった。
俺は今日最高裁で判決をして自判して欲しかった、最高裁での死刑は有り得ないが前例を気にすることなくはっきりと結審して欲しかったと思う。
判決のおもな理由は遺族の被害感情は厳しいがこれに対してまったく謝罪されていないこと、そして白昼、ごく普通の主婦が家庭の母子が何の責められるべき点もないのに自宅で惨殺された事件として社会に大きな衝撃を与えたことを上げている。
次に被告人の罪は誠に重大で特に酌量すべき事情がない限り死刑を選択するほかはないものといわざるを得ないとした。
そして被告人は犯行時18歳になって間もない少年であったことは配慮すべきだが死刑を回避すべき決定的な事情であるとは言えないとした。
言い換えれば1審2審とも更生の余地はあると言っているけどどこを見てもそのような余地はないと言うことだ。
要するに最高裁はあの獄中からの友達に当てた手紙を重要視していると思われる。
最高裁は高裁に対して無期懲役にするならば新証拠を出してみろ、出てこない限りは死刑にせざるを得ないと注文をつけ高裁に突っ返したのだ、また弁護人が傷害致死とか持ち出しているが現段階ではそのような証拠はまったくないと釘を刺した。
したがって最高裁の判決は下の裁判所をを拘束するので差し戻し審においてそのような弁護士が言っている事実誤認については判断する必要はないと言い切った。
安田弁護士の嘘で固まったでっち上げではだめだ言っているのだ。
わかるかね、悪質弁護士安田よ!、差し戻しで広島に行っても、もはや死刑は確実である。
この事件、死をもって償う意外にない、自己中心的な都合のいい、そしてうさんくさい謝罪の手紙、いまさらと思うと涙が出でくる、安田は言った「ここ1ヶ月で彼は変わった」と。自分勝手な手紙、よく謝罪の手紙を読んでもらいたい。聖書から取った自己陶酔型の作り話の手紙だとよくわかる、最後には他人を見下した文章だ
この手紙から推測するには弁護士の力が加わっていると思う。
もはや理屈はどうでもいい。殺された二人はもう帰ってこない。
事件があってから7年の年月が流れた、これからまた高裁で争わなくてはいけない、本村さんはいつまで待たなければならないのだろうか、犯罪被害者の苦悩は続く。

おれは思う、裁判所は判例にこだわることなく、正義の番人として司法のあり方を国民と共に考えて欲しいと思う。
社会は寛容な精神であるけれど、法は国民の価値観によって決まるものだ、主権は国民、国民多数の意見が基準となるんです。
裁判所は国民の負託にこたえる為にも早く裁判を進めて欲しいと思う。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね

安倍官房長官よ これは軽率な行動だ! 統一教会は糞野郎だよ

2006年06月20日 01時05分57秒 | Weblog
統一教会系集会に祝電 「担当者注意」と安倍長官
2006年 6月19日 (月) 20:35

 統一教会の関連団体「天宙平和連合」が開いた集会に安倍晋三官房長官名の祝電が寄せられたとして、全国霊感商法対策弁護士連絡会が19日、参院議員会館で記者会見を開き「統一教会の活動にお墨付きを与える遺憾な行動だ」として、安倍長官に公開質問状を出したことを明らかにした。

統一教会をめぐっては、霊感商法や違法な勧誘などが問題となり、各地で訴訟が相次いでいる。安倍長官は「私人の立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送ったとの報告を受けている。誤解を招きかねない対応であるので、担当者によく注意した」とのコメントを出した。

同連絡会などによると、同連合などの実行委員会が5月13日、福岡市内で約8000人が参加する集会を開催、安倍官房長官名の祝電も寄せられたという。連絡会は公開質問状で、祝電を送った経緯などの説明を求めている。

次期総裁選候補として重要な時期であるにもかかわらず、このような軽率な行動は慎むべきであり、政府の要人として官房長官の取るべき行動でない、早急に経過説明をしなければならないと思うし、また説明責任があると思う。

そしてまた次期総裁として期待が大きいがゆえにそのイメージを払拭するためにも、男として闇に葬ることなく支持者いや国民に謝罪を要求したい。
この問題は決して小さいことではない、どこかの議員と同様、秘書が勝手になどに言うことなく、自分としての責任ある行動をとってもらいたい。

