清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

平成最後の静岡ダービーに勝利

2019年04月14日 | 清水エスパルス

平成最後の静岡ダービーに勝利なんて大きく書いちゃったけど、今シーズン、リーグ戦初勝利やっと勝てたけど、その相手がズビロというのは格別な勝利でした上の写真を見るとエコパ行ったのと思っちゃうけど、今回はエコパに行ってません東京で遊び過ぎたので自粛です。

ユースの試合を見てから家に戻ってダゾーンで静岡ダービーを探したんだけど、無い・・・あれっ?と思ったら時間を間違えていました仕方がないのでエフトーと鹿島の試合を見てたら、鹿島が早い時間で失点を重ねる前節、エフトーと戦った時は前半を0-0で折り返し、後半に先制点。結果的には逆転されてしまったけど、鹿島のやられっぷりを見て今日の静岡ダービーは勝てるんじゃないかという自信になりました

ここまでいろいろあったけど、3バックから4バックに戻って、エウシーニョは普通に右SBで起用し、ヘナトがチームにフィットしての竹内とのコンビ。右は金子、左は中村が戻ってきて、テセ先発の相棒・航也。雨降って地固まるって感じでしょうか

ヘナトがJリーグのスピードに慣れましたね。これまで相手の素早い寄せに詰められていたヘナトでしたがシンプルにプレッシャーをかわせるようになったし、ボールを奪える守備は頼りになるし、制空権も強い。フィットするまで時間がかかったけど、まだまだこれからだと思う。ヘナトのシュート。これがまだない。GKが一歩も動けない強烈なシュートを見ているんでもっと出来るはず

中村が復活!体調不良で湘南戦からメンバー外だった中村が復活してくれて良かった干されてるとか、揉めているとか、いろんな噂があったけど、中村のアシストで航也がゴールを決めて払しょくしたよ。でも、喜ぶのはベンチの選手じゃなくてアシストしてくれた選手じゃないのかいとも思ったけど、みんな笑ってたしね良かった良かった中村が入ると松原も相乗効果なのか?いい!静岡ダービーで悔しい思いをしている松原だけど、ここ最近の静岡ダービーでは闘争心を内に秘めて良い動きが出来ているよ終盤にドリブルで駆け上がった松原をファールで止めたのに笛が吹かれなかった24番の小川は許さない。アイスタでお待ちしております。

中村の復活で喜んでいたけど、金子も良かったよ攻守に多くを求めちゃうんで金子にもっと頑張ってほしいと思っちゃうんだけど、今日の金子は攻守によく動けていました。ライン際で抜きにかかったけどカットされたけど、その姿勢がいいのよ。ドリブルのコーディネーターに教えてもらった技だったのか、仕掛ける姿勢は清水の人間には好まれる。そして、テセだよ。やっぱテセなんだよみんながボールウォッチャーになったところをしっかり詰めてゴールを決めてくれた。あれで勢いが付いたね存在感が半端ない。やっぱ、テセがいることで松原にクロスの選択肢も多くなるし、六反の前線へのフィードも収まりどころができる。ただ、喜びの中で不安が大きくなったのはドウグラスだ。湘南戦で復帰をして、エフトー戦、静岡ダービーと試合を重ねて復調ではなく、コンディションを落としているように見える。自らの動きに踏ん張りがきかないので切り返せない。1失点してドウグラス投入はやむを得ずなのかとも思うけど、危うかった終盤は数的不利なような状況に陥っていた。この試合勝てんのかという不安よりもテセがケガをしたらドウグラスがこの状態ではヤバい7月まで補強は出来ないんだから平墳を鍛えていかないと厳しくなる。そして、あの状態のドウグラスを起用するのがわからない。三保で本当に動けていたんだろうか?契約とかかな。エフトー戦は裏目になったと思ったけど、ダービーでは裏目でもなかった。ドウグラスには焦らずにコンディション調整に時間を与えてもいいと思う。そして平墳のカップ戦での起用で選手層を厚くしてほしい。

エウシーニョが徐々にフィットしてきましたね。独特の間合いのドリブルには味方が騙されてしまうこともありますが、守備では長い脚がボールに届く。ただ、積極的に攻撃参加するんでスタミナが問題。動けなくなっても長い脚が武器になっているけど、失点前から右サイドを使われていたので最初の交代カードはエウシーニョ→六平だと思ってました結局、後手になったけど相手のレベルの低さにも助けられたかなリーグ戦は初勝利が静岡ダービー。ルヴァン杯の初勝利も静岡ダービー。2019年は勝ち星は少ないもののズビロには負けてないんです今年は、あと2回、静岡ダービーがあるんですべて勝ちましょう

コメント