訳わからん このシャバは

今こそ日本人に問う。本当に日本を解体しようとする民主党でいいのか。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢氏は辞意を撤回するよ

2007年11月05日 23時53分45秒 | Weblog
【筆者記】
本日、5日、民主党は小沢氏が代表を辞任したことを受けて役員会を開き、自民党と連立政権を組まないことを条件に小沢氏を慰留する方針を決めたそうです。
ただ、党内では小沢氏の決意が固いとして辞意を撤回させるのが難しいと言う見方が強まっています。
今日午後一時から始まった党の役員会で執行部は党をここまで育てたのは小沢氏のリーダーシップが大きいとして役員会として辞意の撤回を求めることを提案し、了承されました。これに対し出席者からは慰留を了承するための条件として連立政権を前提にしたものであるならば受け入れられないとして自民党と連立政権を組まないことを条件に小沢氏を慰留する方針を決めたそうです。
席上、菅直人代行が午前中に小沢氏と会い、小沢氏本人は連立にこだわっていないとの報告もあったそうです。
この件について鳩山幹事長は記者団に対して「菅代行と小沢氏とが会い、そして代表の思いをいろいろ伺って参りました。自分は連立にこだわったわけではないし、今、連立にこだわっているわけでもない。役員会の総意として小沢代表にこれからも続投していただきたい、そのことで慰留のお願いをするということであります」と述べています。
しかし、党内では小沢氏辞任の波紋は大きく、一部議員からは留意すべきではないと言った意見や若手の会などからは小沢氏が連立政権にまだこだわっているならば留意すべきではないと言った意見が出てきています。
また旧友愛系(民社党)の参議院議員の会合では密室で会談した小沢氏の行動は理解出来ないと言った批判も出るなど党内では小沢氏の辞意を撤回させるのはは難しいとの見方が強まっています。
しかし新テロ特措法で政策協議を前提に連立の誘惑に傾いたゴネ男小沢氏、最後まで対決姿勢を崩さない菅グループそして自衛隊派遣すら憲法違反だと反対する旧社会党系グループ、小沢辞任で党内の動揺と混乱ぶりが目に浮かびます。
鳩山氏は記者団に対し「党首会談で自衛隊の海外派遣に合意した内容で自民党と協議するのは必要だ。それによって小沢氏がもう一度代表をやるつもりになってほしい」と述べていますが今までの対決姿勢はどこに行ったのでしょうか、まるで鳩ちゃんは小沢べったりです。このことの意味は小沢氏を説得する材料として、自衛隊の海外派遣問題などで自民党との政策協議を開始する考えを示したものであり、今まで以上に対決姿勢を強めてきた菅代行とはまったく相容れないものです。
しかし党内で小沢自身が1人相撲をし、お土産の賞味期限切れのお菓子を持ち帰ったら食うか食わないかで喧々がくがくですよ。俺ほどのものが持ってきたのになんだ、お前ら食わないのか、小沢大明神は怒り心頭だ。挙句に言うことを聞かなければ自分に対すると不信任だと腹を立て辞表を叩き付けてホテルに引きこもりですか。恐れ入りました。「出来レース」一丁出来上がりとはこのようなことを言うんです。小沢にすれば楽しくてしょうがないと考えるのは俺だけかな。やはり小沢株式会社の政治ファミコンゲームは健在ですよ。

すでにマスコミは小沢の事務所経費の流用による不動産購入など、政治家として道義的責任をすっかり忘れているらしい。小沢氏は「連立にこだわったわけでもないし、今、こだわっているわけでもない」と言ったという。こだわったから党に持ち帰ったはずではなかったか。昨日小沢氏が辞意表明記者会見で言ったことは「福田総理の提案を説明し政策協議を進めるべきではないかと提案したが残念だが認められなかった、したがって私が民主党代表として選任した役員の方から不信任を受けたに等しいと考えた。」一夜明ければこれだけ発言が変わるとは本当に恐れ入りましたよ。
いったい、この男は何者だ、芯のある男なのか、私には信じられません。しかしこれが仕組まれたものであるのであればこんな腹黒い男はいない、恐ろしい男ですよ。
さて、今後の動きは非常に流動的ですが小沢は辞意を撤回します。そのタイミングをうかがっていると思います。私は間違いなく辞意を撤回すると予想しています。
そして役員会で「役員会として辞意の撤回を要請」させることで、そこまで言うのであればと恩をきせ、時間を置いて本人は堂々と記者会見で「慰留要請があり辞意を撤回し、その期待に応えたい、小沢一郎政治生命をかけて頑張りたい。」これですよ。小沢からすれば「小沢の乱大成功」ですよ。これじゃ小沢が怖くて反対も出来ない党になってしまいましたな。
こうなれば民主党は小沢のもの、小沢一郎の民主党だ。党を潰して一向に構わないといい続けてきた小沢一郎。今回の新しい政治手法は排除、壊し、破壊戦法から黙らせ戦法に変化したのか。つまり小沢が動きやすい民主党の環境整備そのものだ。それでもいいが、だがそう簡単に私は騙されませんよ。
小沢の考えは間違いなく政界大再編だ。民主党を起爆剤として左巻きを排除し自民党と真っ向から対峙できる新しい政党を作ろうとしているのかも知れない。
小沢が言った「民主党は力量不足でまだ自民党に勝てない」この発言は社民連系の菅直人や旧社会党系議員そして友愛系の左巻きがいることを憂いていると思われる。このような連中がいる限り民主党は絶対に自民党には勝てません。やはりガラガラポンでやり直しをするのであれば小沢の乱は正しいのかもしれません。
さて、勇気ある政治家たち、「衆参ねじれ」によって国民に約束した政策が実現できない状況の中、今こそがチャンスだ、大局を読むことも知らない政権担当能力のない民主党を分解させ、そして公明党を自民から引き離すことで弱体化させる意味においても新しい真の保守新党を結成しなければならない。