そもそも、この統一教会とは実の名を世界基督教統一神霊協会といい、文鮮明と言う朝鮮人により、1954年5月1日に韓国ソウルで創設された宗教を利用した、金集めカルト集団であり、韓国の集金マシーンの一つである。
要するに人々を洗脳することによって金を集める、人件費のかからない株式会社なのである、現在は韓国、日本のみならずアメリカにも営業所を設け、営業展開をしているがその洗脳的脅迫によりアメリカでは批判が絶えず、特にフランスにおいては創価学会やオウム真理教(現アーレフ)と同様にカルト法で警戒すべき宗派にされているのである。
先般もテレビの報道特集で統一教会の悪徳霊感商法が放映されていた、正直言ってこんな朝鮮人を何故、信用をしてしまうのか、まったく理解できない、ただですら少し勉強をした人間であればこんな糞民族の言うことなど信用するなんてまったく信じがたいし、よほどアホな人間かひ弱で手なずけられた手乗り文鳥のようなものである。
有りもしない従軍慰安婦なども商売に利用した商法、強制連行された人の悪霊がついているなど、あきれてものが言えない悪徳霊感商法だ。
おれは過去にこいつらの騙しを暴くためにある喫茶店で友人と二人で友達が困っているとのことで教会員と話し合いの席を持ったことがある、友人が教会員から買って欲しいと頼まれた数珠を粉々にし、その教会員をぶん殴ったことがあった、俺達をヤクザもんに見えたのだろう、それ以後、その教会員は友人に近づかなくなったが奴らは弱みを持っているのだ、絶対に訴えることはしない、それだけ奴らは自分達のやっている行為に自信がないのだ、要するに彼らは最初から犯罪行為だとわかってしている、卑劣な連中だ。
また、映像には冬のソナタで日本のバカの代表である「頭の悪いどぶねずみ主婦連」が間接的にもせっせと宿泊料としてお布施を運んでいたドラゴンバレーの施設が出てくるが何も知らない日本人はせっせとここにお金を運んでいたことになる、はずかしい限りである、朝鮮人にほいほいと「うつつ」をぬかし、日本の心を忘れたこの芸能ボケしたバカボン女どもは日本の亡国推進論者を喜ばせる害虫であり、日本にとって不要な産物である。
絶対に朝鮮人は信用してはいけない、当然のことである。
やはりこの軟弱な日本にしてしまったのは戦後イデオロギー論争を弄んで来たバカ左翼とそれを利用した来たフェミニスト連中てあろう。

報道特集を観なかった方は是非観てください。
悪徳霊感商法の動画はこちらから

統一教会安倍晋三祝電披露ビデオ

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (1)

横峯さくら 今季ツアー初優勝おめでとう

2006年06月19日 03時05分20秒 | Weblog
横峯が今季初優勝 ニチレイ女子ゴルフ最終日
2006年 6月18日 (日) 17:33

 ニチレイ・レディース最終日(18日・茨城県美浦GC=6403ヤード、パー72)首位で出た横峯さくらが4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73で回り、通算6アンダーの210で今季初優勝した。ツアー通算3勝目。賞金1080万円を獲得した。

1打差の2位は李知姫(韓国)。さらに1打差3位に中道かおりが入った。

横峯と2打差の2位で出たアマチュアで16歳の金田久美子(愛知・クラーク高)は、17番のダブルボギーが響いて74とスコアを落とし、通算3アンダーで4位だった。

親子鷹として頑張っている横峯さくらが今季初優勝した。
さくら、いや横峯親子、ほんとうにおめでとう、よかったね。
優勝インタビューで彼女は「今日は父の日なのでお父さんのプレゼントになってよかった」と答えていた、外からみて本当に親子で頑張ってきたことがわかる。
そもそも彼女はプロゴルファとしてはどの様な生い立ちで育ってきたのであろうか。
彼女はまったく英才教育で育ってきたわけではない、田舎の鹿児島で父である良郎さんから教えを受け、まったく素人である父吉郎さんからゴルフを学んできた。
テイクバックでヘッドが地面を刺すほどの超オーバースイングが特徴で素人はおろか、他のプロにも真似のできない独特のスイングは、父・良郎さんがゴルフプロでなかったからこそ生み出されたものだと言える。

