清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

ルヴァン杯 グループステージで敗退・・・。

2019年05月08日 | 清水エスパルス

ルヴァン杯のガンバ大阪戦。スカパーで見れる場所がないんで久しぶりにスカパーと契約しちゃいました。仕事から帰ってきてスカパーと再契約したけど、なかなか放送が見れない焦ったけど、選手入場からスカパーが見れるようになりました

楽しみにスカパーを契約したんだけど、0-3の完敗・・・ルヴァン杯はグループステージ敗退が決まってしまいましたカップ戦の静岡ダービーがあったのに、まさかの消化試合となってしまいました

今のエスパルスはセットプレーに弱い・・・アイスタでも同じようなのを見たよ藤本のキックから弦太のニアサイドでの頭。同じ形で失点しているなんて試合前に学習しないんですかね

そんなショックの中でドウグラスのFKが決まって同点やっと、ドウグラスが復活してくれたと本当は祝いたい。でも、コースは甘かった。あれは相手のGKがレベルが低いだけ。相手の守備も掻い潜る場面もあったけど、あれも相手の若い選手。本物の弦太には完璧に止められていた。ゴールを決めたけどドウグラスの復活とは言いたくない。

同点に追いついた強みみたいなものを感じられると思ったら、ヴァンがファン・ウィジョにぶっ飛ばされて失点ヴァンってフィジカル強かったんじゃないの?それともファン・ウィジョが強いのか?まだ1点差だと思っていたら、今度はガンバの若手にヴァンがぶっちぎられて失点こりゃダメだ・・・フィジカルで負けて、スピードで負けたら外国人助っ人の役割が果たせていない。そのヴァンはソッコと交代自分が失点に絡んだことは自覚しているし、負けているのにDFが交代する事態になってしまってヴァンはメンタルがボロボロでしょうね。ヨンソン監督としては非情采配にも見えるけど、この交代は勝つための交代でした。

いつもはドウグラス投入となるとテセとの交代になっていたんだけど、今回は鎌田と交代。テセとドウグラスのツインタワーに滝を一列下げた布陣は興味深かった。最前線で消えていた滝だったけど、一列下がったら存在感が増した。航也にも一列下がるという選択肢があると助かるんだけど日本代表に選ばれた今の航也にはないだろうね滝はもともと中盤の選手だったからプライドが邪魔せずにハマっているようにも見えた一列下がったことでボールに触れることもできて仕掛ける姿勢が際立った。滝の中盤起用はありですね。

一戦残してルヴァン杯グループステージ敗退。しかも、それが静岡ダービーというもったいない消化試合。どうせなら静岡ダービーという過度な意識はせずに出場機会の少ない選手を起用してほしい。使い物になるんだったらヴァンの復活の場はこの静岡ダービーです

コメント