清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

平成最後の試合で負ける

2019年04月28日 | 清水エスパルス

平成最後のJ1リーグは清水エスパルスの聖地・アイスタ日本平での浦和レッズ戦。平成最後のゴールを決めるのは北川航也なんて書いてある記事があったけど、結果は興梠でした天国を掴みかけたと思ったら地獄に落とされました懐に踏み込んだら逆にとどめを刺された

決して悪くはなかった。逆に浦和のほうがこのままでいいのかと思った。なぜ、横にパスするだけで縦にパスが出ない?メンバーを見て、柏木がいない。橋岡もいないじゃん。浦和の脅威が二つもなければ見劣るのは仕方がないのか。あちらに勝機がないのならば勝たねばならない。が、が、メンバー的にはそろっているのにこちらの攻撃がちぐはぐ。ドローゲームでももったいないぞと思っていたら、セットプレーのこぼれ球を押し込まれて浦和が先制サッカーって、そうなんだよね。決めるところで決めないと逆にやられる

こちらも勝機を失った。テセからドウグラスの交代早過ぎでしょ?ヨンソン監督のテセへの評価が低いのか?ドウグラスの評価が高いのか?今現在の評価でいったら断然テセだ。攻守に良く動いている。相手にとっても脅威になる。しかし、ドウグラスは名前は脅威でも動きは本調子にあらず。これは練習でわかる事なんじゃないかな?ドウグラスの完全復活は望んではいる。ただ、ここのところ、テセからドウグラスに代わってから良い流れが消えているのは見過ごせない。しかし、ドウグラス投入というカードはギャンブルではあるが戦術的には無しではない。でも、その交代カードは負けている時に限定すべきです。あと、今のドウグラスの使い方。松本山雅とのカップ戦で光明が差したと思ったんだけどなぁ。今のドウグラスを有効的に使うには頭を使う。制空権だよ。ヨンセンと岡崎のコンビのようにドウグラスの頭ですらせて、そのボールに反応する。これは今のドウグラスにもできるんだけど、今日は環境が良すぎたのかな。松本戦は雨だったから地上戦よりも空中戦だった。環境がいいと欲が出て失敗する。

失敗という点ではヘナトを前線にあげたこともある。バランスを自ら崩してしまった終盤、エウシーニョが最後の力を振り絞ってくれているのにヘナトを上げたことでエウシーニョが孤立してしまった。ヘナトの空中戦の強さに期待したいのはわかるけど、ヘナトとドウグラスが被っちゃうのよ三保でこの形は練習しているんだろうか?ヘナトを前線にあげるよりもヘナトにシュートの意識を高めさせたほうがゴールが近づくんじゃないかな。三保ですんげー!シュート見てるもんだから持ってると思うんだけどね。

シュートへの意識は今回の浦和戦では特に低かった。なんで、航也はポストプレーをするんだろう?そんな選手じゃないんだから、ボールを持ったら前を向く。パスよりもシュート。それが俺たちの北川航也なんじゃないのと思ってたんだけど、ダゾーン見て、わかった森保がいた!だからか!それなら納得できる。あれは日本代表が求める北川航也。だからポストプレー・・・。現役のサッカー選手なら日本代表は意識するのは当たり前。でもね、清水エスパルスの北川航也を忘れてはいけない。ポストではなく、自らがボールを持ったら前を向く意識、シュートを狙う意識。滝が最後にチャンスがあったのは代表なんか気にしない。エスパルスでの結果にこだわっているからこそのチャンスだったのに、カウンターで撃沈しちゃうのよ日本代表への忖度。チームメイトへの忖度。忖度って悪いもんじゃないんだけどねただ、ペナに入ったらパスよりもシュートしてほしいのよ。それはチームの勝利にゴールが必要という短絡的なところもあるんだけど、観客の数を増やすには客の願いを裏切らないことだよ。客席からの「打て~!」という声と選手の動きがリンクすると結果以上の繋がりが生まれるんじゃないかな。結果以上の繋がりが生まれたのが途中出場の楠神じゃないかな。前を向く姿勢を見習ってほしい

コメント   この記事についてブログを書く
« Huawei 『mate20 lite』 108円 | トップ | オレンジウェーブ ウエディ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

清水エスパルス」カテゴリの最新記事