彼女は3人姉妹の末っ子である、良郎さんと近くのゴルフ練習場であまりうまくない父(苦笑)と3人姉妹が力を合わせながら毎夜9時過ぎまで練習を重ねてきたが、その中で特に末っ子のさくらが一番素質があったらしい。
毎日の練習代の5.000円はバカにならず、毎日仕事のかたわら、金策に余念がなかったと言う、7店舗あった居酒屋をきりもみしていたが最後の新店舗で失敗し、自宅を売るほど借金に負われることになる。
しかし、この父良郎さんは前向きなのか、あまり深く考えないのか、賃貸アパートに引っ越しても子供たちの方針は変えず、友人の協力で山を開き、専用のゴルフ練習場を作ってしまう、そこで3人姉妹の一人さくらの実力は開花するのである、
努力の甲斐があり念願のプロテスト合格にし、良郎さんは実兄からの譲り受けたマイクロバスをちゃっかり改装し、キャンピングカーに作り変え、トーナメントに参加するため親子二人三脚での全国行脚が始まったのである。
ホテルにも泊まらず二人でバスの中で寝起きを共にし、ゴルフ場のレストルームで洗面をし、試合に臨む、夜はお金もなく父良郎さんが調理した食事で済まし、明日スタートに立つすさましい努力、そして根性である、父良郎さんは運転手、コック、キャディ、娘の教育の一人5役をこなしていたのである、けんかもあったが親子の絆も深まり、その甲斐もあってか、2004年「穴吹工務店レディースカップ」でプロ初優勝を遂げた。
この優勝では最後のパットが優勝の決め手となったが今聞けば、父吉郎さんは娘さくらに耳元でささやいた、「おい、次のトーナメントの出場するため、費用(交通費、食事など)の30万がないぞ」と激励をした言う、事実そうであったらしい、それほど明日、どう生きるかの生活費パットであった。
父良郎さんは娘に語っている「おまえら、よく考えろ、女の子が腕一つで一億円稼げる、こんなスポーツはどこへ行ってないぞ、OLでは一生かかっても稼げない、こんなスポーツは大した競争もない金持ちだけのスポーツだ、ゴルフの世界なんてほんとに甘い商売だ、こんなつけいる世界はないぞ、だから一生懸命18歳までやろうじゃないか」「贅沢もしないで一生懸命やろうじゃないか、遊びなんかいつでもできるぞ」「俺の商売をみろ、新しい居酒屋を作れば3000万はかかる、借金もしなきゃならないし、明日からお客さんが来てくれるかどうかの保証もない、腕一つでなんのリスクもないじゃないか、そう考えたらゴルフの練習なんて簡単だ、だから目標を持って一生懸命頑張ろうじゃないか」

娘さくらはそれに答え、日本のトッププロになった。

目標は別としてこれが本当の家庭教育だと思う、家族全員がお互いに励ましあい、一つの目標に向かって突き進む、こんな行動の伴った教育はないのではないか、いつも父キャディと選手でけんか(娘さくらはけんかではないと言っている)の一つもしながら、一生懸命に頑張っている姿は実にほほえましい限りである。
父も最初からキャディをやるつもりはなかった、キャディを雇うお金がなかったのである。俺はほんとうに偉いと思う。
父の苦労を知ってか、娘さくらは絶対に贅沢はしないそうである、たとえばハワイアン女子オープンのとき、立ち寄った免税店でブランド品のバックをみて2000円で素敵なバックが鹿児島で買えるのにといって買わなかったそうである、今で言うもったいないのである、父の苦労を今まで見てきて買えなかったのだろう。
そして田舎で一人居酒屋で苦労している母に申し訳がなかったのだと言う。
ちなみにさくらの2005年度ツアーの獲得賞金は69,347,016円で4位である。
父に感謝し、親子の約束である育ててもらった自分の養育費1000万円を父に返している娘さくら、それも二人の約束事、返すと言うことも目標の一つであるのだ。
今の時代、親に甘え、厳しさもなく育った子供たち、この親子をみていい手本になる気がすると思うのは俺だけだろうか。
あまり物事に動じない、マイペースな口うるさい父と生活欲をもった、しっかり娘とのコンビ、これからもっと期待できるし、この親子をみてすばらしい家庭教育の手本になるのではないか。
子を想い父は言う「さくら、たまにも他の選手が泊まるホテルでも予約しようか」
「お父さん、気にしなくていいよ、キャンピングカーで充分だよ」
がんばれ、横峯親子! 藍ちゃんに負けるな、そして藍ちゃんも負けるな。

