清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

ルヴァン杯 黒星スタート

2019年03月06日 | 清水エスパルス

ホーム開幕戦で大敗を喫したエスパルス。待ったなしで行われた水曜のルヴァン杯・松本山雅戦。予想通り、4バックに戻してきました。CBはヴァンデルソンと二見。そして、ボランチにはヘナトが入りました。予想外だったのはヘナトの相棒が竹内だったガンバ戦は体調不良で欠場した竹内だけどカップ戦で起用されるとは予想外ですターンオバー的に考えるべきなのかな。

対戦相手の松本山雅も控え中心のメンバー構成なので昇格組の控えメンバーだし、ここで結果を出してリーグ戦に弾みをつけてほしいと思ってたら、松本山雅の町田に先制される竹内はそこから活かそうとしたのかなかっさらわれてゴールを決められてしまった前半は松本ペース。エスパルスもボールを保持しているんだけどゴールから遠いところでパスを回し続けて一向に効果的なパスが出せない。そしてミスして松本ボールになる。松本もゴールは決められないもののフィニッシュで終われるんだけどエスパルスはフィニッシュまでいかない・・・。前半はテセにもボールが集まらないし、テセのトラップが大きくなる収まりどころがない。早い時間に失点してリズムに乗れないエスパルスだけど、意外とヘナトがやれていた。こちらの期待からしたらまだまだだけど、無難な動き。相手選手に対して背後からも前に足を出して守備ができていた。今日の相手のレベルもあるかもしれないけどヘナトの自信につながると思う。逆にヤバイのはヴァンデルソン。高崎に対してただついているだけだった。ガツガツ感がない。ガンバ戦での失敗を引きずっているようで自信を感じない。こういう時に発破をかける選手が今のエスパルスにいないように感じる。一人一人に余裕がないのかな?テセには先発する滝の背中に気合入れてほしいな

後半はエスパルスが強く出てきたけど、そこまで波に乗れてはいなかった。でも!ヘナトが同点ゴールを決めた派手ではないけど地味に良い。新外国人が初ゴールを決めるとこうも変わるのかというぐらいに味方よりも敵が意識する。後半はエスパルスの時間になりました。ヴァンデルソンから立田に交代。竹内から六平に交代。後ろの選手ではありますが勝ちに来たなと思いました。高橋の交代は計算外だったのかな?急に座り込んでいて楠神と交代になった。頭を打ったのかな?スクランブルで楠神が入ったんだけど、個人的には西澤をデビューさせてあげたかった。エスパルスが攻勢になったけど、追加点が奪えずに時間が進んでいく。アウェーだし、ここは引き分けでもいいのかなと考えていたら、松本の高崎にゴールを奪われて清水エスパルスは敗れました・・・石毛がボールを失ったのが痛かった。俺の中のチコちゃんが大声で怒っていました。去年の石毛と今の石毛は違う。動きにキレがないのか、危機感が薄れたのか。危機感は全体的に薄れているかな。ヨンソン体制2年目でなんかのマンネリ感があるのかな?そんな中で焦りが出てチャンスも潰す。結果を残したいのもわかるんだけどアクロバティックにシュートを狙うんだけど、無理にシュートするよりは、そこでキープされたほうが相手には嫌がれるんじゃないかなと思うシーンもあった。

カップ戦は始まったばかりだけど、同じグループはズビがガンバに勝利したので割り切ってもいいのかもしれない。そんな中でヘナトがフィットしてきたのは収穫です。ただ、ヴァンデルソンの不調は痛い。気持ち的なものが大きいので柏のネルシーニョ監督みたいな指導で上向けないかなセットプレーではヴァンデルソンにゴールを決めさせるようなお膳立てをするとかきっかけが欲しい。そう見せかけてテセのゴールをアシストして二人で吠えるとかとにかく、声出していこう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ホーム開幕戦でチケットが完... | トップ | 札幌で惨敗・・・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

清水エスパルス」カテゴリの最新記事