清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

平成最後の大誤審?

2019年04月24日 | 清水エスパルス

俺、この位置で見ていたのよ。平成最後の大逆転勝利が平成最後の大誤審によって消されてしまったのを見てたのよ・・・。

雨の水曜ナイター。G大阪戦は寒かったけど、今日の松本山雅戦は蒸暑い。春になり、レインスーツの中は蒸し蒸ししてました。バックスタンドホーム側Aソーン。屋根があるけど、風が強く吹くと雨が吹き込んでくる。こういう厳しい条件下の試合は順当に勝利してへしいものなんですが、あっさり2失点ガンバ戦も早い時間にセットプレーで失点したけど、松本戦も前半だけで2失点。1失点は左サイドから上げられたボールに左SBの水谷とのギャップを作られて、ピンポイントでやられた。2失点目はセットプレーから鎌田がマークを外されて、完全にやられました。今のエスパルスはサイドから放り込まれると、とことん弱い。シーズン前に練習で篠田コーチに怒られていたことなんだろうと思うけど、シーズン前に与えられた課題は未だに答えが出ていない。

前半で2失点。取り返しにいかないといけないんだけど攻撃の糸口。今日はドウグラスが先発。湘南戦で復帰したドウグラスは徐々にコンデイションを上げていくものだと勝手に信じ切っていたが、本調子には程遠く、名ばかりドウグラスの状態が続いた。リハビリのためにはリーグ戦よりもカップ戦での起用をと望んでいたが松本とのカップ戦で先発起用。どこまでできるか興味深いけど、雨のコンデイションは厳しい。だが、今日のドウグラスは復活して一番良かったかもしれない。今できることをやっただけなのかもしれないけど、空中戦の強さは素晴らしかった。頭は勝てるんだからヨンセンのような使い方で頭で他の選手に合わせればと思っていたら、徐々に周りも合ってきたそして、生まれた滝のビューティフルゴール久しぶりに距離がありながらも豪快に決めたゴールを見たよそして、ゴール前の混戦を独特のリズムで崩した楠神のゴールで同点山形に期限付き移籍しても結果が出なかった楠神だけど、帰ってきた清水で少ないプレー時間だけど結果を出した

怪我人が多く、厳しい台所事情なんだろうけど、後半に航也、金子を投入。カップ戦なのに勝ちにきたと思いましたよそして、生まれた航也の逆転ゴール雨の中、応援に来て良かったと思ったら????なんで副審が旗を上げているの?怒る人はいたけど、目の前で起きたことに冷静に手前に山雅の選手いたじゃんって指摘する感じで見てました。今日は主審が家本だし、副審が間違えても修正してくれるでしょと思ったら、結局、オフサイドという判定に!大誤審ですよちょっと前までカップ戦はゴールラインを見るのに審判が6人制だったり、カップ戦のVAR導入。上まで行くには下で勝ち上がんなきゃいけないんだから上だけVAR導入しないで下でもVARを導入すべきです。その案件として、今日の試合を用いてほしい。審判も人間なんだからミスもあり得るという綺麗事では済まされないというか技術力を無視するのは日本らしくない。VARを導入して、雨の中、明日も仕事なのにスタジアムに駆け付けて応援していた人たちよりも救われる人がいるんだと思うよ。

逆転勝利は幻となってしまったが早い時間の2失点がなければ勝てた試合だったかな久しぶりに拍手ができるドローゲームでした

コメント   この記事についてブログを書く
« ジーユー 「ウィンドプルー... | トップ | やっぱり、オフサイドではない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

清水エスパルス」カテゴリの最新記事