追記
2007.8月22日
こんなに褒めてやったのにおの親父はとんでもないことを仕出かしました。
下記はスポーツ報知からのニュースコピーですが辞職すべきです。
女性スキャンダルより賭博行為が問題です。子供のひもになって金を設けたら育ちが悪いのか、もうこんなものです、これでは人間失格、男失格、責任を取るべきだ。
7月の参院選比例代表で初当選した民主党の横峯良郎参院議員(47)が、早くもスキャンダルに見舞われた。22日発売の週刊新潮が「『議員失格!』元愛人が剥(は)がした『さくらパパ』の仮面」と題し不倫と賭けゴルフを報じている。報道を受け本人は関係者に「(議員を)辞めんといかんかね」ともらしたという。党では10日間の“自宅謹慎”を言い渡し、沈静化を図る構えだが、民主躍進の象徴が“火薬庫”になりかねない状況となった。
 初登院から、わずか2週間。さくらパパにスキャンダルが襲った。週刊新潮によると、横峯氏には半同棲(せい)状態の“東京妻”がいたという。この女性は、六本木の元ホステスで現在は飲食店を経営する40代女性。パパと同郷の鹿児島出身のこのスレンダー美人が、仮名で登場し、良郎氏の裏の顔を語っている。

 2人は昨年8月下旬に知り合い半月後には男女の仲に。良郎氏から「国会議員になったら俺の秘書になれよ」などと言われたという。「台所の包丁を壁に突き立てられました」という凶暴な一面も暴露。さらに「賭けゴルフの常習者」であることも証言している。

 参院選に出馬を表明した段階から“たたけばホコリが出る”とうわさされたさくらパパ。スキャンダルは想定内であったはずだが、いざ現実となってみると民主党のショックは大きい。

 記事を見た良郎氏に近い党関係者は、掲載された良郎氏の反論コメントにがく然とした。良郎氏は女性と関係があったことを認め、賭けゴルフについても「議員になってからはやっていない」としたものの過去については否定せず…。これらの発言は新潮側からの取材に、党が弁護士を通して出したコメントとは別のもの。良郎氏が直撃取材に“勝手に”話してしまったものだという。

 サービス精神旺盛の良郎氏らしいといえば、らしいが、民主党の新人議員研修で、くぎを刺されたはずの“失言癖”が暴走してしまった形だ。党は対応を選挙参謀だった手塚よしお前衆院議員に一任。手塚氏は「10日間の自宅謹慎」と「携帯電話の着信無視」を通告した。さくらパパは家族からの突き上げに憔悴(しょうすい)し切っている様子。親しい党関係者には「辞めんといかんかね…」と一時は議員辞職も示唆したが、党としては事態の沈静化を図る構えだ。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は「不倫は家庭の問題。細野豪志氏の場合(山本モナとの熱烈キス騒動)とは違い、さくらパパだからというダメージの小ささもある」としたが「賭けゴルフは内容次第では、国会議員として責任を追及される可能性がある。自民党に攻め材料を与えてしまうことになり、世論の動向によっては、民主党が身軽になろうと考えるかもしれない」と良郎斬りもあり得ると予測した。

 民主党には苦い経験がある。2006年の偽メール問題では、対応のまずさから当事者の永田寿康議員が辞職しただけでなく前原誠司代表ら執行部の総退陣にまで発展した。民主党としては後手後手の対応だけは避けたいところだが。

 横峯良郎氏「週刊誌に報じられた過去の軽率な行動については、反省するところもあり、家族からも叱責(しっせき)を受けました。今後は投票していただいた方の期待をしっかりと胸に刻み、襟を正していく所存です。お騒がせして申し訳ありませんでした」
何を今更言っているのか、男ならばしっかり責任を明確にすべきですね。

←押してね♪
にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪
ブログランキング政治ランキングに入って投票クリックを押してね、只今一位です
もう少し押してね

河野談話の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。
コメント (5)   トラックバック (1)

なに?「生きたい」だと?冗談じゃない、こんな野郎は!

