清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

篠田新監督 初陣となる大分トリニータ戦

2019年05月18日 | 清水エスパルス

篠田新監督になって初めてのリーグ戦はアウェーの大分トリニータ戦。監督が交代して時間があまり経ってないし、大分は好調で上位。厳しい試合が予想されたけど、1-1のドロー。勝つことはできなかったけど、連敗はストップさせました。短期間で良くここまで仕上げてきたなという印象です。1トップにして中盤を厚くて守備に重きを置いたようにも見えるけど、だからドン引きでもなく、スイッチが入ると前線からプレスを仕掛けるし、選手の距離感も良く、チームとしてまとまっていましたよ。まさに篠田監督の手腕発揮ですね。特にボランチの存在感が増して、輝きを失っていた六平が復調してきたのは素晴らしい。篠田監督の現役時代と思考が被るんだろうね。間延びしていたチームがコンパクトになってボランチが活きるようになった。好調大分対策がハマったのかもしれないから、次も仙台戦も要チェック。というよりも、また次も見たいというサッカーになったのは営業面にも良いと思う。

エウシーニョの出場停止で立田が久しぶりに右SBに入った。出場停止という巡り合わせだったけど、立田を右SBに戻してほしいというのは川崎戦後にファミレスで盛り上がった松原が上がるとエウシーニョに求められるのは守備。エウシーニョも攻撃参加が好きなんでアップダウンを繰り返すと疲れてしまう。だったら、そこまで上がらない立田に戻すことがいいんじゃないかとでも、エウシーニョを獲得できたんだし、立田を右SBで使うなら1列前で起用するのもありなんだけど、金子を動かすのは攻守に危うい。だったら、右SBをエウシーニョを使って、左SBを松原じゃなくて二見ってのもありなんじゃないと思ってたら、大分戦は二見がCBで出てきた久しぶりに二見を見たけど、厳しいなぁセットプレーでの守備ではマークを外し過ぎた。マークする相手もゴールマウスを外し過ぎたんで助かったけどね今のエスパルスにはCBが足りない。ここは大きな補強ポイントですが1枚でフィットする保証が無いので難しい。ヴァンデルソンが頑張ってくれると一番嬉しいんだけどね。指揮官が変わったんだし、幅広い選択肢で動いてほしい。

試合終了間際にドウグラスとテセが交代したけど、これは遅過ぎたんじゃないかな。いや、遅すぎたんじゃなく、正直、遅い!確かに先制点はドウグラスが得たPKを自らドウグラスがゴールを決めてくれた。制空権での強さやチャンスが多かったけど、選手を信じたい気持ちはわかるんだけど、逆にテセにはどんだけの時間があるのよ。10分はチャンスをあげてほしいよ。

選手起用で前任者と違いが出たのが新人の西澤の積極起用。大卒ルーキーは即戦力として考えているんだけど、ヨンソン監督はあまり起用しなかった。篠田監督はすぐ使ったユースから筑波へ進み、エスパルスに戻ってきた西澤には期待しているんだけど、熱いハートを感じたし、ファールをもらうのがうまい時間を作れる選手として重宝しそう。相手にとっては曲者になりそうな予感

航也が疲れていたんで飯田と交代したけど、相手のキーマンの小塚への対応を指示して送り出していたのが印象的でした。相手の良さを認めて消すこと。相手が嫌がることをすること。そこから反転して攻められれば勝利は近づくと思います。

最後まで走り続けて、ポストにも助けられて1-1のドロー。初陣は勝ってほしかったけど、今日の引き分けは次に繋がると感じさせてくれます。ただ、現在、清水エスパルスは最下位。これが現実。さあ、ここから巻き返していきましょう!

 

コメント