←押してね♪

にほんブログ村 政治ブログへ←押してね♪

ブログランキング政治ランキングに入り投票クリックを押してね、

河野談話の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 意味がある小沢一郎の辞任 | トップ | 国民は小沢一郎に疑心暗鬼 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ニッチ)
2007-11-06 09:50:03
いやはや、今の政界とマスコミとの狂演を見ていると、『男女のかけ引き術』を目前でやられているような気分になりますな(笑)
こんな下世話なことを言っては申し訳ないが、日本の政界は、マスコミの誘導によってそれほど低レベルになったということですよ。

こんな「わがまま男・小沢」の思いつきで、なんで国民がこれほど振り回されなきゃならんのですか?
本当に怒り心頭です。
肝心の「テロ特措法」はどうなった?
今の日本にとって、時間がのびればのびるほど国益は減じていくんですよ。
だいたい福田総理になってから、ひとつとしてマトモな政策協議はできていないじゃないか!

結局これも、マスコミの気分次第で世間が揺り動かされているからなんです。
で、彼らはこういう面白おかしい「政界スキャンダル」が起こってくれるのを常に待ち望んでいるんだから、タチが悪い。

小沢という政治家は、たとえて言うなら「悪女」です(爆笑)
男は、女が逃げようとすると、なぜか追いかけたくなるもんです。
それを知っている悪女は、ここ一番という時にその手を使う。

まあ実際は、小沢が単に逆切れしただけなのかもしれませんが・・・
それでもすでに世間では、小沢の金銭問題など、どっかに飛んでいってしまった。
今や民主党やマスゴミの論調は、小沢になんとか代表にとどまってもらおうと必死です。

これを見ると、国民に誠意を尽くした安倍元首相のことが対照的に思い出されます。
安倍元首相は、左派マスコミによる連日の「やめろコール」に、最後は矢尽き、刀折れるようにして辞任しました。
人間というのはつくづく不思議なものです。
自分に誠実を尽くしてくれる相手より、不実な人間の後を追いかけたくなるような、実に愚かな選択をしてしまうことがあるんですね。








Unknown (管理人)
2007-11-06 12:08:34
ニッチさん、こんにちは。いつもありがとうございます。ちょっと文章に足りなかったところがありましたので書き加えました。
Unknown (ニッチ)
2007-11-06 16:32:22
kazuさん、的確なフォローありがとうございます!
私の書き方が、ちょっと舌ったらずでしたね。

ところで、今回の大連立の仕掛け人が、なんとあのナベツネだそうですよ。
いやはや、何とも嫌な役者が登場です。
例の「日本の首相は靖国神社の不参拝を国民に約束すべきで、もしも靖国参拝するようなことがあれば、私は発行部数1千万部の『読売新聞』の力で倒す。」と宣言した男が、日本の政界のフィクサーですよ。

これは我々にとって、実に恐るべきことです。
実は今年の7月に、読売が「検証 戦争責任・中国語版」を中国国内で刊行したんです。
で、ナベツネは、その前書きの中で、
「日本はあの戦争の非人道性と責任の所在を研究し、明らかにしなければならない。」
「日本人自らの良心に基づき、正しい歴史認識を得てこそ、被害国との率直で友好的な対話が可能になる」という信念をもって刊行したことを明らかにしています。
要は、日本が中国に向かって「日本は戦争犯罪国家ですよ」と宣伝しているようなものです。
こういう頭のおかしな爺さんが、日本の政界を牛耳っているわけだ。
そこに福田と小沢がからんで、ますますこれからの国民は「おもしろくもなんともない暗黒劇」を見せられることになるんじゃないでしょうかね。
頼りないことこの上なし… (SAKURA ONE)
2007-11-06 17:44:19
民主党=小沢真理教=小沢学会
ってこと?

先の参院選の圧勝により、民主の暴力で日本は地に堕ちるかと思いましたが、別の意味で地に堕ちましたね。
まさに「ぐだぐだ」。
Unknown (匿名さん)
2007-11-06 21:19:03
いやあ
おっしゃった通りの展開でしたねえ~

ぐたぐたなのは私も同じです。

日本の夜明けは遠い、遠いよ!
Unknown (sesiria)
2007-11-06 21:25:10
仰った通りになりましたね。
全く政治家として人として最低、最悪な山師ですよ。
詐欺師です。  

人騒がせもいいとこ。
 
民主党に投票した有権者も良い面の皮です。
これで政権担当能力のない
情けない党だっていうのがわかったでしょう。
Unknown (管理人)
2007-11-06 22:23:58
ニッチさん、こんばんわ。やはり撤回そして復活ですよ。老人の誘いに乗り、密談ですよ。
恥ずかしくはないんでしょうかね、これだけ世間を騒がせた責任は重大ですよ。まるで子供がただをこねて暴れ、周りの側近がおんぶに抱っこ。過保護もいとこですよ。
これが日本の政治、いやになりましたよ。

SAKURA ONEさん、こんばんわ。
私も「ぐだぐだ」これじゃ韓国の政治と変わりはしない、最悪、そして低レベルものです。

匿名さんさん、こんばんわ。
やはり言ったとおりになったでしょう、しかし私は決して小沢の高等戦術だとは思っていないんです。
単純に小沢と言う男はわがままだと言うだけです。

sesiriaさん、こんばんわ、お久しぶりです。
本当に最悪ですよ。
多分、小沢はこの件について記者会見をすると思います、恥ずかしながら戻ってまいりましたというのでしょうか。
そして民主党の連中は拍手でお出迎えですか。情けない限りですよ。

Weblog」カテゴリの最新記事