2006年06月18日 01時20分15秒 | Weblog
罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告
2006年 6月15日 (木) 19:36

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われ1、2審で無期懲役(求刑死刑)を言い渡された男性被告(25)=事件当時(18)=が20日の最高裁判決を前に「罪は重く極刑以外ないが、生きたい。悪人のまま終わりたくない」と話していることが15日、関係者の話で分かった。被害者の遺族に謝罪の手紙を書き続けているという。

上告審では2審判決を変更する際に開かれる弁論があり、最高裁は死刑相当と判断する可能性もある。弁護側は「ようやく事実と向き合い、反省している」とし、遺族は「手紙は読んでいない。死刑の可能性を感じて初めて真剣になったのだろう」と話している。

これをマスコミに流したのはあの悪質弁護士安田とその家来であるひげ弁護士足立である、世論を盛り上げ、死刑制度の廃止を画策するつもりだろう、冗談ではない、弁護士だけではなく、被告も6月20日が怖くなったのであろう、初めて死の怖さを知ったか、自業自得だ、俺は前にも書いたが人を殺したら死刑になるのが当たり前だ、それも子供の前で母を殺し、挙句の果てにその母に精子をぶちまけ、犯し、そばで泣く子供を絞め殺した鬼畜より劣る人間だ、か弱い女性を犯すなんて男として本当に悔しい、情けない、男の恥だ、こんな野郎は!!!
男としてのプライドのため、人間としてもこんな野郎はほうきでこの世から払い出してしまえ。
そして友人に手紙を出し被害者を鬼言で罵倒した奴だ、その手紙の内容とは

「終始笑うのは悪なのが今の世だ」「犬がある日かわいい犬と出会った。・・・そのまま「やっちゃった」、これは罪でしょうか。
知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始 笑うのは悪なのが今の世だ。
5年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑 務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。
キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者がでるかも」
これが友人に宛てた手紙内容だ。
こんな手紙を証拠として見せられながらも、高裁の重吉孝一郎・裁判長のボケは「悔悟の気持ちは抱いている」として、一審の無期懲役を支持し、検察側の控訴を棄却したのである。

この裁判を最初に間違った方向に持っていった元凶はそもそも一審の山口地裁の渡邊了造・裁判官だ。「更正の可能性がないとはいえない」として無期懲役を言い渡したのだ。後の友人に宛てた福田孝行被告の手紙でもわかるようにもうすでにこの渡邊のバカ裁判官は騙されてしまっていたのである、このような頭が異常かつボケてしまったバカな裁判官がいるのが日本の司法だ。
少年法58条には、少年の無期刑は7年で仮出獄できる、という規定がある。
こんな奴がまたシャバに出てくる、本当に仏様に申し訳が無い。
■このような動物は人間社会には必要が無い、被害者の気持ちにもなってみろ、この単純でわかりやすい死刑があると言う原則が、法治国家日本の姿だ。あれこれの愚にもつかない法理論や犯罪者の更正論で踏みにじられてはなまったものではない
事実、再犯で何人もの尊い命が失われているではないか、決して死刑廃止を訴えるキリスト教的ヒューマニズムには犯されてはいけないのである、そんなものは単に白人的な優越感に浸っているだけである、死刑制度は犯罪の抑止であり、犯罪の無い社会を構築する基礎となるものだ。

我々は堂々と世界に訴えるべきだ、死刑制度は我々共同社会における治安の安定に貢献する賢法であると。

←押してね♪

ブログランキング押してランキングに入り投票してね

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

押してね
コメント (4)   トラックバック (1)